新しい記憶は覚えられないけれど、そのとき、
その一瞬のことについての会話が可能な母。

明日は、亡き下の兄の長女の結婚式。

母には、孫の一人でもあるので、一応、何回か
挙式があることは話してきました。

ま、何度言っても、母にとっては、毎回新たに
聞く話になってしまうのですが。


2年前、母があの世に逝きかけたときに、今度、
結婚式を挙げる姪が、当時、婚約者一緒に
顔を見せてくれました。


その時に撮った写真をラミネート加工を施し、
母の居室の壁に貼ってあります。

今日は、その写真を見せながら、話をしました。


ねえ、Kちゃん(亡くなった下の兄の名前)は?
どこに写ってるの?

この時には、もう、Kちゃんはこの世にいない
からね、写ってへんねんよ。

そうなの・・・。
Rちゃん(下の兄の長女の名前)は、Kちゃんに
似ているわね。

そうやね、口元はそっくりやと思わへん?
目元は母親にそっくりやしね。


改めて、手に持っている写真を見直した母が
申しました。

あら、Kちゃんが写ってるじゃない。

へっ?!、おっかさん、オカルトチックなこと
言わんでよぉ。

母が指差したのは、姪の主人(当時の婚約者)


この人は、Rちゃんのご主人や。
二人はすでに、8ヶ月前に入籍しているからね。


そう言えば、2年前も、彼に向かって言って
いました。

まあ、Kちゃん、久しぶりね!


下の兄が62歳で亡くなって5年。
母が最後に会ったのは6年前。

ゴッチャになるわいなぁ。
それに母は自分は60歳位に思っておりますので、
ちょうど、姪の主人が息子の年齢ですから。

005

母が、ボソッと言いました。

こうやって、家族が増えていくのね。


いやいや、おかっさん、これまた、すごいねぇ。
認知症とは思えへん発言やわぁ。




スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. キンタロ
    • 2018年04月07日 09:32
    • あんず様

      姪御さんのご結婚おめでとうございます。
      叔母様としても感慨無量でしょうか。

      私の娘も入籍を先に済ませ、お式はどうしよなどと申しております。
      母がしっかりしていたら大いに口出しをして鬱陶しがられていただろうと思います。
      小さい頃から、学校は!成績はどうなの?と大騒ぎしていましたから。

      お母様、深いことを仰いますね✨
      稀にえっ⁉というようなことを言うので完全優位に立ったと思われる今でも、頭が上がらない気持ちになるのです。
      母は母ですね。アタリマエですが。

      もしかしたらもうお支度でお忙しい頃では💦
      お気をつけていってらっしゃいませ。
    • 2. くま
    • 2018年04月07日 15:44
    • あんずさま
      ご両親とのご縁が薄いめいっこさんに、心強いおばあちゃまがエールを送ってくれましたね!
       ほんと、くまははもさっきのことも忘れているのに、時々ハッとすることを言います。
      相変わらずの ばば施設お百度詣り、
      止めたい気マンマンなのに、行かねばならない症候群、、、引っ越しまでしたあんずさまはすごいわ、いつか、お目にかかるのを支えにします。
    • 3. ももだよりのもも
    • 2018年04月07日 19:24
    • あんず様姪御さんのご結婚おめでとうございます。
      お母様いいこと言われますね。
      家族がふえていくなんて優しいことをいわれますね。それもここの施設が安心していられるところだからでしょうね。あんず様も結婚式にいかれるのですか?またどんなんだったか書いてくださいね。骨シンチは2時間かかるので泌尿器かでCTとってるのでそれを私もみてどうもなかったみたいなのでやめてきました。今日は痛みましたがこんど医大へ行くとき痛みだしたら骨シンチも考えてもいいかなとおもいます。
    • 4. あんず
    • 2018年04月12日 01:42
    • キンタロ様、こんばんは。

      コメント有難うございます。
      今回、結婚式を挙げた姪は、亡くなった下の兄の子供達のうちの一人。
      両親が早くに亡くなっただけに、努力も人一倍の子でした。
      さらに、両親が仲が悪くて・・・。
      だから、末永く、仲良くやって欲しいと願っています。

      いまどきの若い人は、結婚式をしなくてもという意見もあるようですね。
      確かに、大金をかけてするよりも、
      二人の生活を充実させるほうがいいのかもしれません。

      長兄の長男が出来ちゃった婚だったんです。
      そのときの、親である兄の慌てよう・・・。
      しかし、報告を受けた母は、当時、すれっと、
      「いいじゃあない、子宝に恵まれて」と兄とは大違いでした。
      年を取ると考え方が変わってくるようですね。

      結婚式に参列して、ま、子供がいなくてよかったかも、
      なんて、思いましたぁ。
    • 5. あんず
    • 2018年04月12日 01:46
    • くま様、こんばんは。
      そそ、ほんまに認知症なん?と思うようなことを言いますね。
      今は、孫が消えかかっているので、ピンとこないときもあるようで。

      私もくま様と一緒です。お百度参り。
      施設の事務職員さんから、バスの定期券を買ったほうが安いですよと言われました。
      一日おきを、二日おきにしようと計画しています。
    • 6. あんず
    • 2018年04月12日 01:49
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      おめでとうと言って頂き有難うございます。
      半年以上もかけて、準備をしただけあって、とてもいい披露宴でした。
      骨のシンチは受けたほうがいいのでは?
      余計なことを言ってごめんなさい。
      何もなければそれでよしですし、もも様になにかあってもと心配です。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット