今日は三浦半島の津久井浜観光農園で苺狩りに
母と一緒に参加してきました。

この行事は、母の施設(特別養護老人ホーム)
のデイサービス部門のリハビリの一環で企画
されたものです。


母が施設に入所して以来、アタクシは母との
外出を一切せずにおりました。

しなかった一番の理由は一緒に外出することで
帰宅願望が出ることを怖れたからです。

実際、農園から施設に戻ってくると、玄関の
エントランスからユニットまで、ずっと母は
言い続けていました。

ここは何なの?

やはり、環境の急激な変化はしないほうが、
母のためなんだと、つくづくわかりました。


バスの中では、苺なんかと興味を示さなかった
母ですが、いざ、ハウスのなかに入ると・・・。

車椅子のまま、苺を摘むことが出来て、母は
美味しいと自ら手を出し、口に運んでいました。

ひょっと母の手元を見ると、手が練乳まみれ。

ちゃんとヘタを取り、ドップリと練乳をつけて
口に入れていく・・・

よく食べたと言いつつ、熟れた苺を見付けると
またまた、口に。


お気に召したならいいや。

でも、沸々と湧いてくるのは、認知症を発症
する前の母とは大違いだということ。

まるで、餓鬼のような食べ方で・・・。


バスに乗ったとたんに、母は大きな声で言い
ました。

何を言ったかは、次回にしますね。

これもこれで、アタクシを打ちのめしたこと
なんですもの。


一瞬にして忘れてしまうようになった母。

あれだけ、そう、30個以上は食べたはず。

苺、美味しかった?

そう聞くと、母は

苺?!、そんなもの、食べてないわよ。


施設に戻り、リビングに母を座らせてしまうと
今度はアタクシが居たことを忘れてしまう。

ま、そのほうがよろしゅうございます。

何故なら、スタッフさんに挨拶をして、その
まま、ユニットを出られるからです。


エントランスで帰ろうとしているアタクシに
看護師さんが、声をかけてくれました。

みっちゃんさん、いかがでしたか?

いやいや、びっくりするほど食べたんですが、
バスに乗ったとたんに、食べてないって言った
んです。

いいんですよ。それで。
一瞬でも、楽しい、美味しいという感情を持つ、
これがいいんですから。


それにしても、ほんの2時間ばかりの外出。

さっさと施設を後にして、いつもより早めに
山の上の部屋に帰りました。

疲れて、そのまま、寝てしまいました。

009

連れ出してみて、再認識しました。

一歩も歩けないし、車椅子なしでは無理なこと。

デイサービス部門のスタッフさん三人がかりで
やっと、車に乗ることが出来ました。

それに、短時間の外出も難しいということ。

その理由は、帰りのバスの中で母が叫んだこと
とつながります。



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. ももだよりのもも
    • 2018年02月28日 13:36
    • あんず様イチゴ狩りおいしそうですね。私もばばもいちご好きです。
      ばばのデーケアはふつうのデーではないのでイチゴ狩りみたいな行事がないんです。
      ばばは少しなら歩けるけど遠いとこは無理ですね。
      だから編み物ばかりしています。
      お母様おいしそうに食べていますね。一時でもおいしかったらいいんだと思いますよ。
      私は夕方から歯医者へいってきます。神経をぬいたところのそうじなのでますいしてもいたそうです。
    • 2. ひろちゃん
    • 2018年02月28日 14:17
    • みっちゃんママお元気そうですね。しっかりされているように見えるんですがやはり忘れちゃうんですね。
      ケサカ婆も食べ方が汚くなってきました。食べこぼしがよくあります。この間、一口チョコレートと干し柿の一口羊羮みたいなのをあげたら包んでるビニールをモジモジしていて包みを開くことができないようでした。同席していた他のおばあちゃんにも同じ数あげたんだけど、他のおばあちゃんは包みを自分で開き食べることができていました。そして一口羊羮も「干し柿の味」と言って認識できていましたがケサカ婆は、何の味?と尋ねても「わからん、甘い味」でした。
      夢遊病者のようにぼぉーっとして声かけても声のする方をゆっくり振り向くような時があります。
      日によってわりとしっかりしている日もあります。でも、私、誰かわかる? と聞いたら「ひろちゃん」といつも答える、あぁ、私の名前まだ覚えているのは何故? と思います。夫の名前も息子の名前も実弟の名前もわかんなくなってる時あるのに。呪縛は続くよどこまでも~。忘れてくれた方が気が楽なんだけどな。
    • 3. くま
    • 2018年02月28日 16:44
    • あんず様&チームあんずの皆様
       最近 くま母のぼーっとしている様子を見ることが多くなり 分かっているつもりでも
       凹みます・・・ だから ケサカ婆さまがひろちゃん様の名前を覚えていることを大切にしてあ げてね 今までは くまも くま母にいっそ一気にボケてくれとか 苦しまずに死んでくれとかいろいろ思ったりしていましたが いざ だんだん弱っていく親を見ると それはそれで切ないワン 
      一度でも自宅に連れて帰ってやりたいけど あんず様のお母様ほどではないにしろ 母は歩行器にすがってカメのような歩みしか出来ず 段差は無理だし 私の介助では無理です 私たち介護ガールズも 自分の健康さえままなりませんものねえ
          はぐ よし なでを ジジババにあげるから ガールズに休日を!
         もう少し暖かくなって 面会制限が解除されたら また 
    • 4. くま
    • 2018年02月28日 16:45
    • 途中できれて ごめんね

      そうなの 面会制限が解除されたら また 悩みの日々がはじまるわ  ガックシ
    • 5. ひろちゃん
    • 2018年03月01日 08:35
    • くまさん、有り難う、ほんとそうですね。弱ったり忘れられたりすると虚しい気持ちになり、我が儘全開しているときは チッ!と思う(苦笑)ほんとこの繰り返しですね。私たちは調子の良いときも悪いときもずっと見届けなければいけませんものね。
      ところで皆さんどんなお菓子をおやつに差し入れしてますか。どんなもの喜びますか。
      ケサカ婆は入れ歯しなくなっています。
    • 6. あんず
    • 2018年03月01日 11:47
    • ももだよりのもも様、こんにちは。
      苺、美味しかったです。新鮮でした。でも、私は思いっきり食べられませんでした。
      苺の茎が意外に固く、母の力では摘めないので、かわりにやってました。
      そそ、東京のデイサービスでは、外出はありませんでした。
      しかし、母の特養と同系列のデイサービスでは、色々とお出かけをしているようです。
      そこで、グループホーム、特養の両方からも、希望者を抽選して連れて行ってくれます。
      車で15分ですから、そういうところでないと連れ出せませんものね。
      ばば様のように編み物とか、手を動かすことをやってくれればありがたいのですが。
      どうも、やる気、全くありません。ばば様はほんまにえらいです!
      歯医者さんも待たされる割には、治療は少し。そして、また、通院するんですよね。
      色んな病気を抱えているもも様は、きっと、仏様のお弟子さんだったと思います。
      私を含め、人々の苦しみを代わりに受けて下さっているに違いありません。
      有難いと思います。どうか、痛みがなく、穏やかな日々がくることを願っています。
    • 7. あんず
    • 2018年03月01日 11:54
    • ひろちゃん様、こんにちは。
      そうなんです、母は元気いっぱい。だから、連れ出して気晴らしをと思ったのですが、逆なんだと思いました。施設内で、規則正しく生活して、スタッフさんが、皆の状態をみなから、ドライブに連れ出してくれる、そんな感じでいいんだと思った日でした。山椒魚様ではないですが、外出出来るときに、なんで、もっと、外へ連れ出さなかったのかと思います。
      なんだかねえ、ガツガツと食べるというか、食うって様子です。そそ、味も「甘い」が一番にわかるんですよね。ケサカ婆様がひろちゃん様を憶えているのは、「頼れる人」だからだと思います。この人なしには、生きられないと動物的勘が、忘れるということを防いでいるんだと思います。そそ、呪縛は続くよ、どこまでもです。私も、早く忘れて欲しいと思っている一人です。
    • 8. あんず
    • 2018年03月01日 12:01
    • くま様、こんにちは。
      「くま母のぼーっとしている様子」、そそ、母もそうなんです。
      そこで、たまにはと思い、苺狩りに参加しました。
      でもねえ、一瞬にして忘れる、施設のスタッフの皆さんはそれでいいんですよと言ってくれる、
      家族としては、ほんに、凹みますよね。
      外出してみて、もう、私だけの介助は無理だと思いました。
      それでも、在宅介護で頑張っている家族の方もいるんですよね。
      だから、施設入所を感謝しなければと思っています。
      くま様、「一度でも自宅に連れて帰ってやりたい」というお気持ち、よくわかります。
      そのこともあるので、私は面会に行っています。くま様も同じですよね。
      面会解除になると、また、行かなきゃと思う義務感・・・。
      お互い、頑張りましょう。ギュッとハグします。
    • 9. あんず
    • 2018年03月01日 12:09
    • ひろちゃん様、
      そそ、最期の最後まで、見届けなければなりません。覚悟致します
      。母へのお菓子は、柔らかいものです。母は入れ歯ですが、きっちりとはまっていないので、グラグラ。だから、プリンが多いです。カステラもいいんですが、むせやすい。あとは、餡子玉みたいのようなもの。吹雪まんじゅうをよく持っていきます。干し柿もいいんですが、これも少し固めになったようです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット