父がね、とうとう、あのドロドロの流動食に
なったのよ。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)に父親が
入所している友人から、電話がありました。

半年前は、元気に歩き、入所者の方々と外出も
楽しんでいたそうなんです。

しかし、一度、転倒して頭部にたんこぶを作り、
それ以来、あまり、歩かなくなったそうです。

彼女は、施設のほうでもまた転倒されてもと
常時、車椅子に乗せてしまったから、歩く気が
失せてしまったのではないかと言ってました。


人間って歩けなくなると、下から上へと筋力の
衰えが始まってしまう。

だから、父親も喉の筋肉が衰えてしまい、誤嚥
しやすくなってきているのだと。

施設から、ミキサー食に変更しますと連絡が
あったのだそうです。


ここんところの父は、面会に行っても反応が
薄く、ボーッとしていることが多いのよ。

車椅子に座っているのも、辛そうだから、
「お父さん、ベットで横になるだけでも」と
寝かせると、そばに居てくれと言うの。

それに、帰るからねと、握手をすると手を
握って離さないし。


そこで、今までは二週間に一度だった面会を
一週間に一回にするのだそうです。


さらに、職員から延命治療についてどうする
のかと、聞かれたそうです。

私は嫁に行ってしまった立場で、最終的には、
弟が決めることなんだけれど。
延命はしてあげたいと思ってるわ。


そこんところは、鬼娘のアタクシとは違う。

うちは、延命治療はしないし、もし、万が一、
急な発作の場合は、家族が駆けつけるまで、
心臓マッサージは続けるかも、否だしね。


それにしても、母も昨年、ミキサー食となった
けれども、今は、また、普通に食事をしており
ます。

やはり、比較すると、お婆さんよりお爺さんの
ほうが、認知症の進行度が早いような気が
します。

006

息子と娘がいる友人。

息子から二世帯住宅を建てて、一緒に住もうと
言われているそうな。

お嬢さんは、結婚を前提としてお付き合いを
している男性がいるのだそうな。

私達、夫婦の将来は、お父さん次第でもある
のよね。


アタクシも、将来、どうするのか。
母次第ですしね。

スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. ひろちゃん
    • 2017年10月14日 10:41
    • あんず様、皆様、おはようございます。いつも見ています。
      あんず様、うちも大事件ありました。今月はじめケサカ婆が夜間施設のベット脇で転倒し左大腿骨骨折し救急車で病院へ、手術を終えリハビリしながら入院中です。
      ささっと立ち上がり落ち着きなくウロウロするので部屋替えしリビングフロアに一番近い部屋で、センサーで動きがあると音でわかるようにして職員が走って行く。部屋のドアは開けたままで対処していました。そのさなかの事でした。
      私達が施設に見舞いに行ったとき、7、8分おきにトイレに行きたがる様子でした。実際は出るわけでなく連れて行ってもらって数分するとトイレと言い出してました。頭の中が「おしっこ」でいっぱいいっぱいででも当然まだ膀胱にはたまっておらずでした。不機嫌に言い出すと呪文のように言い続けていました。
      今、入院中でまた認知が進んでるように思います。この間はエレベーター降りて廊下を歩いていると「よしちゃぁーん!よしちゃぁーん!」と誰か叫ぶ声・・むむ、うちのケサカ婆にどうも似てるような声、病室に近づくとますますその予感的中、ケサカ婆がベットの転倒防止柵にしがみつき上半身を懸命に起こし叫んでいるではありませんか。驚愕(@@;)
    • 2. ひろちゃん
    • 2017年10月14日 10:47
    • 「どうしたの?よしちゃんって誰?」と聞くと「私のすぐ上のねえさん」という「ここは病院、足の骨折って入院中だからね。まだ自分で歩くことはできないとよ。」というと「なんでか?」と聞く。またイチから病院まで来たいきさつを説明というメビウスの輪状態の繰り返し。今日のあんず様のお友達の記事を読んで、うちのケサカ婆も転倒を危惧し車いすに乗せることが増えていたようです、うちの場合は本人がせっかちなので気持ちに足がついていかず尻餅をつくことが今まで数度あり、歩行器を使わせていたが本人が歩行器を拒否するので車いすとなっていたようです。結果、足は次第に弱っていたと思います。部屋に車いすや歩行器があるので、そんなに歩けなくなっているのかなぁ?と思っていました。何かに掴まりゆっくり慎重にお年寄りペースの伝い歩きするようであればいいのですが。性格がせっかちなのでどこにも掴まらず若いころのようにささっと動こうとする危なさがありました。入院中の食事は刻み食ですが、呑み込みが以前より遅くなってる感があります。相変わらず大昔の事ばかりしゃべりまくりますが、しゃべるほうが嚥下がよくなると思うし、昼間起きていれば夜間疲れて寝るだろうと思うので、一方通行の会話に「へぇーそうね。」「それからどうしたん?」と多少とんちんな問いかけになってもわざとできるだけしゃべらせています。(笑)
    • 3. ひろちゃん
    • 2017年10月14日 10:54
    • この間行ったときは車いすに座っていましたが「どうにかならんもんか!」「私がなんぼ言うても」「ああぁー!」と言い車いすの肘当てをバシバシ苛立ち叩いていました」眉を吊り上げ不機嫌モードでした。今までは体の不自由のない認知症要介護2でしたが、体が思うようにならぬ初めての体験で苛立ちピークのようです。嫁はおもむろにバッグからペットボトル出しコップで麦茶をゴクゴクしてみせ、「ああ歩いて来たので喉乾いた~ケサカさんも飲む?」というと「飲もうか」というので飲ませるとしばし不機嫌は中断(笑)。お茶飲む?と聞いたら「いらん」と不機嫌に言うので、まず飲んで見せて「飲む?」と聞けば「飲む」というようである。あとはコロコロ話題を変える作戦でケサカ婆翻弄作戦している嫁です。「よくなったら何が食べたい?一緒においしいの食べに行こうね。何が好きだったっけ?」「果物は何がいい?お医者さんが食べていいと言ったら持って来るね」「バナナがいいかねぇ、みかんがいいかねぇ、いちじくも柿もぶどうもあって果物いっぱいあるねぇ。」「テレビに出る黒柳徹子さん知ってる?こんな頭の人。あの人も足のケガしたってよ。」
      「子供の頃おねえちゃんと何して遊んでいたの?ケサカさんは7人兄弟の4女だからおねえちゃんたちが可愛がってくれたでしょ。」 笑えたのは「だれもかわいがってはくれん。私の事をわがままじゃといつも言われた。」と言っていた。あはは、わがままは不治の病か、大昔まで掘り起こしてしまった嫁。
    • 4. ひろちゃん
    • 2017年10月14日 11:00
    • 病院は家から徒歩40分くらいの近場で完全看護ですが、週3行き4時間ほど洗濯乾燥しながら病院内でケサカ婆のボケ防止のため声掛けをしながら一緒に過ごしているけれど、病室は皆認知がある骨折の患者さん4人部屋なので「看護婦さぁーんお願いします」と常時呼ぶ人「もう殺してくれぇ~」と叫ぶ人、不機嫌なときは野獣状態、昼食後はみんな眠くなって爆睡で静かなようす。看護師さんもちょこちょこ声掛けしに来てくれてる様子で面倒見が私達が思っていた以上にいいので助かってます。デイケアも看護学校もあるので実習生の学生さんなのか「折り紙しますか~塗り絵しますか~私と一緒に遊んでくださいねーお願いしますねー。」って言って横に座り一緒にいてくれるときもある様子。あとどのくらいか経過したら隣の併設のリハビリテーション病院に移るようです。今までとちがって人の言うことを聞かねばならぬリハビリという試練がはじまるケサカ婆です。
      どこのお宅も大変ですね。「もう殺してくれぇ~」と叫ぶ94歳のおばあちゃんのお見舞いに来ていた娘さんが苦笑していました。私が麦茶でケサカを黙らせたのを見て急いでお茶買いに行ってました(笑)
      私に「ありがとうございます」と丁寧に言うときがあり「私誰かわかりますか~」と聞くと「看護婦さん」と答えたり「いとこのすえちゃん」と答えたりもある(笑)、ああ、ありがたい私の事忘れてきてくれたかと思っていたら「ひろちゃん、トイレ連れて行ってくれ。」ああ・・やっぱり頭に残ってるわ。とほほ。本日十何回目というほど「ここは病院で、骨を折って今は自分でトイレには行けないからね」を繰り返す嫁です。(苦笑)
      あんずさんの経験されたことをたどっていく私です。このブログと出会ってよかったです。



    • 5. ももだよりのもも
    • 2017年10月14日 15:10
    • あんず様お母様のことバイトのことで忙しいのに私の痛みまで心配ありがとうございます。
      乳がんの痛みです。母とばばのデーのことで喧嘩です。カラオケが嫌いなのにその日にいっているので、木曜日にかえて欲しいとお願いしたら、お前がかえろ世話しろとなげやりな言い方をされました。父と母はよく怒ります。私がいってもいいけど主ではないしね。
      ケアマネさんにだいぶ無理きいてもらったといっています。
      折り紙とか塗り絵とかさせてもらえればいいんだけどね。
      朝も顔みたら手を握るので心配になりましたね。
      年いったら寂しいものなんですね。
    • 6. ファーマーk
    • 2017年10月15日 01:44
    • あんず様こんばんは。急激な温度差に私の体は悲鳴を上げとうとう風邪をひいてしまいました。喉が痛くたんが喉に張り付いてます。こんな時はゆっくり寝ていたいけど朝はびっしょんこのオムツを履き替えてやらんといけないし、しっかり朝ごはんも食べるしそれは当たり前ですが寝てたいですね。風邪をひいたら一応は気付かってくれますが、でもすぐ忘れて私が横になっててもあれとって、ここかゆい、うんち、はーしんど。おまけに胃腸の調子が悪く先日母がショートに間に胃カメラと、大腸カメラいってきました。腸は異常無しでしたが、胃はあんず様と同じ逆流性食道炎でした。ほんまきついですよね逆流性食道炎って。これもストレスもあるし、食べ過ぎもあるし、なんかストレスで食べてしまいませんか?私がぐあーっと食べ過ぎてしまい、しまったと後悔してしまうのです。時々胃腸の調子や頭痛が続くともうあの世の方が楽かなと思ってしまう時があります。自律神経も私はやられてますので、色々調子が悪くなることが多いです。嫌ですね歳取るのって、娘は毎日元気に大学へ行き、バイトをし、習い事のダンスをし、帰ってきたらご夜ご飯食べてバタンキュー。お腹が痛いとか頭痛がするとか聞いた事がない。その元気が羨ましい。若いっていいですね。
    • 7. ももだよりのもも
    • 2017年10月15日 14:46
    • あんず様ばば風邪ひいてご機嫌斜めだったけど今なおって編み物しててひざがいたいというのでシップはってきました。デーは楽しくいってるみたいです。
      ひざの外側が腫れるってなんだんだろうかと思っています。
      抑えたら痛いようですね。
    • 8. あんず
    • 2017年10月17日 03:09
    • ひろちゃん様、こんばんは。
      ケサカ劇場、ひろちゃん様にかかると、大笑いしてしまう場面が多く、ご苦労をされているのに、申し訳ない。やはり、ケサカ婆様はひろちゃん様の手のひらの上なんですね。まあ。母と同じ左大腿骨骨折ですかぁ。いやいや、『頭の中が「おしっこ」でいっぱいいっぱいで』、そそ、母も同じ。在宅介護中でしたが、オットットという状態で頻繁にトイレへ行ってましたからね。入院中のケサカ婆様のご様子は、母そのもの。何かと言うと病院中に響き渡る叫び声をあげ、看護師まで、叩く始末でした。あのころが懐かしいです(笑。母も、痛いと伯母の名前を叫んでましたっけ。いやいや、リハビリ中でおられるようですが、車椅子生活に突入ですねえ。大丈夫、車椅子も足で漕ぐようになり、せっかちに動くようになられますよ。近くとは言え、歩いて40分の病院へ、お見舞いに行かれるのも大変でしょう。ひろちゃん様も体調にお気をつけて。
    • 9. あんず
    • 2017年10月19日 01:21
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      カラオケが嫌いなのに、その日にデイは可哀想ですよね。ばば様のお世話はもも様がやっているようなもの。お母様をもうひと押し、頑張ってくださいね。ばば様がデイへ楽しんで行っているということ、私も嬉しくなりました。ご自分の病気を抱えつつ、ばば様のお世話に、ご両親との問答と、ブログを読んでいると胸が詰まる思いです。眠れないのも痛みだけではないんですね。応援しています。ご自身お身体を大事にしてくださいね。
    • 10. あんず
    • 2017年10月19日 01:31
    • ファーマーk様、こんばんは。風邪は万病のもと。さらには、ストレスからおっしゃるように自立神経を駄目にして大病になります。逆流性食道炎ですか?!、それは胃が痛いでしょう。利くお薬はありますが、速攻ではありませんから、しばらく辛いときが続きますね。そそ、私もガバッーと食べてしまう時があります。ご飯を食べた上に、お餅を焼いて食べてみたりします。そろそろ、お母様の将来も考えたほうがいいのではないでしょうか。そうでないと、ファーマーk様がつぶれてしまいますよ。認知症は進行するのみで、回復しませんから。どうぞ、お大事してくださいね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット