早く死にたいけれど、死ねないのよ。

これは、この頃の母がよく言うフレーズの一つ。


そのほかには、

アタシをここに放っておいていいのよ。

なーんて、申しますが、いざ、アタクシが、
帰ろうとすると、

アタシも帰る!!


そしてもう一つとしては、

アタシはアナタの迷惑になりたくないの。

いやいや、ここに居てくれはるのがいっちゃん、
助かるねん。

だってね、真夏のクソ暑い日が続くかと思えば、
急に涼しくなって、鼻水が出る日もあったんよ。

そういう気温変化のなかでも、ここだと快適な
室温になっている。

家で、快適な室温は出来へんねんよ。

体調を崩して、また、肺炎を起こして病院へ
となってかもしれへん。

ほんと、ここは快適よ。
病院には入りたくないもん。

でしょ、でしょ。だから、ここに居るのが、
ええねんでー。

おっかさん、わかってるやん。


こんな話をして、施設に居る意義を理解して
いるんだと思うのですが・・・。

あ、もう4時になったから、バスの時間や。
帰るね。

と、アタクシが言えば、やっぱり、

アタシも一緒に帰る!

だって、バスと電車やから、ママは歩かれへん。

アタシ、歩けるわよ!!

転んだら、また、入院することなるんよ。

それでもいいもん。


おっかさん、それじゃあ、支離滅裂っちゅう
もんやん。

この頃、アタクシ、平気でウソがつけるように
なりました。

明日は、ここでお医者様に診て貰う日やから、
ママはお泊りしてや。
あたし、明日、来るからね。

ウソこけ~、次の面会は2日後を予定している
のに。


毎回、こんなウソの会話をして母との面会を
終えます。

ワンコの大喜に見送られて、母のユニットの
出入り口の鍵をかけるその瞬間、アタクシは、
この上ない幸せを感じ、ルンルン気分になり
ます。

ユニットの出入り口は、ワンコ達が出ないよう、
常時、鍵をかけて出入りをしています。

動物のいない一般のユニットには、鍵があり
ません。念のため。

002


ルンルン気分は、そのときだけ。

家に帰り着く頃には、生気が吸われた感じで
クタクタになります。

面会に行ったのだから、もう、自分の時間だ
と割り切ることでしょうね。

でも、一晩経つと、なんとなく後ろめたさが
むっくりと頭をもたげてきます。


スポンサードリンク
 

コメント

コメント一覧

    • 1. さざ波の娘
    • 2017年09月25日 19:08
    • お久しぶりです。

      私は嘘が上手くだけでなく、平気になってきています。
      嘘に慣れてしまい、母の不穏をまねかないためには必須で、お互いのためなんだと、心の中で言い訳をしながらです。
      でも、一番は私のためですね。分かっています。だから、つらくなり、悲しくなります。
      あんず様や、ここに集う自称鬼娘、鬼嫁様たちは、日々、良心と戦っているんですよね。披介護者のおだやなか生活だけを願い奮闘しているのに、その最上の手段が嘘ですものね。
      さらに、私は母のこだわりになりそうな物は、母が寝ている間に片付けてしまいます。引出物や郵便物などです。届いた当日に何度も説明をして、辟易しており、翌日は勘弁してほしいからです。
      本当は、もっと、もっと話しをして、母との時間を楽しみたいのに、認知症でさえなければと、つくづく思います。
      お彼岸もあと一日。誰も訪れませんが、その話題もふれません。義姉も夫(私の兄)の命日が9月ですが、来ません。墓には私の活けた命日の枯れた花に、少しだけ活けてから日の浅い花がたされていました。水も入れ替えてないようでした。義姉か、甥家族かは分からないけれども、5分足を伸ばして、母の様子を見る気はないようです。
      仕方ないと、あきらめてはいるけど、なんだかなと…。
      これも認知症だからでしょうね。耳も遠いし、話が噛み合わないですからね。
      でも、「おばあちゃん、元気?」と、30分話しを適当にしてくれれば、その瞬間だけは母は楽しい訳なんですからね。
      愚痴ですね。

      あんず様、施設通いご苦労様です。体調など崩されませんように。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2017年09月25日 19:25
    • あんず様こちらは鬼父でこまってます
      私もばばにうまく言うことを覚えました。
      よくいうこと聞いてくれます。
       今日私は昼から通院で帰ってからもばたばたしてました。
        いつもばばに気にかけるのだけど
        デーのおみあげの飴だけかって
        私は食べたらダメだけとばばはおいしいねといって食べて
        用事に戻りました。
        夕食のとき編み物したりテレビみたりしてたばばは
        ひざが痛くあるけなくなっているのを父がみて
        「お前が毛糸させてるからや毛糸なんかせんでいい」
        と怒りだしました。

        ばばの年で後何年好きなこと出来るかわからないのに
        毛糸編みぐらいさせてあげればいいのにと
        思いました。
        私も母の疲れたのはいたわるのに私の夜中の痛みに
        きづかずに怒ってばかりいる父にあきれ返ってます。

        ぜったい父の介護はしてやるものかと
        思っています。
    • 3. あんず
    • 2017年10月02日 02:45
    • さざ波の娘様、こんばんは。
      コメント返しが、またまた遅くなりました。
      この頃、母の施設へ行くのも、また、違う外出でも、疲れてしまって・・・。
      帰宅して、夕飯を食べて、そのまま、ソファで寝てしまうという、とても不健康な生活になっています。
      今日(10月1日)ですが、やはり、帰り際、母にすれっと言っちゃいました。
      「また、明日、来るから。」
      明日なんてとんでもなく、今度は水曜日の予定なんです。ほんに、良心がチクチクです。
      母との会話は、30分すればいいほうです。
      実は、兄も7月に、母と面会をして、それっきり。たぶん、認知症の母親と会うのは嫌なんでしょう。
      確かに話がかみ合わず、私だって、イライラしてくるからです。
      >でも、「おばあちゃん、元気?」と、30分話しを適当にしてくれれば、その瞬間だけは母は楽しい訳なんですからね。
      これには、私もハゲドウです!!、30分でなくても、15分でもいいですよね。
      どこも同じなんだと、少し、ホッとしました。
    • 4. あんず
    • 2017年10月02日 02:51
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      お父様には、老人ホームでは、リハビリとして「編み物」をしているとお話して下さい。母なんか、もう編み物が出来なくなっているんです。ばば様はすごいですよ。座布団が編めるんですから。母の施設では、コースターなどの小物しか編んでいませんもの。ばば様がお好きならば、やらせてあげて下さい。確かにやり過ぎは、身体によくないかもしれませんが。
      父親の介護は、母親より大変なようです。友人は、ついに施設に入所させてしまいました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット