夜間、目が覚めたとき、「ここはどこ?」と
言い出すようになったという母。

アタクシは思うのです。

もし、在宅であったら、「家である」という
見当はつくのでしょうか。


現在、記憶障害においては、「即時記憶」、
「近時記憶」、「遠隔記憶」のすべてに障害が
あります。

「記憶障害とは」と、専門医の笠間睦先生の
監修によるわかりやすい解説があります。

記憶障害とは


その笠間先生監修による「見当識障害」に、
今の母にピッタリの症状がありました。

見当識障害とは


認知症初期から現れるという障害だそうで、
まず、1) 時間・日付・季節が分からない→
2)場所が分からない→ 3)人が分からない、
の順番に起こるとのこと。

確かに、母も認知症初期から、季節も年月日が
わかりませんでした。

ところが、どういうわけか、時間の時計を見て
今、何時であるという理解はあり、それは、
現在でも健在です。

ちゃんと、アナログ、デジタルの両方の時計を
理解出来ます。


中期となった今、場所がわからないことが、
著しく障害になってきたようです。

そして、そのうち、人が分らなくなる・・・、
鬼娘が望む症状なんですが・・・。


笠間先生、いわく、

見当識障害が進むことは、「今日は何月何日か
」「今いる場所はどこか」「目の前にいる人は
だれか」といった日常生活を送る上で必要な
基盤が失われることです。

これまで当たり前にできていたことが出来なく
なるため、ご本人にとっては、不安が募って、
自信を失う原因にもなり得ます。

家族や介護者は、まずご本人に安心してもらう
ことを優先して、冷静に穏やかに対応すること
が求められます。

ご本人の失敗を頭ごなしに責めたり、否定し
ないようにしましょう。


冷静に、穏やかに、・・・ですね。
難しい・・・・。

003

天気予報では、明日も34℃になる猛暑とか。

行きたくないと、思うのですが・・・。

午前中に日本橋で用事を済ませてからになる
ので、今からウンザリ気味です。



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. くま
    • 2017年08月25日 18:59
    • あんず様
       「ここはどこ?」 この言葉 実はくま母が入所して一月ほどたった時に 職員の方が
       くまに 言ったのです 「お母様はこちらに来て 一度も ここはどこ?と尋ねられません!」
       ははーん 普通は入所した直後は皆さん「ここはどこ?」の大合唱なのだなと分かりました。
         だって くま母は 病院から施設に入所したから ここも病院だと思っているんです。
       それは 今でもそうです。職員の方を 看護婦さん(男性もいるんですけど・・)と呼びます。
       あんず様は このくそ暑いなか 面会に行かれてさぞお疲れでしょう。
       介護する方のメンテナンスも大切ですよ(みなみな様へ)
        あんず様と同様 昨日は面会に行きましたが 今日はお休み  さてさて・・明日は・・
                考える意味は無いのです 行かない方が苦しいことはわかっているのだから             あんず様はまだまだ社会へ貢献できる能力がおありです
                    お仕事を始められたら 行きたくても行けない  よね! くま
    • 2. あんず
    • 2017年08月28日 02:49
    • くま様、こんばんは。
      今日の面会の終りに母が言いました。
      「これから、アタシ、どうするの?」
      そういうとき、施設=病院になります。
      くま母様は、病院に居ると思っておられるんですね。
      母は、骨折で入院していたときも、「ここはどこ?」と
      言ってました。

      仕事はなかなか、ありません。
      履歴書を送ったけれども、不合格ばかり・・・。
      60歳を過ぎてしまったので、難しいです。

      今日、行ってきたので、2日間は行きません~
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット