アタシってトンチンカンだから。

この頃、母はよく申します。

それに関しては、アタクシは否定しません。

特養(特別養護老人ホーム)のスタッフさんは、
「そんなこと、ありませんよ。普通ですよ。」
と言って下さる・・・。


たまたま、見ていた昨日(8月20日)フジテレビ
「Mr.サンデー」で『娘が撮った母の認知症2』

番組ディレクターによる、母の認知症の記録
でした。

87歳の認知症の母親とその母を介護する95歳の
父親の生活を、故郷、広島に帰省するたび、
その生活を記録していました。


ヘルパーさんが毎日来訪し、母親は週に何日か
のデイと、年老いた両親の日々の生活。

耳が遠い父親と認知症の母親の会話が、噛み
合わず、母親が腹を立てて、「みんなが私を
馬鹿にする」と暴れ出す。

「バカになりよるけん」と母親は自分で頭を
叩く。

思い通りにならないと「邪魔になるけん。死に
たい」と大声で叫ぶ。これには、父親が叫び返す
「死ね!」と。


「死にたい」に対して「死ね」と叫ぶ父親に
アタクシと一緒だと思いました。

違うのは、荒れまくる母親がだんだん落ち着き、
大人しくなると、布団の中から手を出し父親を
求めると、手を握ってそれに応える父親。

いやいや、アタクシにはそんな優しさはなく、
ただ、ひたすら、鬱陶しさを感じるだけ。


母親が、怒りを爆発させている最中にやって
きたヘルパーさん、よしよしとなだめながら、
言っていました。

お母さんは、お父さんに構って欲しいから、
「死にたい」と言って騒ぐんですよって・・・。

構ってちゃん、なんだ・・・。

いやいや、それもアタクシには困る。

母は施設に居るのだから、1時間足らずの間、
我慢して付き合うほかないと冷たい鬼娘。

やっぱり、結論としては、認知症が進行して、
アタクシのことを忘れてくれるのが一番・・・。

004

今日は、毛布を数枚、捨てました。

タオルケットがごっそり出てきました。
簡単に切れそうなものは、使い捨ての雑巾と
してと思い、残しましたが。

この頃、あれやこれや残すことを考えずに、
余命がそんなにないと思って片付けてしまう
ほうがいいのかもしれないと思うようになり
ました。



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. いちろく
    • 2017年08月22日 09:10
    • あんず様m(_ _)m。
      おはようございます。
      我が家も父が母を介護する毎日です。父の言葉が荒くなることは多々あります。

      私は、母に言い返すことはなくなりました。
      『諦め』に近い感情でしょうか…。
      受け入れられるように少しなりました。
      しかし、『おお、イヤだ』と言う感情がなくなったわけではなく、直接伝えなくなっただけです。
      父をみると、確かに言葉や態度は荒いですが、母に気持ちを伝えている姿は、私よりずっと愛情深いな、などと思います。
      ご心配頂きましたように、8月の母は不穏な日々でした。排泄の感覚がなくなり、リハパンから、紙オムツタイプにしたほうがよいのかと悩みましたが、母は、手先が器用で不自由な身体であるのにも関わらず、自分で外してしまうのです。
      尿まみれで全裸で寝ていることも、弄便もあります。
      口に持っていく事はありませんが、母の顔の前に"ソレ"があるまま寝込んでいることもあります。
      こんな話、朝から申し訳ありません。m(_ _)m。
      父は、とても真面目に一生懸命介護をしていますが、母にとって今は『いつも怒っているおじいさん』という印象だと思います。
      不憫だな、と。父にも母にも思います。

      父には、『このまま介護だけをしてお父さんは老後を終えるの?自分で区切りをつけないと、いけない。もっと、自分自身の老後を大切にしないと共倒れになるよ。私は、二人同時に親を介護はできないよ。』
      と、正直に伝え、入所の申込みに至りました。

      いやしかし、皆様の多くが感じておられるように、入所に至った後は、なんとも言えない罪悪感、後味の悪さをぬぐえないのでしょうね😅
      それが分かっていても、この判断を決断した私は冷酷なんです。
      今朝は、お日様が顔を出しておりますので、母は落ち着いております。
      御天道様に感謝、あんず様に感謝、感謝です。m(_ _)m。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2017年08月22日 10:10
    • あんず様私も少しテレビで見ました。ばばはしっかりしてるなと思ってみていました。
      昨日あまりの痛みに寝ているばばを起してしまい、頭なでなでをしてくれました。
      私は思わず涙をこらえ100歳まで生きてねといいました。
      ベットをゆずってくれたけど、私が入るスペースがないのでいいよ寝てねといいました。
      今朝デーに行く前私がパンたべてると、「あんた昨日甘えにきたやろ」と覚えているんですね。
      おそろしいばばです。昨日は歯科の前にポカリ薄めたのとアイス少したべさして出ました。
      明日には桃がきてあさってにはばばの服がきます。喜んできてくれるといいけれどと
      思ってます。いつも心温まるコメントありがとうございます。l
      ほとんどとってありますよ。
    • 3. 山椒魚
    • 2017年08月22日 10:11
    • おはようございます。あんず様


      父の体調が一段階悪くなり、それでも帰省もせずに電話だけで状態確認してる娘です。
      母にも父の様子を電話で伝えてますが、母の電話での会話が以前よりましです。
      不思議なんですが、この数週間、母の認知症が少しましに見えます。
      いつもの揺れの幅の中なのかもしれません。


      ところで、私は自分の布団しかもってません。
      なので、捨てられる布団はありません。よかった(笑)

      親たちが住んでた家には、使わない布団がどっさりあります。
      触ると痒くなりそうなレベルです。
      本当に痒くなると思います。
      少しづつ燃えるゴミとしてゴミ出しの日に出すか、
      一気に粗大ゴミとしてお金を払って処分するか。
      こちらは、悩んでます。


      私の部屋で、迷ってるのはお鍋です。
      最近、小さなお鍋があれこれ出てますよね。個食用の小さなお鍋。
      よくよく考えれば、最近は小さなお鍋とフライパンぐらいしか使ってません。
      でも、普通サイズのお鍋も未だに持ってます。
      捨てちゃおうかしら(笑)
      必要になれば、また、買えばいいんですよね。
    • 4. とも
    • 2017年08月22日 13:40
    • こんにちは。
      あんずさまの心が心配です。

      私は先週母がぐったりしてるのをみて、動揺しながらも頭の一部が冷静な自分を感じました。
      結局病院に連れて行って母は回復してきているんですが、あの時の私は、ダメなら仕方ないとも思っていました。
      それからは、淡々と病院に様子を見にいっているような感じです。

      死にたいとかもう死ぬとか、在宅の時母も言いました。その時も、そんなこと言わないでって言わせたいんだなぁと思ってました。

      このまま、冷静にいられたら心は楽なんですけど、わかりません。一時期のように、勝手に泣けてくる自分は人間的だけど、辛かったです。

      何もできないけれど、あんずさまの心が穏やかになるようお祈りしています。

    • 5. あんず
    • 2017年08月23日 13:37
    • いちろく様、こんにちは。

      久しぶりに朝からいいお天気で、クソ暑い!
      でも、そんなに早く洗濯しなかったのに、午後一には乾いてしまいました。
      布団も久々に干せました。

      95歳のお父さんがお母さんの繕い物をやっていたのをテレビで見て、
      老老介護の大変さと辛さと愛情を感じました。
      いちろく様のお父様も、何にが何でも、自分がお母様の面倒を看ると
      一途なんでしょうね。

      いちろく母様より、少しマシな母でも、鬱陶しい天候の間は、
      騒いだり、荒れたり、で、在宅でなくなった私は一時で済みました。
      が、いちろく様には、24時間、気が抜けない、先の見えない無間地獄のような日々。
      施設入所までとは言え、大変なことです。
      オムツなど、ほんに、器用に外す、脱ぐ、嫌だと思うからなんでしょうが、
      手先が鈍くなった人とは思えませんね。

      施設に入所されれば、いちろく様はじめお父様の生活は順調?になります。
      気持ちの上でも、安堵感を持たれると思います。
      それが一番だと思いますし、介護の程度が私とは違いますし、
      きっと、後ろめたさは感じられないと思います。

      特に、いちろく様はご家族がいらっしゃるので、入所の申込みは正解です。
      いちろく母様も24時間、誰かが見守ってくれているんですから安心です。
      早く決まることを願っています。
    • 6. あんず
    • 2017年08月24日 02:20
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      そそ、ばば様はしっかりされています。編み物が出来るんですもの。「あんた昨日甘えにきたやろ」と覚えておられるなんて、これまた、すごい。もも様が痛みを堪えていることもわかって下さるんですから、逆を言えば、甘えることが出来て羨ましい。
      認知症がひどくなると、ジコチューで、娘の辛さ、悲しさなんか、わかってくれませんから。
      ばば様の洋服、お気に召したようですね。気に入って着てくれることが嬉しいですね。
    • 7. あんず
    • 2017年08月24日 02:35
    • 山椒魚様、こんばんは。

      お父様のことは心配ですね。でも、状態の急変でない限り、帰省してもと私も思います。
      近ければ違いますが。
      「いつもの揺れの幅の中」
      そうですね、揺れの幅がだんだんと下降して、気が付くと進行したなぁと思います。
      お母様はお一人で寂しいことでしょうね。

      お布団は、私も自分のだけにしようと思っています。
      あ、掛け布団は、母の冬用はとっておきますが。
      毛布なんか、湿気を吸って重いのなんの・・・。

      そういえば、ひろちゃん様からお義母様ものをご近所の親切なオジサンに
      ばらして貰ったというコメントを以前頂いたことを思い出しました。
      私も、親切なオジサンがいたらと思います。
      布団を切って、収集ゴミに出したという猛者が友人います。
      でもねえ、綿埃まみれになることを思うと・・・出来ません・・・。
      「一気に粗大ゴミとしてお金を払って処分」を考えています。
      このクソ暑いときに、布団を触る気になりません。

      お鍋は、殆ど捨てましたよ。
      中華鍋も、フライパンで出来るので捨てました。
      しかし、テレビ通販で、お鍋のようなフライパン、
      便利だろうなと思う私がいます。
      いやいや、フライパンと鍋、一つずつあればOKだと言い聞かせております。
      > 必要になれば、また、買えばいいんですよね。
      ハゲドウ!です。
    • 8. あんず
    • 2017年08月24日 02:41
    • とも様、こんばんは。
      >動揺しながらも頭の一部が冷静な自分を感じました。
      これは、よくわかります。
      昨年、誤嚥性肺炎で2回目の入院をしたときは、
      これで、ダメかもと冷静に思いました。

      ぐったりとされていると、大人しくていいんですが、
      元気になると、イケズを言う、暴言を浴びせるという母になり、
      ずっと、ぐったりしていて欲しいと思ってしまいます。

      山椒魚様のお母様ではないですが、「揺れの幅の中」なのかもしれません。

      ご心配頂き、有難うございました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット