今日はえらく母のご機嫌が悪うございました。

いつものイケズが、倍増して、とうとう、

薬でも盛って殺して頂戴

と言い出しました。

おっかさん、そう出来るもんなら、そうしたい
けれど、それで牢獄に繋がれたくないもんね。


午前中、ずっとリビングに居たので、昼食後、
横になって頂いてますとのこと。

母の居室へ行くと、いきなり、しかめっ面で、

帰りたいのよ。なんで、こんなところに居る
のよ。

仕方ないやん。ママは歩けないんやから。

ここは何なの?、病院なの。

そうや。

特養(特別養護老人ホーム)だと言うよりも、
病院にしておいたほうが、帰りやすいもんで。


そこから、始まりました。

在宅介護で、ショートステイに行ってと頼むと、

アタシ、一人でこの部屋で寝ているだけでいい
んでしょ。
どうして、行く必要があるの!!

そのときも、アタクシは癌患者ということに
して、検査入院だと言って行って貰いました。


もうね、ママ一人だと、アカンねん。
歩けないでしょ。

歩けるわよ!!
同じ一人なら、家で寝ていたほうがいい!

そこで、思わず、言ってしまいました。

もうね、家はないんよ。買いたいという人が
いるから。

アタシ、そんなこと、聞いてない!!


こうなると、頑固そのもの。

そこで、また、脅してみました。

あたしは、先日の区の健診で、肺がおかしいと
言われてるねん。
肺がんかもしれへんで。

そう言っても、ジコチューで固まってしまって
いる母は、申しました。

アタシの親戚はいないの?

親戚って、アータ、兄弟全員、もう死んでるし、
kちゃん(次兄)も死んだ、二人のお嫁さんも
死んだ、誰の世話になろうってんの!


要は、一人で暮らせると豪語するのはアタクシ
という下女がいると思うからなんです。

きっとね、ママより、あたしの方が先に死ぬわ。


今日は、それでも、母は、頑として、家で、
一人で暮らせると申しおりました。

こうなると、ほんまに、薬でも盛ってしまい
たくなる鬼娘でございます。


こういうやり取りは、帰るときは忘れており、

いつものように、申しました。

アタシは、これからどうしたらいいの?

今日はね、ここでお泊りなんよ。
明日が、お医者様の健診だからね。

そう、わかった、それじゃあ、明日、迎えに
来てくれるのね。

そうやね、明日ね。


おっかさん、明日、明後日は、そちらに行か
へんからね。

006

関東は今週いっぱい、雨の予報が出ています。

湿気はあるものの、猛暑ではないので、過ごし
やすいですが・・・。

アタクシ自身もどんよりとした空を眺めるより
青い空のほうがよござんす。

気持ちもどんより。
今日のように、母が荒れると、新聞記事になり
そうなことを考えてしまいます。

ググってみると、

高齢者や疾患を持った方では外部環境の変化に
対応する予備能力が低下している為に、気圧の
変化等により認知症の症状が悪くなるという方
もいます。

とのこと。


スポンサードリンク
 

コメント

コメント一覧

    • 1. ももだよりのもも
    • 2017年08月17日 13:53
    • あんずさまどこのばばも頑固なんですよね。
      歯茎に何か出来て入れ歯が入らないからラコールみたいなののんどくって聞いたらのみたくないとおかゆを食べています。ショートステイはいやだし家で亡くなりたいしとばばの要求はきけないものがありますね。いつも応援してるのは父のじいさんですよ。生きてる間かわいがってくれました。昨日は楽天まがいの詐欺にあってびっくりしまいたが、司法書士がいうように無視してあります。ひどいことですね。あんずさんも気をつけてくださいね。
      どこのばばさんも頑固になりますね。あんずさんも大変ですね。
      でも上手ですお母様をなぐさめるのがうまいです。
      ばばはそんなんで聞きませんからね。
    • 2. こずえ
    • 2017年08月18日 07:13
    • 2回目のコメントです。
      今回も、我慢できず書き込んでます。
      私の母とみっちゃん様は性格も既往も同じだと以前書きましたが、母が施設に入ったら、まさしくこのような日常が訪れるのだなと手に取るように分かります。
      ガンコバ○アってやつですよ。
      しかも、娘の都合はてんで無視。
      私が倒れたら、という話を向けると必ず言われます。
      私はどうなるの。あんたが倒れたら、私は誰が世話してくれるのよ。

      自分の心配だけ。

      虫酸が走ります。

      一番見たくない母の姿ですよね。
    • 3. はる
    • 2017年08月18日 17:31
    • こんにちは。
      父の在宅介護を始めて一年が経ちました。
      はるです。おひさしぶりにコメントさせて貰います。
      今年のお盆参りは父の先祖代々のお墓に向かい手を合わせお願いすることはただひとつ。
      安らかに穏やかにお迎えください。と。
      今の父の状態は安定そのもの。歩けないから寝たきり状態ではあるものの家を長時間空けることは出来ないし、ベッドに居るだけで何もしない父が気にならないわけがないし、かと言って必要以上にすることもない。
      本人は気にするなとも言う。
      今この生活パターンを上手く乗り越える?
      過ごせる方法を見いだし中。

      上手く言えないけど、それでも今、父が突然居なくなってしまったら…
      それも気持ちの準備が出来てない。
      ストレスに変えない方法で何とか毎日を過ごしている状態に。と頑張り過ぎがストレスになってる。
      自身の体調も自律神経とやらが崩れ更年期真っ只中。
      諦めた社会復帰も最初の頃は受け入れられたつもりなのに、いつも何かに焦ってる。

      これって若者の言葉を借りて
      全てに

      ヤバイなあ。
    • 4. あんず
    • 2017年08月21日 03:15
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      ばば様の入れ歯が合わない・・・。ご本人にとっては辛いことですね。母の施設にいる方のなかには、もう入れ歯をせずに暮らしているほうが多いような気がします。固いものは、提供されていませんが、先日、梨を薄く切ったものを、ゆっくりと食べていました。入れ歯の母も、途中で食べるのがしんどくなったようで、私に食べてと言い出しました。入れ歯が合っていないんだと思いました。ばば様もショートは嫌なんですね。どうしてでしょうね。施設に居たほうが、死なないのに・・・。看護師さんが居てすぐに処置してくれると説明して、ダメでしたね。今、面会が終わると、必ず、「ここは看護師さんが常駐しているから安心だね。」と言い聞かせています。詐欺ですが、先日、ヤマト便、佐川急便、銀行、と、偽メールが届きました。すべて無視しています。婦人科の検査の結果がなんでもないことを祈っています。
    • 5. あんず
    • 2017年08月21日 03:21
    • こずえ様、こんばんは。
      コメントを有難うございます。
      そそ、自分の心配だけです。
      こずえ様のお母様も一緒なんですね。
      ほんまに、そういう母をみたくないです。
      認知症になる前は、「貴女の迷惑になるようなことがないように、
      施設に入る。」なんて言っていたんですけれどね。
      在宅介護のときは、ヘルパーさんが来ることも嫌、
      デイもショートも嫌、つまりは、私が世話をすればいいじゃないか
      ということなんですよね。
      認知症だから、なんでしょうが、ムカッ腹です。
    • 6. あんず
    • 2017年08月21日 03:32
    • はる様、こんばんは。
      在宅介護、お疲れ様でございます。
      はる様のご苦労を思うと、私の愚痴なんぞは、贅沢な悩みだと思います。
      お父様のご容体が安定していること、おっしゃるとおり、生活パターンが
      一定していていいのでしょうね。
      でも、はる様の自由になる時間が限定されてしまいますね。
      確かに、「気にすることない」なんでしょうが、
      そう、簡単にきにしないというわけにいきませんね。
      社会復帰、ヤバイ、これは、早めに復帰したほうがいいと思います。
      60歳を過ぎると社会から復帰を拒まれます。
      生活パターンが一定しているときに、介護の手を外部から入れて、
      ご自身のことを考えておいたほうがいいのですが。
      介護をして、その上に、というのは、大変なのもわかります。
      どうぞ、ご自愛くださいませ。
    • 7. たろのすけ
    • 2017年12月05日 19:05
    • 通りすがりの在宅介護者です。
      御苦労なさってますね。心中お察しいたします。
      以下は、私個人の愚痴ですので読まないでいただいても結構です。
      現在、私も母親の件で、地域統括センターに介入してもらって格闘中です。
      糖尿病の合併症で全盲から始まり、今では血管性痴ほう症のまだらボケの症状で
      かれこれ20年以上介護、加えて弟が頚椎損傷で重度障害者になって20年。。。
      人生の半分は介護人生です。もう、私も52歳でそろそろ限界です。
      最近は、もの盗られ妄想が加速し犯人は家内と妄想を抱いて困り果てています。
      まだらボケの悪いところは、正常なときにもの盗られ妄想を他言するわけです。結果は想像できますよね。家内は、幼い頃に老人がどのような過程で朽ちていくのかを見て育った環境なので、割り切ってくれている事が唯一の救いです。
      昔に他界したオヤジに早く迎えに来てくれと仏壇に向かって祈っている私がいます。
      失礼します。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット