アナタ、いったい何をしに来たのよ。
アタシの迎えでしょ。
支度しなきゃなのに、犬なんか、構って!

施設で、母と一緒に居る犬達が、ようやっと、
アタクシを認めてくれるようになったのに。

おっかさんは、そうやって、ギャンギャン、
言えるけれど。

ワンコ達は、何も言えへんねんよ。
ただただ、撫でて欲しいって寄ってくるやん。

この子達は、アタシに興味はないのよ。

ほら、そうやって、すぐに拗ねる・・・。


母が認知症を発症したとき、我が家には当時、
5歳になるオスのM.ダックスがいました。

それまでは、彼にとって頼るべきボスは、母、
でした。


なんで、犬に先にご飯をあげるのよっ!
人間の方が先でしょ。

或る時、夕食の支度をしているアタクシに、
母が怒鳴りました。

だって、母はよく言ってました。

アタシは後でいいから、ブーケ(飼い犬の名前)
に先にあげて頂戴。


ドックランへ車で行くとき、母はいつも、彼を
先に乗せてからドアを閉めていました。

ところが、さっさと乗り込み、慌てて乗り込もうと
した彼の鼻先で、バンッ!とドアを閉めてしまい
ました。

危うく、彼は挟まれそうになりました。

次第に、彼は何か危険を感じるとき、母よりも
アタクシにすがってくるようになりました。

彼も母の認知症発症がわかったのかもしれません。


施設の犬達も、一緒に暮らしている入所者の
ことをよく理解していると思います。

犬達、特に、文福は、時々、椅子に座っている
母の手を持ち上げて、撫でで、触ってという、
仕草をします。

母とアタクシが、母の居室にいると必ず、やって
きて、母の車椅子の周りを回って出ていきます。


おっかさん、ただ、アータが犬達のシグナルを
覚えていないだけなんよ。


なんせ、母は、居室にいるときに犬達の鳴き声が
すると、目をまん丸くして、申します。

まあ、ここには犬がいるのね!


pho


在りし日のブーケ。

M.ダックスなのに、体重が13Kありました。

彼の大好きなジャーキーを際限なくあげており
ました。

太り過ぎは心臓に負担がかかるからと説明しても、
駄目でした。

ブーケはその通り、突然の心臓麻痺で虹の橋へ。


施設の犬達は、飼い犬も含めて、体重チェックを
厳しくされながら、暮らしています。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. もも(fomer)
    • 2017年05月24日 02:54
    • こんばんは ご無沙汰しています。 ずっと読んでいます。お母様はお幸せですね。
      痴呆は進まれているようですが それも 老いや 死を 理解できなくなるためと聴いたことがあります。 あんず様は 面会にも 頻繁にいかれていて、十分親孝行もされ、以前から言っておられたように 自分が後悔しないため・・・というのも 果たされたように思います。

      今日は私に喝!!!を入れていただきたいなと思います。
      あんずさまの半分でも見習いたいと思っているのですが どうにも 母のところへいけません。
      土、日にいこうと思って 果物やお菓子を買っていても 朝つかれて起きれないし、
      起きても 行く気がせず、だらだらとしてしまうのです。
      一応 病院などはもう兄に任せたので、私が行かなくても かまわないのですが
      たぶん母に今何かあれば きっと 後悔すると思います。
      わかっているのに 体というか頭というか、自分自身が 母に向きません。
      重い 車いすを押すことや、威嚇や 叱責などが 先に頭に浮かびます。
      母はいぜん申しましたように まだ痴呆があまり無いので、ごまかすこともできませんし、
      結構 正しいことや道理のあることを申しますので、余計につらいのです。
      8年ほどとはいえ、 一人で 施設探しから、世話からしたと自分に言い訳をしながら、
      今暮らしています。 杏さん・・・やはり 見舞いには いった方が良いですよね・・・。
      どう考えたらいいでしょうか?  もも

       
    • 2. ももだよりのもも
    • 2017年05月24日 21:20
    • あんず様ももだよりのももです。
      犬のダックフンドちゃん私と一緒でぽっちゃりですね。
      私の犬は雑種でした。でも犬は人間の言葉がわかるみたいですね。
      今日は祖母の昼食作りに奔走してました。でもセブンのお惣菜チンしたり出したりですけど
      全部たべてくれました。私はあさっての金曜日から心療内科変わるんですね
      先生と合わなくてね。以前にみてもらっていたけど独立して開業される先生で糖尿病や橋本病にも詳しい勉強家のDRですがことばは辛らつですけど、息が合うみたいで変わります。
      ばばのお父さんはちょうちんやかさを作る人でてつだわされた影響でデーの塗り絵を
        上手にぬります。私はばば塗り絵上手だねとほめてあげています。
      今日天然石が届きました。私にはちょっときつめでしたけどきれいな緑色は癒されますね ばばに癒されるってしってるって聞いたら休むってことじゃないのっていうの
      説明するのが難しいですね。
      ケアマネが忙しい夕方にやってきてはんことうるさくいっていました。
      それにばばの認知症の病名はなんですかって聞いてもDRがみてるからしりませんですって
      頼りないですねといいました。
    • 3. 山椒魚
    • 2017年05月24日 21:50
    • こんばんは。あんず様

      ワンコもわかるのに、なんで、人間のくせして分からない人がいるんでしょうね。
      うちの父は、2013年の冬のはじめには、長谷川式で16点でした。
      老人ホームに入ってから2014年にお見舞いに来てくれた人で、父は全然ボケてない、と力強く言う人がいました。

      ボケ予防にはガムがいい、と、その人はガムを持って来てくれました。でも、父はガムを噛む、という行為の理解が幼児レベルになっていて、ガムを口に放り込んで、外側の甘いところを味わったら1分もしないうちに口から出してました。
    • 4. ファーマーk
    • 2017年05月27日 22:10
    • あんず様こんばんは。そうそううちのわんこも母にもう寄り付きなくなりました。母のベッドの上ぶとんの上でわんこが寝てたら布団が重くて動かないからと布団の下からわんこを蹴り上げたりするからかゆっくりねれないのでベッドで寝なくなったのと、母がわんこを抱き上げることも出来ないのと、以前カレーに入った肉や、野菜炒めに入った肉などを絶対にあげてしまい、それは玉ねぎと一緒に料理しているから絶対にあかんと言ってもやってしまい、その時はよく犬も母に寄って行ってたのですが、姉に半年介護してもらい帰ってきてから認知症が進行したのか、食べるものをわんこが欲しがっても自分の肉なんてあげたくない自分が食べたいモードに切り替わってしまい、いくら欲しいと言っても上げることはしなくなり、まあその方が良いのですが、だんだんと母には寄り付かなくなりました。母は手足が不自由ですから犬を抱き上げれないのはかわいそうに思いますが、犬もよくわかってるもんです。ご心配いただき有難うございます。母の炎症反応は下がっていて結局リュウマチによる炎症でした。リュウマチも寛解状態かと思いきやまだ体の中をぐるぐるまわってるようです。
    • 5. あんず
    • 2017年06月22日 02:41
    • もも(fomer)様、こんばんは。
      こちらこそ、ご無沙汰でした。
      それに、コメントへのご返事、大変遅くなりごめんなさい。

      在宅介護の頃、もも様がなかなか、施設にいるお母様のところへ
      面会に行かれないことに、ただ、行くだけなのにと、羨ましい気持ちでした。

      でも、いざ、入所させて、面会へ行きたいと尋ねられると、
      行きたくない、が本音です。
      もも様のお気持ち、よくわかりました。
      以前の私にはわかりませんでした。

      母はこの頃、「こんなところに入れられて」とよく言うようになりました。
      そう言われると、逃げ出したくなります。
      姥捨て山に捨てられたと言われているようです。

      だから、もも様、お母様の面会に行かずともいいと思います。
      任せたお兄様がいることですし、施設に入所しているので、
      医療も安心していられると思います。
      きっと、いつか、お母様と接することが出来るのではないでしょうか。
      無理をせずに、臨終の時まで待ってよいと思うのです。

      私はもも様の逆で、兄から任せられた格好なので。
      兄は滅多に面会にきません・・・・。
      母の利用料を出して貰っているので、私が行くほかないと思ってます。
      私も、喝!を入れて欲しいくらいです・・・。
    • 6. あんず
    • 2017年06月22日 03:34
    • ももだよりのもも様、こんばんは、
      このダックスのブーケを飼ったときは、まだ母は認知症ではなかったのですが、
      ブーケが5歳の頃から、発症し、
      ご飯とかジャーキーを食べたがるだけ食べさせるようになりました。
      これ以上、太ると心臓に負担がかかるからやめて、と言っても、
      母は「食べたいものを食べて、命が短い方がいい。」とどんどん食べさせてました。
      案の定、突然の心臓麻痺で虹の橋に逝ってしまいました。
      以後、母から犬を飼いたいと言われたのですが、飼わないとつっぱねました。
      ブーケは、母の状態が理解できたようで、まるで、私の重荷にならないようにと
      逝ったようです。たった9歳でした。

      もも様はエライですね。ちゃんとばば様の食事を作り、ご家族の分も作られる。
      私は50歳にして、料理をすることになり、いまだに、料理は苦手です。

      塗り絵をちゃんと出来るのは、認知症がそんなに重くないからですよ。
      ばば様は、まだまだ、年相応ですね。
      もも様が面倒をみて差し上げているから、しっかりされているのかもしれません。

      天然石の効果はいかがでしょう?
      緑色ってほんま、癒されますね。
      母がいつも、部屋から見える木々の緑がきれいだと言っています。

      心療内科の状況など、ブログを読みますね。
    • 7. あんず
    • 2017年06月22日 03:40
    • 山椒魚様、こんばんは。

      お見舞いにいらした方は、御身内に認知症の親族がいないからではないですか?
      五反田の従姉が、同じタイプです。
      老健で死にそうだったときに面会にきてくれて、「全然、ボケてない。」と
      同じこと言ってました(笑。
      彼女の母親(私の伯母)は、乳癌で認知症になる前に亡くなりました。
      「ガムを噛む」行為がわからない、母もそうかもしれません。
      >外側の甘いところを味わったら1分もしないうちに口から出してました。
      ちょっと、笑ってしまいました・・・。
    • 8. あんず
    • 2017年06月22日 03:44
    • ファーマーk様、こんばんは。
      やっぱり、ワンコはわかるんですね。そそ、絶対にあげてはいけないと言ってもわからない。母もチョコレートを食べさせようとして、キツく母に言ったことがあります。「自分の肉なんてあげたくない自分が食べたいモード」、そそ、自分が食べたい。そうなってしまうようです。母もワンコと張り合ってました(笑。リュウマチがあることは、大変ですね。指先など、動かしにくいことでしょうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット