基本、母には自由がない。


母の施設は、午後1時過ぎに着くように行って
います。

何故なら、3時前におやつを出しにして、帰る
ことを口に出来るからです。

そろそろ、おやつだからね。
食堂に戻りましょ。で、アタシは帰るから。

おやつという食べることに、気がそそられて、
一緒に帰ると言う確率が低くなります。


施設の母のユニットに着くと、椅子に座って、
母は食後のウトウトの最中。

在宅のときは、食事が済むとそのまま、寝て
おりました。

母はベットの中で暮らしていましたので。

アタクシは、母の居眠りを利用して買い物に
行っていたこともありましたっけ。


ママ!

と声をかけると、スッと首を起こし、さも、
居眠りをしていなかったという態度をします。

だから、寝てたのね、とは口には出しません。


母に声をかけてから、ジローをナデナデ。

すると、いつも母がKさんに言っています。

娘は、アタシより、犬の方が大事なの。

その通りですから、あえて、ちゃうよとは、
申しません。

しばらく、食堂でお話をして、居室へ行き、
1時間弱、母と一緒にいます。


じゃあ、と母に告げると、毎回、申します。

アナタが帰っても、アタシはここに居るわ。

これは、母の実際の気持ちだとは思うのです。

しかし、車椅子も自分で動かせない、ナース
コールも押せない母は、昼間、食堂に居る他
ありません。


要介護5で、徘徊も出来ない、ただ、寝ている
だけになり、さらに穏やかな爺様になったから
と在宅介護を選択した介護友の方がいます。

寝たきりとは言え、自宅という自由があると
思うのです。

施設の限られた人数のスタッフさんがお世話を
するには、まとまって一箇所にいるほうが、
何かと都合がいいもの。

アタシはここにいる。

そう言われると母の自由を奪ってしまっている
のかもと思えるのです。

じゃあ、在宅介護をすれば・・・。
否、それは、もう、やりたくない。

だから、このままでいいのだと、自分に言い
聞かせつつ、母に告げるのです。

じゃあね・・・。

007





スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. びろちん
    • 2017年02月27日 09:40
    • あんず様 おはようございます。義母が老健に入所して早6か月。
      いつ「帰りたい」と言われるかと、ビクビクしていた自分にも慣れました。
      週に一度、夫と洗濯物を取りに訪れるのが唯一の接触。
      滞在時間1時間弱。義母は時間を持て余しているようで、「やることが無くて
      つまらない。他の入所者はいつも寝ている。」と。
      前の私なら施設に掛け合って、何か方法は無いかとお願いはしたかもしれませんが、
      もうその気も起きません。
      在宅なら良かったかもしれませんが、このままだと認知症進むかも?
      そうです。私も、もうこれ以上の事は出来ません。
      自分の限界を知りました。
    • 2. はるはる
    • 2017年02月27日 09:58
    • あんず様、皆様、お疲れ様でございます。

      いつも、コメント返しありがとうございます。あんず様や、皆様からの温かいコメントが、私の励みとなっていて、ついついこちらに寄って愚痴とやらを書かせて頂いています…すみません。。。

      介護は、色んな形がありますね。
      あんず様の、自宅介護には戻れないというお気持ち、良く分かります。10年近く自宅介護をされて、その大変さを見に染みて体験されているからこそ感じる気持ちなのでしょうね。施設を訪問される時、行きは重い足取りで、帰りは浮き立つような足取り…これも納得です。私も実家を訪れる時はそうですから。ここまでくると、もう義務感しかないですよね。
      「生きているだけでいいじゃない」と言う友人もいますが、それはあくまで自立で生活出来て、健康なお年寄りのこと。今の私には、介護をさせてもらっているという気持ちには、中々なれません…早く解放されたい…こんな風にしか思えないなんて、鬼娘ですね。

    • 3. チコ
    • 2017年02月27日 12:15
    • 🎤何から伝えればいいのかぁ~分からないまま時は流れて~🎵
      ~介護ストーリーは突然に~

      あんずさん。大変とご無沙汰しておりました。もはや知らない方だらけとなり鬼娘の介護日記の異邦人チコです。
      ここのところ時々読んでは、あんずさんとお母様。穏やかな日々で良かったと思いほっとしました。

      さて、歌って再登場してしまいしたが、~介護ストーリーは突然に~ 始まりも終わりも突然にです。と言うのもナス母が心不全が悪化もお正月のあとありましたが先月に他界しました。でも眠るように母の希望のそのもの自宅で大往生でした。老衰です。在宅で看取り、看護師さんと母の整いをし、お化粧は母の化粧道具でしてあげました。キレイな顔でした。まだまだいろいろ気持ちがいっぱいいっぱいですが、カメ父、ナス母の在宅介護に後悔なし!全ういたしました。


    • 4. チコ
    • 2017年02月27日 12:37
    • 途中で送信してしまいました_(._.)_
      在宅医療チームに恵まれていたと思います。88才で天寿を全うしたナス母に53年間私のお母さんでいてくれてありがとうです。私はもう一度カメ父ナス母に育ててもらいたいと思ってます。

      カメ父の介護であんずさんにご縁を頂きました。アナログ人間なのであんずさんとのコメントしかしたことありません。このままにしてしまおうかな? と思ったけどやっぱり伝えることにしました。
      カメ父のことで~人生いろいろ🎵介護もいろ胃ろう~と登場したので、ここは演歌でマイクを置くことにします。
      🎤介護をしててもぉ~心は錦ぃ~🎵
      チコ太郎のPPRPはやめておきましょう

      幼なじみ介護男子とこれからも共に支え合い人生歩んで参ります。

      あんずさん本当に有り難うございました。カメ父の頃からのくまさん、楽さん、すべての介護ガールズの皆様に感謝申し上げます。

      介護のあとは温かい気持ちしか残りません。そこにたどり着くまでは戦いもありましたが必ず温かい気持ちにたどり着きますからね。チコより
    • 5. もも
    • 2017年02月27日 19:25
    • ももだよりのももです。ご心配かけました。後風邪が残っているだけです。
      お母様はずっと車椅子に座って大変ですね。
      私の祖母もデーのときは転ぶからと車椅子にすわって6時間も7時間もいてます。
      これから週3回になるのでちゃんと行くのかなと孫は思っています。
      今日は母がばばに風邪の終わりで咳してたんを出しただけで
      「編み物するから熱がでるんじゃ」と母に怒られ玄関で寂しがっていたのを
      慰めていました。歩いて散歩することも足が痛くてできないのにこれしか私には出来ないと
      祖母はいっていました。
      母に怒られかわいそうな祖母でした。
    • 6. くま
    • 2017年02月27日 19:38
    • チコちゃん!!!!!
        哀しいことをいっぱいいっぱい 経験したから その分 温かいほわんほわんの気持ちになれるのかな?
       とにかく チコちゃんの名前を見ただけで 涙がポロン・・・
        カメ父 ナス母 やっぱりすてきなご両親の自慢の娘だよ チコちゃんは!
      くまは まだまだ 人生いろいろの修業が足らないようで・・・ でも・・
         チコちゃん & チームあんずの皆様へ
            ぎゅぎゅぎゅちゅはぐ
            ラブリーよしよし
            ほかほかなでなで  送るね~    ヘタレくま
    • 7. あんず
    • 2017年02月28日 04:27
    • びろちん様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      びろちん様は先輩ですね。
      母は特養に入所して4か月。私もビクビクしながら、面会に行っています。
      そうなんですよね、
      「帰りたい」これを言われると、どう返事をすればいいのか、迷います。
      特養なので、洗濯はお任せ出来るのですが、
      「洗濯物を取りに行く」という口実で、自分で義務化させています。
      確かに、何もすることがないんですよね。
      施設の食堂で、テレビを見ているだけ。
      これって、自宅にいるときもそうでした。
      私の代りに、スタッフさんが声をかけてくれている、
      と、私は思っています。
      在宅がいいに決まってます。
      ほんま、限界、ありますよね。
    • 8. ひろちゃん
    • 2017年02月28日 13:08
    • わぁ、チコさん、くまさんの最強癒しコンピだぁ。お久しぶりです。
      色んなことありながらも、メンタルなことでは気持ちを明るく持っていこうとすることここでお二人から学びました。ケサカ婆に振り回され家でムカムカ、プンプン怒り抑えきれない時、チコさんの替え歌にクスッとひととき癒されました。くまさんのなでなで、よしよし。ハグハグも癒されました~。グチってすっきりもいいけれど自分のメンタルを自分自身で少し変える。そんなことを学びました~。
    • 9. あんず
    • 2017年02月28日 14:45
    • はるはる様、こんにちは。
      愚痴ははいてしまうと少し気が楽になります。
      どうぞ、ここを使って下さい。
      私も皆様のコメントに助けられています。
      週に二回行くのは、母からとやかく言われたくないから。
      義務感にハゲドウです。
    • 10. 山椒魚
    • 2017年02月28日 18:33
    • こんばんは。

      チコ様。おなつかしゅうございます。
      お母様のご冥福をお祈りいたします。

      PPRPを聞きたい気持ちはやまやまですが、無理はもうしません。
      チコ様のこれからが良いものになりますように。
    • 11. あんず
    • 2017年03月01日 01:18
    • チコ様、こんばんは。
      こちらこそ、ご無沙汰でございました。
      >歌って再登場してしまいした
      ああ!それぞ、チコ様です。
      お帰りなさいと言いたいのですが、悲報にはびっくりです。
      特に、ナス母様は持病もおありでしたから、いつ、なんどき、
      急にもあるだろうなと思っていました。
      ほんと、突然に、なんですね。

      同じ突然にしても、カメ父様のときと違うような気がします。
      >在宅医療チームに恵まれていた
      その言葉で、納得できます。
      自宅での大往生、老衰という苦しみの少ない逝き方。
      ナス母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

      >カメ父、ナス母の在宅介護に後悔なし!全ういたしました。
      なんと、羨ましいことなんでしょう。
      それは、ご両親を在宅介護で見送ったからなんでしょうね。

      >介護のあとは温かい気持ちしか残りません。
      そこにたどり着くまでは戦いもありましたが必ず温かい気持ちにたどり着きますからね。
      介護する人達に是非、聞かせたい言葉です。
      いつか、また、ブログで書かせて下さいませ。
      温かい気持ちにたどり着く・・・
      私には、まだまだ、先のような気がします。

      チコ様、お知らせくださり、有難うございました。

      もし、また、気持ちが落ち着いたら、
      もし、また、歌ってもいいかな?と思うときがあれば、
      「チコ太郎のPPRP」をお聞かせくださいね。
    • 12. あんず
    • 2017年03月01日 01:25
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      インフルエンザ、ひどかったですね。
      治るのに一週間以上かかったようですね。
      しっかり、治してくださいませ、
      母は施設内では、車椅子から椅子に移乗しています。
      トイレは、わざわざ、車椅子に乗り、連れて行って頂いています。
      お母様がババ様に怒るというと、母娘関係ですね?
      まさか、お姑さんではないですよね?
      娘だと、どうしても怒鳴ってしまいます。
      ババ様の塗り絵、色彩が素敵です!!
    • 13. あんず
    • 2017年03月01日 01:27
    • くま様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      久々のハグとよしよし、なでなで、
      頂きました!!
      くま様にも、ギューッとハグをお返しします。
      辛いよね、頑張ってるよね、くま様はえらい!!
    • 14. あんず
    • 2017年03月01日 01:48
    • ひろちゃん様、こんばんは。
      そうなんです。
      チコ様の替え歌、クスクスと笑ってしまうんですよね。
      くま様のぎゅぎゅはぐ、も、されたような気になります。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット