同じことを繰り返し尋ねる。その理由は?

記憶力の低下である。

確かに、記憶力の低下があるのかもしれない
けれども、それが本当の原因、あるいは原因の
大部分なのでしょうか。

逆に、記憶力の低下があっても、同じことを
繰り返し尋ねる、ことをしない人が大勢います。

つまり、

「同じことを繰り返し尋ねる」=「記憶力の
低下がある」ほどには、強い結びつきはない、
ということです。

私は、その原因として、よく「不安」を取り
上げます。

記憶力の低下を自覚することはできません。
なぜなら、「記憶がないこと」を振り返ること
ができないからです。

痛みは、痛い自分を振り返ることできるから、
リアルにそこに問題があるのだ、と認識でき
ます。
でも、記憶力の低下はちがう。

(中略)

記憶できなかったことを振り返ることはでき
ないけれど、

「えっ、おかあさん、さっき言ったよ。」の
ように、ちょっと心に負担を生じるような周囲
の言葉を覚えていたりする。
そういった記憶の集積がある。

さらには、しばしばメディアや専門家(私も
そうなので、自戒の念を込めてですが、)等の、
プロの意見としての「認知症の世界」が、
別世界にあるかのように、
しかも、悪い世界観で語られるような世界と
して、無意識に喧伝(けんでん)される。

(中略)

間接的に記憶力の低下を自覚する自分と世間の
悪いイメージをもとにして、自ら集積した知識
から見える自分が重なり合う。

ここで不安を感じない人はいないでしょう。

我慢できず、失敗を恐れ、なんども確認したく
なる。

地獄の苦しみに近いものがあるのかもしれません。

ある人は、そういう自分を、あきらめもある
のかもしれないけれど、受け入れる。

(まだ、続きますが)

YOMIURI ONLINE  YomiDr.
木之下徹の認知症とともにより良く生きる
「繰り返し尋ねる」   より


アタシってトンチンカンだから。

この頃、母は自分のことをこう表現します。

認知症初期の頃、なんとかデイやショートへ
行かせようと、アタクシ自身が癌患者という
ストーリーを創作し、治療のために病院へ、
行くからと理由をこじつけました。

それでも、頑として、嫌だと行かないと申し
ました。

アタクシも、頭にきて、

アータはさ!、認知症や。
認知症の患者を一人にしておくわけにいかんの!

と母に、はっきり言ったこともありました。

このアタクシの言葉を聞いた母は、

なんで、アタシが認知症なのよっ!!
そのときの母の顔は、目が吊り上り、鼻先で
笑う、まるで悪魔のような表情でした。

今、思えば、木之下先生が書いておられる、

「認知症の世界」が悪い世界観で語られていて、
そうなった自分を受け入れたくなかった、という
ことだったのでしょう。

しかし、現在は自ら受け入れてしまっています。


木之下先生は、

目の前の「認知症の症状に対して……」では
なく、老いという変化と、どう、よりよく付き
合うのか。

ひとところで同じ姿で同じ人はいない。
要はどうより良く生きるか。


と、最後に語られています。


在宅介護から解放された分、母がこの先、どう、
より良く生きるか、をアタクシも見守らねば
ならないということでしょうか。

003

我が家の梅がやっと咲き出しました。

明日は、面会に行ってきます。

来週は介護認定更新手続きの面談があります。

また、外面よしこちゃん、全開でしょう。



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 1. 山椒魚
    • 2017年02月24日 22:38
    • こんばんは。あんずさま。

      私の場合、人と直接出会って話すことが極端に少ないせいか、
      30歳ぐらいまで、直接あった人が喋ったことを、(多分)必要以上に
      覚えてました。

      1ヶ月ぐらい前のミーティングで、同じ人が、自分の口で喋ったことと
      いきなり全く別のことを言う、というのは珍しくありません。
      エクスキューズ抜き。方針転換の説明抜き。
      どう考えたらいいんでしょうかね。

      私、アスペ気味な人なので、「何々さんは何月何日の会議で、
      かくかくしかじか言いました。その時、特徴的な言い回しは
      なんとかです。忘れましたか?」とか、言ってしまってました。

      その頃の私から見たら、そんなことが言える人は、病気で
      自分の言ったことが覚えられない人か(つまり、ボケ老人のお仲間)、
      または、嘘つき。
      こいつは、ボケてるか、嘘つきだ、みたいなことを前提に接してました。
      仕事がしにくくなるはずです。(笑)

      自分の考えは変わったから、今から喋ることが、
      自分の考えであり、それは、過去の自分もそう考えてたことになる。
      自分のプライドとして、そうしかありえない。
      みたいなことなんだと、今では思います。

      友達で、何度も私が言う情報Aを、まともに聞いてくれなかった人が、
      別の知り合いから、情報Aを聞いた、と有り難がってるのを見て、
      その友達とは、連絡をやめました。

      私自身、他の人からの情報を処理するのが苦手です。
      苦手な自分をわかって、どうであった言葉と付き合っていくか、
      ということを忘れたくないとは、思ってますけど。難しいですね。
    • 2. あんず
    • 2017年02月25日 02:52
    • 山椒魚様、再び、こんばんは。

      私はどちらかというと、
      >自分の口で喋ったことと
      いきなり全く別のことを言う、
      というタイプに属する人間だなと思います。
      自分の言ったことを忘れてしまうタイプでも(笑。

      子供のころから、自分の考えを相手がわかってくれているはず、
      という思いこみの激しいところもありましたしね。
      山椒魚様とは逆のかなりいい加減な性格かもしれません。

      本来、もっと、言葉を大切に扱ったほうがいいとは思っているのですが。
      自分の言ったことくらい、覚えておくべきですね。
      反省します。
    • 3. 山椒魚
    • 2017年02月25日 13:14
    • こんにちは。あんず様

      何かで読みましたが(といってもネットで)、
      心理学の実験によると、話している内容自体は
      そんなに意味がない会話が多いらしいです。
      それよりも、友好関係を確かめるみたいな雰囲気が
      重要らしいです。

      会社でよくみました
      Cさんは、Aさんの敵で、Bさんの敵です。
      Cさんの悪口を言う2人
      Aさん「今日のCさん見た? 黒すぎる。だっさ〜」
      Bさん「見た。いつもなんであんなに白いの。バカじゃない」
      そんな感じ。

      認知症の人が繰り返し尋ねる内容は、もしかすると、
      具体的な行動へのアドバイスを求めるものなどが含まれていて、
      よくある会話(右と言っても左と言っても、すぐに忘れても、
      支障のない会話)ではないので、たずねられた方も、
      気になるのかもしれないな、と思いました。

      あんず様のブログにお邪魔してる私の書き込みも、
      あんず様の言いたいことと的外れな事が多いかもしれないし。
      国会答弁とか、質問の答えになってない事を喋って、
      時間をつぶしてることが珍しくないように思えて、
      たま〜にテレビを見ると、訳がわかりません。
    • 4. とも
    • 2017年02月26日 22:17
    • こんばんは。
      本当に頻繁に面会に行かれてるのですね。
      お疲れ様でございます。
      お上品なあんず様にはオススメしづらいですが、横須賀中央の駅近くの路地に立食い焼きとりがあり、後輩と食べてみたことがあります。お行儀悪くて楽しかったです。

      父は同じ事を何度も聞いてくるのですが、
      何度も聞いて悪いけど、ここはどこだっけ?
      とか、同じ話何度もするけど、、、から始めます。聞いた事を覚えてるのに内容を忘れるんだなぁと思ってましたけどきっとそうじゃないんですね。不安なんですね。おかげで気づきました。
      嫌がっていたけど、デイサービス利用を始める事にしました。どうか馴染んで下さいお父さん。祈る気持ちです。一昨年は、お前が心配してくれるのはわかってるけどああいう所に世話になるのはもう少し先にしてくれないかとまともにお願いされてくじけてしまいました。でも今は必要だと思うのです。
      だからがんばってみます。
    • 5. りん
    • 2017年02月26日 23:28
    • あんずさま
      おかりします
      ともさま
      デイケアの件、頑張ってください、
      今が、その時かもしれないですよね
      タイミングって難しいですね〜

    • 6. あんず
    • 2017年02月27日 02:26
    • 山椒魚様、こんばんは。

      >友好関係を確かめるみたいな雰囲気
      それは、利害関係が一致するとありますね。
      昔々、同窓会へ行ったときのことです。
      学芸大付属小学校を受験した子供三人。
      一人が受かり、他の二人が落ちました。
      落ちた二人のママ達が同窓会に来ていて、
      ずーっと、受かった子のママの悪口を言っていました。
      独身の私は、それ以来、同窓会へ出席するのをやめました。
      聞きたくもないことだったので。

      認知症の高齢者同士の会話は、利害が関係することが
      ないような気がします。
      >友好関係を確かめるみたいな雰囲気
      ほんと、その通りです。
      母と隣にいるKさんとの会話は、はぁ?という内容ですが、
      二人でお互いにオウム返しで、漫才のようです。
      たまに、まともなことを言っているときは、
      相手の話を半分以上聞いていないと思います。
      自分の言いたいことを言っているだけ。
      全部、理解出来ないようです。

      国会答弁、アハハ、そそ、時間潰しですね。
    • 7. あんず
    • 2017年02月27日 02:35
    • とも様、こんばんは。
      面会は、週に二回です。
      ワンコ達がいるので、結構、私も可愛がりに行っているようなもの。
      やっと、ダックスのジローが覚えてくれているようです。

      そそ、私もこの木之下先生の文章から、「不安」だから、何度も質問する、
      自分で忘れてしまうということを自覚するんですね。
      苛立ちますが、なるべく、何度も答えるようにしています。

      嫌がるデイに行かせること、
      大変ですよね。祈るような気持ち、よくわかります。
      特に、男性は少数ですから。
      話し相手が出来れば、違ってきます。
      男性でも女性でも、気軽に話せる人が現れますように。

      あ、私は立ち食いそばでも、そそ、先日は五反田で、立ち食い寿司を食べました。
      焼きとり、大好きなので、食べたいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット