すわっ、母が!、なーんてこともなく、ただ、
ひたすら、日常が続いておりました。

偏に、アタクシの怠け心でブログを更新せずに
いました。

母は相変わらず、元気いっぱい。
食事やおやつが済むたびに、

とっても、美味しかったわ!
こんなの食べたことがないわ。

リップサービスとちゃうか?という発言を、
連発しています。


昨日は、おやつ時に母のところに着きました。

おやつは、お汁粉。
ちゃんと、お餅も入った、とは言え、米粒を
少し大きくしたような大きさで、すぐに口の
中で溶けてしまうようでした。

美味しいお汁粉よ。お餅も入って本格的だわ。


ちょうど、母の隣にいるKさんのお嬢さんが、
面会に来られていました。

今まで、すれ違いで挨拶をする程度でしたが、
昨日は、それぞれ母親の隣に座って話をする
ことが出来ました。

大森から横須賀へ通っていること、昨年の2月
に大腿骨骨折から老健(介護老人保健施設)に
厄介になり、誤嚥性肺炎で死にかけて、復活、
正式に申し込みをして、1ヶ月くらいで入所の
案内が来たこと、等々、話をしました。

母はチャチャも入れず、アタクシの話を聞いて
おりました。
そして、おもむろに申しました。

アタシはね、この娘があそこへ行け、ここへ
行けと言うのを、何も言わずに素直に従って
ますのよ。

はいはい、おっかさん、他人様との会話では、
ちゃんと、自分のアピールを忘れないんだ。


昨年の4月にこの特養(特別養護老人ホーム)を
見学に来たときは、「今までは、横須賀市民
優先でしたが、それが撤廃され、ポイント制で、
入所案内をしている。」とのことでした。

Kさんの入所のときは、横須賀在住が優先で、
半年以上、待機だったとか。

それを聞いていた母、

それぞれの運があるってことですねえ。


その後、母の居室でアタクシに言ったことは、

アタシはいつ退院出来るの?


ここが特養だってわかって会話に参加してた
たんとちゃうん?

まともな会話をしているようで、やっぱり、
わかってはいない、認知症の母でございました。

001


先日、母の着物、アタクシの着物を買い取り
業者へ持って行きました。

先に大量の着物を処分していた友人の「キロ
1,000円で、捨てるよりマシなだけ。」を、
聞いていたので、驚きはしませんでした。

でも、えっ!ということに遭遇しました。

そのお話は、是非、皆様にしておこうと思い
ました。

介護とは関係ありませんが、取り上げたいと
存じます。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. 山椒魚
    • 2017年01月27日 13:01
    • こんにちは。

      着物の処分のえっとする出来事、楽しみにしてます。

      田舎の知り合いは、高齢の親が普通に住んでいた家を5万円で買いたたかれたといってました。200万円という話から、解体に費用がかかる、と出られて、最後は登記の手数料を差し引いたお金を手渡しされて、封筒の中身をみたら5万円。
      相手は学校に勤めてる人とかで、冬休みのうちに話をつけたいと、急かされたとか。
      田舎なので、そんな話は広がるのは、と思ったのですが、知り合いは値段がひどすぎて家族にばれたら自分が叱られるのでいえない、と言ってました。どうなるんでしょ。
      私にしゃべるって、私って口が固いのかな(笑)

      うちの親は、老人ホームを追い出されることになりそうです。体調を壊し入院し点滴が必要になりました。病院からは早くでろ、と急かされるし、いまいる老人ホームは点滴に対応してない、ということです。
      入院したときは、退院するときに行き先がないと、病院は非常に困るので、老人ホームは解約するな、と厳しくいわれて、この結果。
    • 2. はるはる
    • 2017年01月27日 13:30
    • あんず様、こんにちは。
      しばらく更新がなかったので、何かあったのかしらと心配しておりました。

      お母様との会話、普通に見えますが、やはり、最後がオチですね。そうなんですよねぇ。母もその場の会話は、普通に出来ますが、理解したり、記憶しておくことが出来ないです。

      着物の処分の出来事、私も気になります。私は、祖母の着物を業者に引き取りに来てもらった時、宝石と一緒なら引き取ると言われました。何だよ、それ、ですよね。

      今日は朝から一悶着ありました。母には杖を振り回されて叩かれ、姉には包丁を振り回されました。とんでもない家です。そのうち事件でも起きてニュースになるのではないかと…。本当は詳しく聞いてもらいたいですが、書けきれないです。あーー、もう全て捨てて海外にでも移住したいです。。。っとに。
    • 3. りん
    • 2017年01月27日 21:30
    • あんず様
      こんばんわ。
      Kさんのお嬢様とお話し出来てよかったですね。同じ状況の方とは、
      分かち合えるものが、ありますよね。
      認知症は、まとものようでまともでない、というの凄くよくわかります。

      はるはるさま
      ひと悶着大変なことでしたね。暴力とかがあるなら、精神科の出番になるのでしょうか?
      よく状況がわからないのに、ピンとはずれな意見でしたら、すみません、

      とにかく、はるはる様にお怪我がないように、祈るばかりです。
    • 4. 山椒魚
    • 2017年01月27日 21:49
    • こんばんは。あんず様

      ソーシャルワーカーと話してたら、頭がおかしくなりそうです。
      みるからにバカ。若者というか、バカもの。いわゆるFランなんでしょうかね。
      差別的ですみません。
      なんで、こんな人間に、ついの住みか探しを指示されないといけないのか。

      冷静にならなくては、いけませんよね。
      差別的な書き込みですが、少し、はっきりしてきました。
      ソーシャルワーカーとはなるべく接触しないで、これからを決めていかないと、
      死んでいく親が、かわいそうです。

      病院は、なんであんな役に立たない職種の人間をやとってるんでしょう。
      制度上、そうなってるんでしょうか。
      看護士さんを増やしていただいたほうが、よっぽどありがたいのに。
    • 5. はるはる
    • 2017年01月28日 00:57
    • 二度めの投稿です、、、すみません。
      何だか眠れなくて。

      りん様、お気遣いありがとうございます。
      色々考えて、明日(今日?)精神科に相談に行ってこようと思います。私も、さすがに身の危険を感じるので。
      訪問看護士さんにも、話を聞いてもらい、優しい言葉に涙が止まりませんでした。
      りん様も、ご主人のご両親を介護されていらっしゃるとのこと、実親でもこれだけ大変なのですから、血の繋がりがない、言いたい事も言えないお立場なら、なお御苦労が多いこととお察し致します。
      いつか、終わりがあると思って、お互い励まし合って、愚痴を言いながら、何とかやり過ごせたら良いですね。

      あんず様、すみません、お借りしました。
    • 6. 山椒魚
    • 2017年01月28日 12:09
    • あんず様。たびたびすみません。

      枯れる、とか、枯らす、いった表現を使うみたいですね。
      口からの食事が取れなくなった後、点滴で水分と少量の栄養を補給しながら、だんだん脂肪などを消費しながら、苦痛を感じない体にしていき最後を迎えるような行程を。

      うちの親とにた経過の方の例をこちらでみつけました。
      https://ansinkaigo.jp/questions/detail/12480.html
      上の相談者の方は、胃ろうかIVHか、点滴のみかで、家族と意見がもつれているそうです。

      私は点滴のみでいこうと思ってます。
      自分一人で父へ引導を渡すのが怖くて、父の親戚などに一応相談しました。
      すると、点滴すら、不自然な延命はすべきでない、と言いだす親戚がいて、まあ、いろんな考えがあるんだな、と思いました。

      父の体はまだまだジューシーで、いきなり水も摂取できないとなると、苦しいのではないかと思い、親戚は無視することにしました。リンク先の方のように、まだ、なんとなくしゃべったり表情があり、少しですが食べることもでき、まずい、うまい、といった言葉も返してきます。

      自分の気持ちを落ち着けるために、たびたびおじゃましてすみませんでした。
    • 7. りん
    • 2017年01月28日 15:27
    • あんず様
      拝借します

      はるはる様
      はるはる様も、大変な状況でありながら、メッセージありがとうございました。
      精神科相談で、何か少しでも良い情報が、あったことを強く望んでいます。
      いつ終わりが来るか、見えませんが、ここでいろいろコメントさせて頂いて、
      乗り切りたいですね、ここで、コメント書いているときは、一番落ち着きます。

      山椒魚さま
      私もまだ、多分先だと思いますが、とても参考になります、枯れていくように亡くなっていくのが、私も一番いいと思います、
      義両親の認知症がまだ発覚してすぐに姑と延命治療のことで、話あえました。
      どちらも無駄な延命治療は、しないでと言われました。
      もう、92歳と86歳、今の時点では余計なことはしないで、自然に任せたらいいと思ってます
      今回の山椒魚さまの点滴のみのご決断は、私もよいなと思います。

      人は誰でも、いつかは絶対死んでいくのですから、
      老親たちが、眠るように安らかに逝ってくれのが、一番だと思います。


    • 8. とも
    • 2017年01月29日 18:25
    • こんばんは。
      まともなようでまともでない、ここが認知症をよくわかってない人には理解してもらいづらいところですよね。親戚初なので、叔父叔母いとこたちはわかってくれず、遠回しに意見してきます。ご心配ありがとうと流すしかありません。
      アルツ父が具合が悪そうで病院に連れて行ったのに、本人が認定調査並みに頑張ってしまうので、ちゃんと見てもらえず、結局かかりつけ病院で大丈夫じゃないですか?で終わります。痛かったり苦しかったりしなければいいんですけど。
      それから会社の介護休暇規定が変わりそうです。これまでは、分けて取れなかったのですが、分けられるようになり、遠距離のケースは毎週金曜にとれたり、近距離や同居は平日時間短縮ができたりするようです。勿論給与カットありです。実際は当面その分の仕事は自分で何とかせざるを得ないでしょうが、先輩たちのお陰で制度が整ってきたんだと思います。
      私はいろんな事を平行してうまくできる能力はありません。もう限界かと思ってましたが、もう少しやってみようかともおもいました。
    • 9. もも
    • 2017年01月30日 22:14
    • あんずさん更新がなかったので、あんずさんかお母さんが何かあったのかと思っていました。
      私はネットで見つけた安心介護というところやお坊さんに家のことばばの世話のこと聞いてもらっていました。私が歯医者や病院いっただけで寂しかったよといって今までちゃんとショーツおろしておしっこできたのに、私が帰るやいなやトイレでぬぐのがうまくいかなかったからもらした
      という騒動やデーにずっと座ってるのはいややからお金をどこかに隠すということまでいろんなことがありました。3日ほど寝込みましたね。ばばもボケていて「寂しかったなーってハグしてあげました」時々してあげるんですよ。そうすると安心するみたいです。
      いいかっこしいのばばなのでおむつにおしっこはしたくないみたいですね。
      おむつですると弱ると介護士さんからばばが入院してるとき聞きましたね。
      着物も買取にもっていくといいんですね。ばばと私のはそうしよう。
      ばばの付け下げは年いって着るので洗い張りして縫い直してきたいなと思っています。
    • 10. さざ波の娘
    • 2017年01月31日 11:33
    • いつも 読み逃げばかりしている さざ波の娘です。申し訳ありません。ですが こちらに集う方々を励みにして介護の日々を送っています。
      私は母の週2回のディサービスの前日に85キロを高速道路を利用し泊まりで介護しています。ディサービスに出かける際の準備や不安のフォローの為です。で ディサービスから帰る前に帰宅します。いない間に帰宅しないと 一人になる不安感からか不穏になり 当たられるからです。私も人の子、訳の分からないいいががりや行動、ほとほと疲れ、私自身が病んでしまいそうです。
      ですが、今朝はディサービスに出かける前に不穏に…適当にあしらい、やりすごし、出掛けさせてしまいました。
      認知症、わかっているようでわからないというか 私は知らないという言葉を常套句として 介護者を責め、苦しめる。
      知らないじゃなくて 忘れているのにです。
      あんず様やここに集う皆様すべてが苦しみ、情けなさく、涙してることですよね。
      私は亡くなった父と兄に手をあわせ祈っています。迎えにくるか、どうにか次の段階に進まざる状況にしてとです。鬼ですよね。そんな自分にも嫌気がさしますが、やめられません。こんなとんでもない願いをするから
      罸としての、この日々が与えやれているんでしょうね。
      あーやだやだ!
      いつもは母の留守中に家の片付け、食事の準備など 母が困らないようにと細々としていくのですが、今日はやる気がおきません。最低限だけして 洗濯物がかわいたら帰ります。
      愚痴コメしちゃいました。ごめんなさい。
      認知症の人が病気の自覚を持ってくれて、穏やかに暮らす手伝いをしたいと思っている介護者と手をたずさえて良い最後、良い看取りの為にだけ時間を使えればいいのになんて、夢のような事を思います。
    • 11. GUCCHI
    • 2017年02月04日 23:20
    • こんにちは
      こちらには、初めてコメントさせていただきます

      私の母、2月2日に特養にはいれました

      認知が一気にひどくなり宇宙jんと会話しているようになり
      家の中がめちゃくちゃになり、私の精神状態や体力的に難しそうだと周りが判断

      1月2日にディケアからそのまま、ショートに入り、一月後、特養に入れるチャンスが回ってきました
      申し込んだときは、まだ、会話ができたのに、ほんとに辛くて。。。

      ずっとあっていません
      母はエレベータの前で私が来るのを待っているようです
      会いたいけど、会えなくて、心が痛くて。。。。
      もっと強くなって、母に会いたいです
      あんずさんのように会話がしたい

      とりとめもなく書いてしまいました
      ついうらやましくてコメントしました
      また、遊びに来ます
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット