僕は、100歳まで元気で生きていて欲しい、
と思っています。

アタクシの本音、「早う、死んじまえ~」と
大違いでございますわ。


友人宅での忘年会にお招きを頂き、そこで、
同じ区内に住む男性とお話をしました。

母が90歳で乳がんを摘出した病院のご近所と
わかりました。

そこの乳腺外科の先生が、「僕は90歳だろうが、
100歳だろうが、摘出したほうがいい場合は、
切るよ。」と言って下さって。

この夏、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、もう、
年を越せないかもと今生の別れをしたところ、
生き返ってしまって。


それを聞いたその男性は、

オフクロはうちのすぐ近所の施設に入所させ、
面倒を看ています。

施設というのは、有料老人ホーム。

働き盛りとお見受けする年齢の方。


大田区の特養への入所は500人待ちなのに。

アタクシの心の中には、ムクムクっと羨望の
気持ちが湧いて参りました。


その心情を察した友人がアタクシを励まして
くれました。

彼はね、実際に在宅介護をやったことないの。
最初、お姉様が介護をされていたんだけれど、
半年で白旗になっちゃったのよ。

まあね、男の子の母親に対する感情は、娘と
違うものだからね。


ちなみに、その男性のお母様は81歳だそうで。

20年も・・・。
それこそ、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル.
アタクシは、やっぱり、鬼娘。

008


母の居る横須賀までは、車では東京から50分
ほどで、行かれますが、ちと、遠ございます。

でも、この施設に入所出来てよかったと思って
います。

面会に行く度に、母がお隣に座っているKさんに
言っております。

この子は、アタシに会いに来るんじゃあないの。
ワンコ達に会いに来るのよ。

おっかさん、ピンポン!!



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 1. もも
    • 2016年12月29日 13:45
    • お母さんのいる施設まですごくあんずさん遠いんですね。行くたびに疲れませんか?
      昨日は祖母が11時まで寝なくて母が睡眠薬のましてようやく寝ました。
      それまで引き出しからものがあふれて大変でした。
      今日は父と祖父の仏壇の掃除をしていますがほとんど父がしてるみたいです。
      私もいろんな事情があって祖母には100歳まで生きてほしいけど、本人結構辛いみたいで
      昨日は「死にたい」ともらしていました。だったら私が先に「電車にひかれて死ぬよ」って言ったら
      若いから私の方が先行くから覚悟しいやと言っています。
      少し風邪ひくとおおげさに言う祖母で昨日からてんやわんやですね。
      また書かせてもらいますが、どうか良いお年をお過ごしください。
      車の運転気をつけてくださいね。
    • 2. りん
    • 2016年12月29日 16:57
    • あんず様
      お母様は、冗談言えるんですね(笑)

      私も遠距離介護、1年ですでに白旗状態です。自宅介護でもないのにです。
      一人暮らしなので、帰宅してからの疲労感は半端ないです。
      まだ、義両親は、二人そろって要支援1、よぼよぼしながらも、
      半ボケで二人暮らし。。施設入所も義父は、猛烈に反対。夫は積極的には、関わらず
      この、綱渡り状態がいつまで続くのだろうか?
      毎日、在宅で挌闘してらっしゃる方に比べたら、まだまだひよっこですが、
      この綱渡りの精神状態に、耐えうる力が欲しいです。

    • 3. いちろく
    • 2016年12月29日 17:23
    • あんず様
      ご無沙汰でございます。m(_ _)m。
      父方の祖母が89歳で亡くなった時、
      「もっと長生きしてほしかったのですが…」
      と、父が挨拶したのを思い出しました。
      高校生だった私は、「えっ⁉」と、驚きました。「十分長生きじゃん」と。
      四半世紀前の話です。平均寿命が延び、医療も進んだ今では、89歳なんて当たり前ですよね。
      母への想いは、娘・息子、長子・末っ子・ひとりっ子、千差万別ですね。
      何かと気忙しい年の瀬、あっという間にことしも終わりですね。
      この一年も、あんず様やコメ欄の皆様に励まされ、なんとか過ごすことが出来ました。
      有難うございますm(_ _)m。
      これからも、沢山教えてください。
      あんず様、皆々様、どうぞお体お大切に新年をお迎えください。
      喪中の方がいらしたら、失礼お許しください。m(_ _)m
      お世話になりました。これからも宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。
    • 4. レイジ
    • 2016年12月29日 18:40
    • あんず様今年ももう少しとなりました、ゆずの木はどうでしょうか?なぜか気になる人の家の木です。今度ブログに写真を出してもらえるといいですが?今日の皆さんのコメントは悲壮感が出ていますがまずは先のことを考えすぎない、日本人は悪いことを考えるように教育されていますからね。
      ペコロス課長奮戦記
      介護と自分の生活は両立できる。ペコロス課長新年のコメント
      インターネットの利用をして遠隔地からの見守りを検討してください。りん様にコメントですが、お一人は大変ですね。遠距離でしたら、ご夫婦の知り合いのご近所に、お中元、お歳暮と称して、見守りの依頼をされてはどうでしょうか。でも警備会社への依頼ではないので出来なかったからと文句は言えませんが、近況などはお話してもらえるかも、あとはインターネットを利用して、みまもるくんの導入を検討すかもです。
    • 5. もも
    • 2016年12月29日 19:12
    • ももです。あんずさん先に書いたのでびっくりさせてごめんなさいね。 
      今日は昨日の風邪のことなど忘れて、よく食べて私と遊んで笑っています。
      長生きしてねというと「長生きしてる方よ」と祖母は言い100歳こえるまでがんばってみようかなと話ます。そうそうケアマネジャーが誰かわからなかったのですが、祖母がもらってきた資料で
      ばばを今のリハビリのあるデーにさそいにきた人だったんだなとわかりました。
      祖母の友人のデーの人の話には2回離婚されていま恋人がいるだそうで。
      大変な仕事だから離婚もするのかなとばばが言ってました。
      本人には恥ずかしくて聞けないですね。私も若いとき少し結婚して離婚したから×一ですけどね。
    • 6. チョコ
    • 2016年12月29日 21:24
    • あんず様、皆様こんばんは☆
      今年も残すところ後二日*

      あんず様も私も怒涛の年でしたね。
      チームあんずの皆様もそうですね。
      私は22日から再び長崎へ来ております。
      義母はお陰様で見事に復活、先日私の伯母と従姉が面会に来てくれたのですが、見事な応対でした。
      食欲旺盛、体重も2kg以上増加しました。
      今日は「次は家に連れて帰るときにきてちょうだい」と言われました。
      帰りたい症候群真っ盛りです。
      食事意外は全介助、車椅子での移動、先月会った孫の娘に「あらぁ、こんなに大きくなって」と言ってました。認知症は確実に進行中です。
      施設にもなれて、行事にも参加したりしながら、穏やかな日々を過ごしてくれる事を祈るだけです。
      介護は続くよ…ですね
    • 7. ココ
    • 2016年12月30日 09:36
    • あんずさん、おはようございます(^-^)v
      ご無沙汰してしまいました。
      11月に義母が誤嚥性肺炎で緊急入院。一度は良くなりましたが、再度高熱が出てしまい食べられなくなり、中心静脈の点滴での栄養となりました。大夫元気になりましたが、口から食べるのはもう無理と言われました。そのためもう特養には戻れません。今の病院にも肺炎が治ったので居られなくなりました。
      療養型病院を探す事になりバタバタした年末でした。
      特養に入れたときは、これで安心、最期までここでお世話になるんだって思いましたが、結局病院、それも悲しい病院になりそうで、気持ちが暗くなっています。
      年越しが病院で義母も可哀想です。
      あんずさん、皆さん、今年も色々ありがとうございました。あんずさんのブログ、皆さんのコメントに励まされ元気をもらいました。
      どうぞ、お身体に気をつけて。
      来年が良い年になることを祈っています。ココ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット