あのぉ、お母様、パジャマのズボンを脱いで
しまわれるんですが。

お世話になった横浜の介護老人保健施設(老健)
でも、「脱ぐ」という行為は何か理由がある
のか聞かれたことがありました。

ここ横須賀の特別養護老人ホーム(特養)でも、
母はベットのなかで、パジャマのズボンを、
脱いでいるようです。

事実、母の面会に行き、パジャマの上はある
のに、ズボンがない。

もしや?と思い、掛け布団の中を探しました。
やっぱり、ありました。


パジャマが嫌ならネグリジェとか寝間着とか
でも、いいんですよ。

いえいえ、裾が足に絡まって嫌だと着ません。
認知症になって以来、ずっとですから。

在宅介護の頃は、日中でもパジャマの上着で
過ごし、ズボンは履きませんでした。
一日中、ベットのなかにいましたから。

履くときは、毎月一度のケアマネさん訪問、
週に一度の往診時と在宅マッサージを受ける
ときだけでした。

「パジャマのズボンを履かない」ことには、
アタクシは当たり前なことで、何の不思議も
感じませんでした。

なんで、ズボンを嫌がるのか・・・。


その答えをひょんなところで見つけました。

昨日の土曜日は、短大の同窓会でした。
その二次会でのこと。

クラスメイトの「サルの世話で明け暮れた」
という実話からなんでございます。

アメリカ人と結婚したお嬢さんが、二度目の
出産、だけど、双子なんだそう。

グランマとして、1ヶ月半、お嬢さんの家で、
2歳になる長男と一緒の部屋で暮らしたとの
こと。

それがね、朝早くから彼が騒ぐのよ。

洋服を着るのを嫌がり、裸でベビーベットの
サークルを掴んで、言葉にならない言葉を、
発するの、まるで、サルなのよ。

「terrible twos」、大変な2歳児だったわよ。


「魔の2歳児」「イヤイヤ期」「反抗期」と
いうそうで、洋服など締め付けられるのを、
本能的に嫌がり、裸になるとか。

その席で、アタクシ、叫んでしまいました。

うちの母もそうよ!


011

今日は一緒に帰れるのよね?

いいんや、まだ、リハビリをしてくださいと
言われているからね。

じゃあ、いつまでここに居るの?

と、聞きながら、今日もまたアタクシに言い
ました。、

アナタ、遅くなるからお帰りなさい。



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. Kazu
    • 2016年11月21日 09:10
    • おはようございます
      遅くなるからお帰りなさいと思いやってくださるのに
      不思議な行動が止まらないのですよね……
      うちの老妹は施設から「ウエストに紐を結ぶタイプのパジャマを用意してください」と言われました
      ウエストのゴムが通ってるところに綿素材のやわらかいリボンを通して代用してます
      自分もいつか人に理解できない行動をしてしまうかもしれない恐怖を感じてます(笑)
      お母様に日を開けずに会いにいらっしゃてますが、お疲れになりませんよう
      無理せず頑張ってください
    • 2. くま
    • 2016年11月21日 18:12
    • あんず様 お疲れの日々 無理なさいませんように
       昨日 今日のお疲れじゃないですものね  でもお母様に面会に行くことで きっと早く元気になられますよ お二人とも
       最近つくづく あんず様がお一人で頑張ってこられたことの大変さ 身に染みています
       ああこんな時  その手続き あの届 いろんな雑務をこなしながら 介護は休めず
       自分の病院など後回し・・・明日くま母転院(リハビリへ) 病院の支払い 荷物のまとめ 
      くま母を車に乗せる・・・これで ボロ雑巾1枚 ついで転院先での手続き 荷物の整理
       入院にあたっての診察 もろもろ・・・ハイボロ雑巾2枚目
       きっとね 不足するものがあると思うから それを買いに走り届る ボロ雑巾3枚
      と ぐちぐち言ってもしょうがねえ   退院後のほうがもっと恐怖だぜ! 
                         どんよりまっくすぼろくま
          皆様 はぐ よし なで  まっくすで送るね~

      楽ちゃん チコちゃん  元気かな? 寒くなったから風邪ひかないでね 
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット