昨日の水曜日、関東はお天気でございました。

介護老人保健施設(老健)に居る母に面会して
参りました。

カラッとした空気で暖かく、早速施設の外に
連れ出しました。

アタシね、ここに閉じ込められているしょ。
外なんか、行ったことないのよ。

ウソこけ~。
お天気のいい日には、入所者さんを順番に、
お散歩へ連れ出してるよ。

さっきも、玄関で顔なじみさんとすれ違った
やん。

この老健は、小高い丘の上に建っているので、
眼下に栗林と畑が、目の前にいつもの竹林が
見えます。

竹林の緑がきれいねえ。
春になったら、筍が美味しいでしょうねえ。

こりゃ、いつもの会話やんか。

ママ、ほら、ママの旧姓にもある栗の木が、
いっぱいや。

あら、ほんと。
じゃあ、今度、栗ご飯が出るかもね。

どうも、話が食べることばかり。
それが、現在の母が健康であることなので、
そうやねと言っておきました。

多摩プラーザ駅前で買ったプリンを渡すと、
すでに、おやつを食べているのですが、

あら、アタシ、何も食べていないのよ。
よかった!

「美しが丘プリン」という小ぶりな器のもの
でしたので、完食しました。

すると、眼下の栗を見て、

あれは、何なの?

何を話したかは、忘れてしまうので仕方ない
ですが。


その帰り、玄関前にデイサービスの送迎車の
ボディの横に書かれた文字を母が読み上げて
しまいました。

○○の丘、介護老人施設だって。

あちゃー。これはアカン・・・。
不機嫌になるかもと思いました。

しかし、母は口に出して言うだけ、何の反応
もなくて、アタクシはホッ・・・。


三階に上がって、共有ルームに母を置いて、

じゃあね、また、明日来るから。

ウソをついてしまいました。

アタシを部屋に連れて行ってからにしてよ。


えっ?!一緒に帰るではなく、部屋に連れて
行け?。

お部屋より、ここだと皆さんとおしゃべりが
出来るやん。

アタクシは、言い切り、しかめっ面の母を、
そのままにして、帰りました。


駅に向かうバスの中で、アタクシは、やはり、
決心した通り実行しようと思いました。

「実行すること」、次回のお話にします。

013

母のところに長袖の下着を持っていきました。

スタッフさんに、ズボン下が必要かどうか、
聞きましたところ、履かれる方もいますとの
こと。

ところで、みっちゃんさん、朝方になると、
パジャマのズボンを履いておられないんです。

あー、母はパジャマのズボンが嫌いなんです。

それでなんですね。よかった、症状の一つで
なくて。

すみません。お騒がせします。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. はるる♪
    • 2016年10月13日 23:46
    • あんず様、こんばんは。

      あんずさんの文章からは穏やかな空気が流れているようで
      ホッとして嬉しく思います。

      うちの母の「立てない・・・」
      もぼちぼち1ヶ月になろうとしているのに
      痛みが引きません。

      骨折の初期ではレントゲンに映らない場合もあるとのことで
      再度、レントゲンとCTを受けてきました。

      多分、小さな骨折(ヒビ)があり手術になるかもしれません・・・

      確定診断は月曜日の診察まで待たなければなりませんが。

      ほぼ立てない、歩けない母を抱えて
      ベッド、車椅子、トイレ、シャワーと
      やっていて腰もそろそろ悲鳴を上げておりまして
      これが続くならなんか手を打たねばと
      思っていたところです。

      入ったら入ったで、またせん妄が起きたり
      毎日長時間付き添えと言うので
      どちらが楽かは判りませんが・・・

      また、報告しますね。
    • 2. とも
    • 2016年10月14日 08:37
    • あんず様おはようございます。
      うちの母はトイレに連れていって、です。
      重い気持ちで母を老健から特養に移しました。特に抵抗もなく、どんなところなの?と聞いてくるので、人気があってなかなか入れない所だよ、と答えながら泣きそうでした。
      ところが、特養についたとたんあたたかく迎えてもらい安心したのか、娘はキツいことばかりいうのですが、私は歩けませんのでよろしくお願いいたします。早速ですがトイレどこですか、連れていって下さい。でした。トイレ自立だろうが!車イス足こぎが苦手な母は練習する気もなく、世話してくれるお気に入りを見つけはじめました。大丈夫そうです。確かにリハビリ次第で歩けるようになると思い、いやがる母に強要しました。やはり歩いてほしかったから。母も歩きたいといってました。でも世話してもらえれば満足なら
      もうあきらめようかな。特養のケアマネが下手に歩こうとして転倒するなら車イスを使いこなすほうが現状維持できるという考え方もありますよ、と言ってくれてそうかもしれないと思いました。
      まずは気の重い仕事をひとつ終えたような気がする今日です。
    • 3. ニャンコ
    • 2016年10月14日 17:55
    • あんず様
      今回は「連れて帰って」
      じゃなかったのですね。
      施設に居ることに慣れてこられたようですね。
      さて 愚痴らせて下さい。
      ニャン母に最近は「チョコレート5,6個 キャラメル3個 黒飴3個」ぐらい入れた小袋を
      用意して朝置いておくのですが、昼にはもう袋が空っぽしかもその小袋をゴミ箱に捨てています。袋が空っぽになったら又使うから捨てないでねと言ってるのに。
      母は私に言います。
      「つまむ物が何も無いわ」
      と。
      「無いわじゃなくてお母さん朝に置いておいたものもう全部食べてしまったじゃないの」
      と言ったら
      「あら 私そんなに食べてないよ」
      といつもこうです。
      でもたまに自覚したとき(5回に1回ぐらい思い出す)に
      「私にとってはたばこみたいなものよ」
      と。言ってくれるじゃありませんか。
      一日中家に引きこもらせていてはいけないと思い
      断られつつも毎日散歩に誘っています。
      今日は出てくれました。先週も1回だけ。
      その度に 足や腰が痛いらしくそれをかばいながら歩くので
      つま先まで痛いそうで いつもブツブツ言いながら歩いています。
      「こんなの今日が初めて」
      と毎回言っています。結局いつも100メートルほどしか歩かずに帰って来ます。
      家に籠もらせていてはいけないと思うと毎日こちらの気持ちがしんどくなっって
      しまいます。デイに行ってくれる人ならいいのですがこれは絶対拒否ですし
      毎回朝迎えに来てもらう事に耐えられるタイプの人ではないことが
      私にはわかるのでどうしようもありません。気持ちがどんよりのニャンコです。
    • 4. ニャンコ
    • 2016年10月14日 23:57
    • 追伸です。
      あんずさんは一時期武庫之荘に住んでいたのですね。
      私は西宮で生まれ6歳から22歳まで阪神の武庫川に住んでいました。
      同じ尼崎市にいた時期があったわけですね。空気の良いときには武庫川から
      六甲山や甲山がきれいに見えました。
    • 5. はるる♪
    • 2016年10月15日 08:29
    • 私も追伸です

      あんずさん、ニャンコさん
      私も7〜8歳の2年間ほど、園田に住んで塚口まで通学していました。
      どこかですれ違ってるかも?

      私の子供の頃の中で、一番普通の生活をした2年間でした。
    • 6. あんず
    • 2016年10月23日 02:53
    • はるる♪様、こんばんは。
      コメントのお返しが遅くなってしまいました。

      ブログにお邪魔して、入院されたことがわかりました。
      多分、うちの母と同じだから、毎日夕食後の薬を飲むまで、
      いないと機嫌が悪くなる・・・。
      ということで、毎日、病院へ通っておられると思います。

      >ベッド、車椅子、トイレ、シャワーと
      私はこれらが出来ないと全面降伏してしまいました。
      それをずっと、一人でやってきておられた、
      辛かったでしょう。
      でも、これからが肝心。
      車椅子生活の方をたった一人で介護するのは、無理です。
      ソーシャルワーカーさんとケアマネさんと相談して
      お母様より、はるる♪様のことを第一に考えて
      計画してください。

      追伸、
      園田から塚口へ通学していた・・・・。
      阪急電車のなかですれ違っていたかもですね。
    • 7. あんず
    • 2016年10月23日 13:19
    • とも様、こんにちは。
      コメントをお返しするのが、遅れてごめんなさい。
      そそ、トイレへの回数は、凄いものがありました。
      トイレットペーパーのカタカタという音に、水の流れる音。
      30分おきのトイレに、諭吉様がヒラヒラと・・・
      とも様のコメントを読んでいて、とも母様と母とは全く同じだと思いました。
      老健に入所したときは、「歩けるわよ!」と大声で訴えていました。
      肺炎で入院する前は、歩行器を使って歩けるようになっていました。
      しかし、今は、車椅子で、スタッフさんにお任せをするように。
      確かに、もう、練習する気はさらさらありません。
      老健のスタッフさんも、なまじ、立ち上がろうとせず、
      また、トイレも一部介助のほうが転倒しませんからとおっしゃっていました。
      特養に入所となると、環境が変わって、また、
      肺炎になるかもとヒヤヒヤです。
      でも、考えて仕方ない。
      なるようにしかならない、ですね。
    • 8. あんず
    • 2016年10月23日 13:35
    • ニャンコ様、こんにちは。
      コメントをお返しするのが、遅れています。ごめんなさい。

      ニャンコ様はとてもお優しい。
      ニャン母様が引き込んだままだと、健康に悪いと、
      外に連れ出そうとされている。
      いやいや、私は、母から外へ行きたくないと言われてから、
      連れ出すことをやめてしまいました。
      ニャンコ様は、ニャン母様が「つまらない」とおっしゃるからでしょう。
      それを聞きたくないですよね。

      今度、車椅子を介護保険で借りて、外へ乗せて
      連れ出す。歩きたいとおっしゃれば、そのときは歩く。
      外気に触れるだけでも、違うのでは。
      もう、動くのが面倒なんですよね。

      袋を捨ててしまわれるなら、簡単な箱に入れてみては?
      そこに、破いた袋も入れて貰う。
      新しく入れるときに、ニャン母様の目の前で、それ広げ、
      食べてるよー、をアピールするとか。
      まだまだ、先は長いです。
      ストレスが溜まらないようにするには、先取り的に
      考えていくほかないですよね。

      阪神の武庫川!!
      懐かしいです。
      父が亡くなる3ヶ月間、兵庫医大に入院していました。
      私は仁川に住んでいたので、甲山は小学校の遠足でした。
      今でも、新大阪に着くと、甲山から六甲山の山並みをみて、
      ああ、帰ってきたという気持ちというか、
      山が見える安心感を持ちます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット