自力歩行が難しいお母様を、在宅介護されて
いる介護友のファーマーk様からの気になる
コメントからです。


最近思うのですが、地震がよく色んな場所で
揺れています。
もし、大きな地震が起きたら、歩けない母を
見殺しにしてしまうことに。
それこそ、後悔を思うのです。
でも、母を助けていたら自分も家の下敷きに
なってしまう。あー難しいですね。
どうしたら良いのでしょうね。


さいざんす。
アタクシも、在宅介護のときは、それが不安
でした。

とにかく、一番に頭に物が当たらないように
することだと思い、ベットの頭の上に大きな
クッションを置いてはいました。

我が家は木造住宅ですから、二階部分が落ち、
一階部分は崩れてしまうでしょう。

その前に、殆ど歩けない母をどうやって外へ
連れ出そうかと考えると、ファーマーk様と、
同じ思いでした。

以前、ベット周りだけの耐震が出来るという
ニュースを見たことを思い出しました。

そこで、ネットで調べてみました。

耐震ベットシェルターとは、








東京都耐震ポータルサイトに、家全体の耐震
工事、一部屋のみ、耐震ベットシェルターと
それぞれ記載されていました。




それぞれの自治体で、耐震についてのHPが、
あるようです。


母は有難いことに鉄筋コンクリートの施設に
おりますし、そこは、丘の上で水害の心配も
なし。

すわ、地震!となれば、今は、愛犬の骨壺を
抱えて、身、一つで飛び出せばいいだけ。


015


在宅介護をやっていて、来る南海トラフ地震
に備え、耐震ベットシェルターを取り付ける
と母に言ったとします。

ポジショニングバーを取り付けたときにも、
こんな鬱陶しいものをと言った母。

ベットを囲うシェルターに、反対余計なことを
と言うでしょうね。

だって、母はスタコラと歩けると思い込んで
おりましたから。



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (13)

    • 1. ファーマーk
    • 2016年09月30日 08:36
    • あんず様おはようございます。地震の件ありがとうございます。色々と耐震のものあるのですね。工事うーんお金がかかるなー。けど命のためなら止む無しだろうけど、載せて頂いてる防災ベッド枠っていうのがいいですね。これは介護保険きくのかな、レンタルとかあるのかな。母が寝てる部屋は、一階畳部屋、母のベッドの左右に嫁入りダンスが鎮座しており、大きな揺れが来ると両方から重いタンスが倒れてきます。あちゃー。私、地震の経験がないのです、運良くという言い方適切じゃないですが、阪神大震災の時は九州に転勤で、テレビで阪神高速の神戸線がぶっ倒れてる映像に唖然としていましたし、朝起きて関西の親に電話するも通じずとても心配したのを覚えています。姉も、横浜で東北の震災にあって、免震のビルにいましたが結構免震であるが故の揺れにもう死ぬと思ったと言います。なので私はその経験が無く、ほんと死ぬまでに経験しそうに思い恐れています。母と一緒に諸共圧死だけは避けたいです。今母はステイ中で、一軒家の家ですが今度そちらのデイサービスにもどうするか尋ねてみようと思います。
    • 2. はるる♪
    • 2016年09月30日 12:27
    • あんず様、皆さまこんにちは。

      地震の時のお母様の事を心配なさるブログを読んで
      皆さんお優しいなぁと、心から思いました。

      母は常日頃から、もういつ死んでもいいみたいなことを言うくせに
      「なんかあったら○○先生のとこに入院させてもらえるかな」とか
      家の耐震とか、避難グッズとか気にします。

      私は、もういいやん。
      あかんかったらあかんでも。と、口には出しませんが
      思っています。

      本物の鬼娘です。

      もう、離れたいです、心底。
    • 3. chichikaigo
    • 2016年09月30日 12:36
    • こんにちは、お疲れ様です。
      親は、食事完食、相変わらず、穏やか⁇に過ごしています。
      特老は、洗濯物、着替えの心配もいりません、
      仕事帰りに半時間ほど居て、晩御飯を食べさせて、
      帰る今が、もしかしたら私にも穏やかな日々なのかも?テレビのニュースなどに今更ながら議員、公務員のお粗末な仕事ぶりに、いい訳のオンパレード、
      国家予算も御構い無しの無駄遣い体質。助成金も辞めて、議員数も削減したら、年金、介護、いろんなところに流用できるのではと!
    • 4. とも
    • 2016年09月30日 17:00
    • あんず様こんにちは
      来てしまいました。特養の順番が。
      せっかく老健に馴れて穏やかになつてきたのにまた一から。まだ会話ができてある程度のことはわかるのにかわいそうなのでは?でも、返事は早めにほしいといわれてお願いいたします、と答えました。本当に順番じゃないのですね。言い訳はいろいろあるけど、同居できなくてみんなみたいにお世話できなくてごめんね。今日はダメみたいです。
    • 5. はるはる
    • 2016年09月30日 20:43
    • あんず様、こんばんは。
      今日もお疲れ様でした。

      地震ですか。。。
      私も、はるる♪様と同じ、もういいじゃない…その時はその時で…と思ってしまう、本物の鬼娘です。きっと自分だけ逃げているでしょうね。
      皆様、本当にお優しいんですね。

      いつから、こんな冷淡な人間になってしまったのでしょう…。毎日毎日、母の為にあれこれやってあげても、覚えていない、それどころか気に入らないと文句を言われ、罵声を浴びせられる。父や鬱姉のサポートもしなくてはいけない。売れない不動産も、何とかしなければいけない。そんな生活に、疲れ果ててしまい、きっと、考え方も段々ひねくれてしまったのかもしれません。。。
      周りに介護をしている友達もおらず、何で、こんな目に…と思う日々です。

      ここに寄って、あんず様をはじめ、皆様のコメントを読みながら、元気をもらっています。それぞれ、立ち位置は違うけれど、とても参考になります。
      ニャンコ様のチョコレートコメントを読んで、急に自分が食べたくなり、買ってきてしまいました。疲れた時は、甘いものですね!
    • 6. ファーマーk
    • 2016年09月30日 21:03
    • 2度目です。はるる様こんばんは。私も、母にはもうお母さんいつ死んでもそんな後悔ないでしょと言うと、母ももうあんたに迷惑かけたくないからはようあの世行きたいわと言います。けれどちがう日には、死ぬのえーけど、死ぬ時が怖いとか、苦しい死に方したくないと言います。そう言うと、地震だと怖い思いして死んでいくだろーなとか、タンスが倒れた後の母の姿みたら後悔するかなとか想像するのです。父は一瞬で心筋梗塞で亡くなり、その時も後悔はありました。あの時病院に連れて行ってたらとか。小林麻央さんと同じです。本当皆さん言われることですが、死んでから後悔される事多いです。
    • 7. ファーマーk
    • 2016年09月30日 21:15
    • 先日、レイジ様が植物の話のお題と言われたので、今からイチゴはどうですか。私は今年植えたイチゴから伸びたツルについた苗をプランターに植えて来年のイチゴに備えてます。土は酸性の土がいいようです。でもホームセンターでイチゴの土が売ってますからその方が良いと思います。あんず様アボガドはどうですか。
    • 8. あんず
    • 2016年10月01日 00:06
    • ファーマーk様、こんばんは。もしも、骨折がなければ、在宅を続けていたわけで。87歳の誤嚥性肺炎で入院した際、一階のリビングを母の部屋にしようと、食器棚、ピアノなど、大型の家具は処分しました。阪神大震災のときは、ピアノが飛んできたと友人が言ってました。倒れる家具はなくなったものの、木造の家ですから、上から、落ちてぺしゃんこになるはず。調べると、助成金が出る自治体があります。地元の市のHPで探してみてくださいませ。どこの自治体か忘れましたが、「自力歩行の出来ない家族」が入る場合という条件をつけたところがありました。殆どが年収を問題にしていますが、年収よりも、歩けるか歩けないか、が問題だろーが!と思いました。ファーマーk様はラッキーでしたね。週末もお母様はステイ中ですか?ならば、ゆっくりお休みください。
    • 9. あんず
    • 2016年10月01日 00:15
    • はるる♪様、こんばんは。

      そそ、母も「死にたいのよ。」と言いつつ、
      家の耐震のこと、リュックに着る物を入れておきたいなど、
      言ってましたよ。

      我が家は、木造で、昭和50年代の家。
      ほんまにアカンときはアカン間違いなしの家です。

      母は自分は歩けるから、地震のときは逃げられると
      言っていました。
      なんで、正確に自分の身体を把握しないのだろうと思いました。
      一人で逃げられるかどうかなのに。

      歩けなければ、圧死間違いなし。

      母の為に自分も圧死するわけにはいきません。
      (今は、施設だからいいですが)
      自由になりたいためには、後悔しないことも必要ですもの。

      はるる♪様は、鬼娘ではありませんよ。
      お母様が希望されるとおり、在宅で看ておられる。

      離れたい思いは、同じです。施設に居てもそう思います。
    • 10. あんず
    • 2016年10月01日 00:40
    • chichikaigo様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      仕事帰りに寄ることが出来るのいいですね。
      週二回だともう少し行くべきかなと思ってしまいます。
      お父様の状態も安定していて、確かに今が一番穏やかですね。
      母達はいいけれど、私達の老後はどうなるのでしょうね。
      年金もだんだんと先送りになるし、じゃあ、働けるかというと、
      働き口がない。
      政治が悪い!!と叫びたいです。
    • 11. あんず
    • 2016年10月01日 00:44
    • とも様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      特養の順番がきましたか・・・。
      >せっかく老健に馴れて穏やかになつてきたのにまた一から。
      まだ会話ができてある程度のことはわかるのにかわいそうなのでは?
      私も同じ想いです。
      環境が変わることを避けたいけれど・・・。
      私の今の切なる願いは、認知症が進行して欲しいです。
      「あなた様どちら様?」というようになってくれれば、
      特養へ入所させることもそんなに苦にならないと思うのです。
    • 12. あんず
    • 2016年10月01日 00:55
    • はるはる様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      たぶん、はるはる様もいざと言うときは、自分だけ逃げないと思います。
      地震のときの対処を考えるのは、自責の念を持ちたくないからです。
      ファーマーk様と同じような気持ちです。
      冷淡でもなんでもありません。
      介護をする者の正直な気持ちです。
      認知症とわかっていても、罵詈雑言を言い放つ母をみたくないし、
      忘れてしまう母にがっくりきますしね。
      ひねくれて、当たりまえ。ひねくれない方が、普通ではないですよ。
      はるはる様は、よくやってます。
      全部をやろうとしないで、出来ることだけ、目の前のことだけ、
      今は、お互い、やっていきましょう。

      私もチョコレートは大好きです。キットカット、大好き!
    • 13. あんず
    • 2016年10月01日 00:59
    • ファーマーk様、再び、こんばんは。
      私も、はるはる様にコメントされた通り、母が死んだあとで後悔するのは嫌です。だって、やっと自分自身の人生になるんですから。出来るだけ、母の為にではなく、自分の為にやっておこうと思うのです。アボカドは、一応、芽が出て葉も出たのですが、枯れてしまいました。私はほんと、植物を育てるのがヘタです・・・
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット