母を介護老人保健施設(老健)にお願いした
今でも、入所させる理由はなんだったんだと
ずっと、考え続けています。

在宅介護をしようと思えば出来たのに施設へ
入所させた言い訳を一生懸命に探しているの
です。

一番大きな理由は、歩行が出来なくなって、
自力でトレイへ行かれなくなったこと。

大腿骨骨折の入院中の弄便を経験し、こんな
介護はやりたくないと思ったこと。

母はアタクシが介護をしているという感覚は
なかったと存じます。


だから、施設に面会に行くと必ず言うことは、

アタシはただ、寝ているだけだから、アナタ、
好きなことをやって頂戴。

おっかさん、ただ、寝ているだけとはちゃい
ますねんで。

自分でなんでも出来るというプライドは健全
ですものね。

大腿骨骨折して入院したのが、施設を考える
きっかけでした。


亡くなった上の義姉のお母様は、一人暮らし
でした。

子供は男3人と義姉の4人いました。
男の子は、海外在住だったり、遠方だったり
誰とも同居せずでした。

しかし、認知症初期の症状が現れ、物盗られ
妄想で、ひっきりなしに義姉のところに電話
が入るようになりました。

そのうち、風邪を引いて病院へ行くも行った
ことを忘れて、何軒も医者に罹るようになり
ました。

昨日、見えられたと断られると、違う病院へ
行ってしまったようです。

結局、薬を貰ったけれど、どれをどのように
飲むかがわからず、あれもこれもと飲んで、
救急車を呼ぶことに。

これが、きかっけで、子供達が集まり、施設
入所となったようです。

認知症の初期だと、「施設」ということを、
明確に理解出来る状態です。


認知症中期の母ですら、退院後、そのまま、
今の老健に入所した際、介護老人介護施設と
いう看板を読んで、目を吊り上げました。

アンタ達、アタシを騙したわね!!

この言葉、アタクシの中から一生消えること
はありません。


義姉のお母様は、一人暮らしが出来るのに、
なんで、施設に入らなければならないのと、
面会に行っていた義姉を、しばらく、詰って
いたことでしょう。


施設に入所して、15年。
義姉が亡くなったことも理解できないまま、
最後は、認知症後期の老衰で亡くなりました。


ここは施設だと本人がわかる間に入所すると
いいと聞いたことがあります。

そうやろか・・・。

今、元気ハツラツである母には、アタクシが
介護(というより同居)を放棄したことを、
完全に理解しています。

義姉が生きていたら、愚痴を聞いてくれたと
思います。

001

※ ズボンのポッケに入っていました。
郷土料理して、配膳されたのですね。

母が認知症の初期の頃、兄のマンションに、
義姉のお母様が同居していると、思い込んで
おりました。

ところが、中期になって言い出すようになり
ました。


○郎(兄の名前)は、お義母様を、なんで、
引き取ってあげなかったのかしら。

・・・・・・・!?



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. レイジ
    • 2016年09月12日 22:04
    • あんず様 今日もお悩みですね、お母様がお品書きをポケットに入れたのは、修学旅行で箸袋を取っておく気分かもしれませんね。昭和生まれのさがでしょうか、若いころの記憶の残りでしょうか。でも、よく考えると何方にしてもかわいい行動ですよ、誰かに見せようとしたのか、旅行気分かは、分かりませんが。そういえば、お母様は、塗り絵がお上手でしたが今の施設ではないのでしょうか。
      ペコロス課長奮戦記 まずは使ってみては、使わなくても固定資産税。
      介護のほかに皆様のお悩みは、固定資産の様ですね、かる~い気持ちで使うことを考えてみてはどうでしょうか、土地のある人は菜園、遠くの土地の場合は、果樹園なんかもよさそうです、家付きの人は、別荘代わりにしてはいかがですか、ともかく人が付かない土地は売るにも、貸すにも時間がかかるようです、まずは利用をご検討ください。改築をご検討されたらチョット良いアイディアがあります、本当に大したことではないですが。
    • 2. ぴろちん
    • 2016年09月13日 09:54
    • あんず様
      おはようございます。うちは初めてこちらにコメントしてすぐに
      老健から連絡があり、8月1日に入所出来ました。
      入所申し込み理由は、私が義母に手を上げそうになったから。
      私の気持ちが折れたからです。
      入所から1か月。本日施設にてカンファレンスがあります。
      3か月は居られるにしても次(特養)すんなり入れるかどうか?
      義母本人はやや認知症なので、家に戻れないことに不満をいだいているでしょう。
      入所出来たとはいえ次々と越えなければならないことが多いです。
      せめて折角手に入れた時間を自分の為に使おうと思いますが、
      中々出来ません。
      長年の介護のせいで老人が嫌いになりました。
      お婆ちゃん子だったのに自分でもびっくり。
      長生き?誤飲、転倒に注意?糞くらえです。
      私も👹です。
      せめて介護する気持ちがあるうちに、あの世へ逝って
      くれてたらこんな気持ちにならなかったのに…
      義母の介護でダンナ・義妹がノータッチと前に書きましたが
      周りの人に家での介護を話すと、口をそろえて
      「ダンナが悪い」と言われました。それまで私は、まず悪意をもった自分を責め、
      次に義母にあたりそうになりました。ちょつと前の私は、協力しないダンナが原因とは思わなかったのです。
      今は誰が悪いのかを認識したので、自分と義母を責めない事にしました。
    • 3. ニャンコ
    • 2016年09月13日 17:58
    • あんず様

      >在宅介護をしようと思えば出来たのに施設へ
      入所させた言い訳を一生懸命に探しているの
      です。

      在宅は無理ですよ。自分を責めないで。
      やっぱり あんずさんは鬼娘ではありませんね。
      認知症で車いすのお母さんを24時間お一人で見るのは不可能です。
    • 4. はるはる
    • 2016年09月13日 20:41
    • あんず様

      これで良かったのかと、悩まれていらっしゃるのですね。
      施設に預ければ預けるで、また違った思いが湧き上がるんですね。

      私が、この先、両親を施設に預けることがあるならば、それは自力でトイレに行けなくなった時です。あんず様と同じ考えです。あくまで、私の意見ですが、一人で24時間見守るのは、無理ですし、そこに良い空気は生まれないと思います。介護する側が倒れてしまいます。
      頻繁に、施設に出向いていらっしゃるのですから、充分役目は果たされていると思いますよ。
    • 5. 広美
    • 2016年09月13日 22:25
    • あんず様、みなさまこんばんは。
      どんな状況で親を施設に預けても、後悔は残るものなのでしょう。

      あんず様、お借りします。
      はるはる様、『私が、この先、両親を施設に預けることがあるならば、それは自力でトイレに行けなくなった時です。あんず様と同じ考えです。あくまで、私の意見ですが、一人で24時間見守るのは、無理ですし、そこに良い空気は生まれないと思います。介護する側が倒れてしまいます。』とおっしゃってます。
      私も母をひとりで24時間介護、6ヶ月経ちました。 嫌な事も沢山有ったしくじけそうにもなりました、でも私しかいないんです。
      他の方もおっしゃってますが、施設に預けるには先立つものが無いと話にならない、だから自分でやるしかない。
      預けられる人は預ければ良い、でも在宅介護してる人を決めつけて否定しないでほしいです。
      24時間見守った結果、悪い空気が発生するかどうかはその人次第、介護する側が倒れない方法も有る。
      在宅介護しか術がない人も沢山いるはずです。

      あんず様、お借りしましたありがとうございます。
    • 6. チョコ
    • 2016年09月13日 23:27
    • あんず様、皆様こんばんは*
      昨日、義母は特養に入所致しました。
      実は、4、5日前から義母の様子が今までと違う様になりました。
      夜中に1時間ごとトイレに行っていたのに、起こされるまで寝ているようです。
      テッシユをムシャムシャ食べてたそうです。
      一昨日から、熱があがったり、下がったり
      食欲もなく、カルピスだけは美味しいと飲んでくれました。
      リハビリ病院を退院してからの1ヶ月半、義母には無理をさせてしまったと後悔したり、
      リハビリ病院に入院しないで、老健に入所した方が良かったのではと思ってみたりと色々
      考えてしまいます。
      只、義母が故郷に帰った事はわかってて、喜んでくれている事だけが救いです。
      義母の介護の為、仕事を辞め収入も減りました。義母の年金があるとはいえ、主人の実家の維持費、医療費、施設代等、決して楽ではありません。
      施設に入所させても、決して義母の事にノータッチ出来る訳でもなく、いつも気になってしまいます。
      明日は、私も検査です。肝臓の数値が悪いようです。
      それぞれの家庭にそれぞれの事情があり、それぞれの介護の形がありますね。
      介護をされてる皆様はどなたも、一生懸命されてる。素晴らしいと思います。
      このブロクで皆様のコメントが私の支えになっています。
      あんず様、いつもあたたかいお返事ありがとうございます*

    • 7. 楽
    • 2016年09月14日 00:14
    • あんず様☆こんばんは☆ 施設入所のタイミングは難しい… きっとまた人それぞれなんだと思います。それは経済的な事もあるけれど、親との関係やどんなふうに育てられたか…にもよると思います。 介護している一人一人みんな精一杯やってるんだと思う… たぶん介護に正解なんかないんじゃないのかなぁ… そして予定通りにいかないのも、介護の辛いところ…少しだけ行き当たりばったり介護ってのもいーのかなぁと思います。 北国はすっかり秋です♪ 涼しい風を皆様に送ります♪
    • 8. ファーマーk
    • 2016年09月14日 01:44
    • あんず様今晩は。色々と思ってしまうけど、もうお母様の事は判断され舵を切られたのですからもう前を向いてお母様の辛辣な言葉も受け入れスルーして感情抜き理性的に判断されていかれたら良いのではないでしょうか。偉そーーにすみません。もう充分されてこられたのですからこれからはあんず様の後悔の無い人生を歩まれる事が本当のお母様の願いだと思います。親はいつまでも子供が幸せになって欲しいと思っている筈です。うちの母が私に昔に言ってた事ですが、お母さんがボケたらもう老人ホームに入れたらえーやん、呆けてたらわからんやんと言ってました。母の本当の気持ちは子供に迷惑かけたく無いのだと思います。今、母がお泊まり3日も嫌やわと言うのは昔言ってた事とちゃうやんと思いますが、それは認知症のなせる業でしょうね。
    • 9. とも
    • 2016年09月14日 08:41
    • あんず様
      ウチの母は私には、いつまで?と聞きながらも当分ここでお世話になる方がいいよね?というようになりました。ホッとすると同時に切なくもなります。
      そのかわり、面会に来てくれる70歳近い叔母に、一緒に暮らしたいというそうです。認知症を理解してない叔母は暫く預かると言ってきます。私には効果ないとわかって、取りつく相手を叔母にしたであろう母の狡猾さが怖い。それで母の心はどうなのかといえば、どちらもなのかと思います。
      預けて良かったと思う気持ちと、本当に?という気持ちの私と同じなのかな。
      私はこれで良かったと思える材料を探し続けるのかもしれません。
    • 10. うちわ
    • 2016年09月14日 08:56
    • あんず様みな様お早うございます.
      ハハをホームにいれた訳、、、、
      あんずさまの場合、丁度その時期だったのでしょう、骨折がなかったら今でも家ですったもんだしてたかも、体調も崩していたかもしれません。
      うちわ家の場合、ひろちゃんさまの処と似ています。
      私は、嫁の維持でもって最後まで看取ろうと、、、
      ですが、夫は全く持って手を貸さずと言うより、仕事に逃げてるように思えてきたこと。
      今日はどんな様子だった?と聞いてくれるうちはよかったのですが、ハハの状態も進行してくると、悪口でも言ってるような感じがして、夫も相づちさえしなくなり、嫌な顔をするようになってきて、、、
      ハハを頼むとも世話になるとも一言もなし、嫁が看るのが当たり前ともとれる態度、当然夫婦間もぎこちなくなって、、、
      また弟二人も長男の嫁が看るものと思っているのでしょうね、我関せずでもちろん義姉さんお世話になりますの一言も聞けず・・・
      未だ以って聞いていませんが・・・まあこれは親子だなと実感してますけれども(ヒニク?)
      ハハも手がかかるようになり夜も眠れなくなる、デイに送り出し仕事に出る、そんな一人何役も無理ですよね。
      とうとう精神的に追い詰められて、ハハの意味不明の叫び声を聞いた時、ドキドキ感が治まらず涙が溢れてきて、なんで私だけ?と同時に体中が痛くなり、もうムリだと悟りました。
      結果、見学してあったホームに問い合わせたら、即入居可能でしたので入所。
      現在、平均5日おきに面会に行き、時に昼休み時に行って食事させたりする私。
      もういいかなと思いつつも行かないと心配ですし、行く時は心拍数あがるし、いったいなんなのでしょうね。
      結局、家族としての責任?情?なのでしょう。
      でも、施設入所に対して後悔はありません、三十数年間同居してきたのですもの。
      これがもし実母だったらどんなだったろうと、兄夫婦がマメな人だからお任せだったかも・・・
    • 11. はるはる
    • 2016年09月14日 09:32
    • 私の発言が、皆様を不愉快にさせたようで、お許し下さい。
      ただ、私も、両親、うつ状態の姉の三人を一人で看ている者です。預貯金もなく、両親のわずかな年金しかありません。
      最近は、父の入院の看病も加わり、疲れていたのかもしれません。発言には、気をつけます…。
    • 12. あんず
    • 2016年09月14日 13:50
    • ペコロス課長レイジ様、こんにちは。
      母は昔から、お品書きやら、お花屋さんからついてくる
      なんちゃらカードのようなもので、取っておく人です。
      先日、電話台の引き出しにいっぱい入っていました。
      塗り絵とか、認知症のトレーニングをスタッフさんが、勧めると、
      「バカにして!」と機嫌が悪くなるそうです。
      だんだんと、何かに取り組もうとする意欲がなくなりつつありますね。
      固定資産税の問題は、地方自治体も考えて欲しいものです。
      土地を物納するというと、受け取らないというし、じゃあ、
      固定資産税の差し押さえとしてと言うと、給与とか、他の金目のものを
      差し押さえる。土地の問題は司法書士に聞いてみようと思っています。
    • 13. あんず
    • 2016年09月14日 13:57
    • ぴろちん様、こんにちは。
      お疲れ様でございます。
      老健へ入所が決まってホッとされたことでしょう。
      私は特養の申込みをして、老健には、在宅ではなく、
      施設へということをピーアールしました。
      申し込み中であると、3ヶ月以上いられるので。
      やや認知症というのが、曲者ですよね。
      「家に戻れない」ということを理解するから。
      場所の見当識が進行して、どこにいるんだかという
      認知症になれば、介護側も平穏な気持ちになるんですが。

      私は母の介護してみて、医療技術の進歩は必要だけれど、
      高齢者は高齢者なりの医療でいいんじゃないか。
      と、薄情なことを考えてしまいます。

      ぴろちん様、ご自分の時間、人生を大事にしてくださね。
      私も自分の老後を第一に考えることにしています。
    • 14. あんず
    • 2016年09月14日 14:00
    • ニャンコ様、こんにちは。
      今日もお疲れ様でございます。

      在宅介護は、ポヨヨン様のコメントではありませんが、
      一回、シャッターを下ろしてしまうと、上げる勇気が出ません。

      だけど、「死ぬまで、ここに閉じ込める」と言われると、
      ほんと、死ぬまでなので、ものすごく、心が痛みます。

      ニャンコ様に励まして頂けて、嬉しいです。
      感謝です。
    • 15. あんず
    • 2016年09月14日 14:04
    • はるはる様、こんにちは。
      お疲れのことでしょう。
      頑張り過ぎないでくださいね。

      今は頻繁に行っていないんです。
      行きたくない気持ちでいっぱい。
      昨日、行くつもりが、今日行くから、
      雨が降ってるからと屁理屈をつけて、
      サボりました。

      在宅介護のときは、施設に入所したら、
      頻繁に面会に行けばいいんだからと
      思っていました。

      そうではないんです。
      なんで、面会に行かないのかと不思議でしたが、
      今になって、その気持ちがよくわかります。
    • 16. あんず
    • 2016年09月14日 14:14
    • 広美様、こんにちは。
      お疲れ様でございます。
      在宅介護でも、施設に預けても、心が休まる時間はありませんね。

      「私しか、いないから」とお母様の在宅介護をやっている広美様、
      お父様の手術に、お姉さまの骨折、お母様の介護と、全部をこなしている
      はるはる様、
      故郷に介護離職して戻り、お母様の介護をされている楽様。
      スープの冷めない距離に脳梗塞と骨折をして一人暮らしのお母様を
      介護されているくま様。
      要介護5のお母様をお父様と一緒に介護中のいちろく様、
      そのほか、在宅介護をして、頑張っておられる方々はいっぱいいますね。

      在宅介護を放棄した私には、今、とっても頭の下がる思いです。
      先立つものがないから、いろんな理由があろうと、そのときそのときを、
      懸命に暮らしていく。

      そんな方々が多いなか、施設に行きたくないと思っている私は
      とても傲慢ですね。
      もっと、優しく母に接しようと思いました。

      広美様、気づきを頂き有難うございました。
    • 17. あんず
    • 2016年09月14日 14:22
    • チョコ様、こんんいちは。
      お疲れ様でございます。
      どうしても、環境に慣れるまでは、熱を出したりして、
      子供のようですね。
      もう少しすると、慣れてこられて、体調も安定すると
      思います。
      そういえば、母も夜中に頻繁に起きることがないようで、
      一回くらいですよ、とスタッフさんに言われてびっくりでした。
      老健は一生居られる施設ではないので、特養入所でよかったんですよ。
      故郷に帰って嬉しいと感じるお義母様は幸せです。
      施設に入所させても、心配は尽きませんね。
      でも、ご自分の健康も大事ですから、治療をしてくださいませ。

      >義母の年金があるとはいえ
      そそ、母達はいいんですよ。年金額が大きいんですから。
      私達の年金は・・・と考えると、自分の老後のこと、
      やっぱり、考えていきたいと思います。

      特養の面会は、遠距離ですよね?
      チョコ様ご本人の健康を大事にしてください。
    • 18. あんず
    • 2016年09月14日 14:24
    • 楽様、こんにちは。「少しだけ行き当たりばったり介護ってのもいーのかなぁと思います。」と言って頂けて、心が軽くなりました。将来ばかりを心配しないで、今、出来ることは何かを考えてやっていきます。楽様、ありがとう!!
    • 19. あんず
    • 2016年09月14日 14:29
    • ファーマーk様、こんにちは。「お母様の事は判断され舵を切られた」、ほんとそうです。さっき、ブログを更新したのですが、こちらの記事のコメントを読んでからにすれば、よかった。在宅介護も施設入所も、どっちにしても、後悔が先立ちます。でも、前に進んでいかねばなりませんね。「死ぬまで、施設なのね。」ということは、母自身も自分に言い聞かせているからなのかもしれません。これから行きますが、少し、優しく話そうと思います。ほんと、ファーマーk様、有難うございます。
    • 20. あんず
    • 2016年09月14日 14:35
    • とも様、こんにちは。
      お疲れ様でございます。
      >いつまで?と聞きながらも当分ここでお世話になる方がいいよね?
      そう言われる切なくなる、その気持ちもわかります。
      認知症とは言え、「狡猾さ」、あるあるです!!
      叔母様にしてみれば、お母様に言われたら、
      一緒にとおっしゃることでしょう。
      でも、それって、お母様の戯言に近いものだと思います。
      亡くなった伯母が、同じようなことを母に言ってました。
      その都度、母は、「お姉さん、私と一緒に暮らそう!」と
      声をかけていましたが、伯母は実行に移さず、ただ、何回も言うだけでした。
      伯母もそう言って、不満をぶつけていたんでしょうね。

      >預けて良かったと思う気持ちと、本当に?という気持ち
      きっと、ずっと、思うことでしょうね。お互いに。
    • 21. あんず
    • 2016年09月14日 14:42
    • うちわ様、こんにちは。
      お疲れ様でございます。
      そうなんです、私も母の骨折がなければ、このまま家で、
      でした。
      在宅介護の場合、家族の協力なしでは、身体的、精神的に
      追い詰められますね。
      ほんの一言、「有難う」なんですね。
      今日、これから、母のところへ行ったら、「有難う」と言ってみます。
      長男の嫁として、うちわ様は立派です。
      お義母様もそれはよくわかっておられると思います。
      でも、姑根性が、言わせないだけで、うちわ様がいなければ、
      誰も面倒を看てくれないとちゃんと思っておられますよ。
      母が、私が居ない場合、誰に看てもらうかと、名前を挙げる
      第一番は、長男の嫁のでしたから。
      それこそ、狡猾ですよ。
      介護で家族が壊れると言われますが、それもわかりますね。
    • 22. あんず
    • 2016年09月14日 14:47

    • はるはる様、
      不愉快にさせた、だなんて、思わないでくださいね。
      だって、はるはる様の言いたいことは介護していれば、
      誰しもが言いたいし、感じていることです。

      ここでは、言いたいことを、そのまま言って下さい。
      人生いろいろ、介護もいろいろ、認知症もいろいろ、
      でも、皆さんが思っていること、感じていること、
      あるある、の同じ気持ちです。

      発言に気をつけることなく、愚痴は、どんどん
      吐き出してください。

      応援しています!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット