ひとりで、のんびり暮らしているわけね。

今日も家に帰りたいという母。

切々と、ここ、介護老人保健施設(老健)で
過ごすことを、アタクシは、母に訴えました。

車椅子に座っての移動しか出来へんのよ。
一人でトイレへ行かれるん?

それに、あたしは、あたし自身の老後のため、
働かなくてはアカンねん。

家の中にママを一人残して、出かけることは
出来へんやろ。

だって、家で寝ているだけなのよ。

寝ているだけって、オシメを誰が取り替える
ねんな。

アタシが自分でやるわよ。


オシメを自分で取り替える?!
前代未聞なことを申しました。

それに、母の言うとおり、ひとりで暮らして
おります。

母の投げかけた言葉は、在宅介護を放棄した
アタクシにグサリと刺さりました。


おっかさん、もう、アカンねん。
トイレと言われて、ベットからポータブルの
トイレへ移乗させるだけの気力があらへん。


それをやっている人もいる。
でも、アタクシには、出来ないというより、
やりたくない。

もっと、言えば、母と一緒に暮らしたくない。

やっぱり、やっぱり、アタクシは鬼娘。

005

今日は、老健入所2週間経過のカンファレンス。

入院をすると、老健は一旦、退所になります。
退院して戻ると再入所となり、介護計画を、
作成することになるようです。

介護士、作業療養士、栄養士、看護師、ケア
マネージャーと、集まって下さるもの。

母は各方面のスタッフさんには、「ここは、
とてもいいところね。」と言っているらしい。

なのに、なんだ!、外面ヨシコな母。




スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. はる
    • 2016年08月31日 09:21
    • おはようございます。

      在宅介護が始まって早1ヶ月。
      要介護4の父。まさかの在宅介護。認知症は軽いもので、やはり女性とは違うのかな。胸に突き刺さるような、怒りを覚えるような言葉は一言も今のところ有りません。

      完全にオムツの中で排泄ですが、ポータブルや車イスへの移動くらい楽になれればと訪問リハビリも始めました。
      ポータブルへの移動が出来てもオムツは下ろせません。自力で立てない父を座らせてもその先は一人では無理なんです。反って介護人が大変なんです。だからオムツの中でしてくれた方が楽なんです。
      色んな面でサボり、手抜きしてしまいます。

      自宅に帰る前は何度も老健と病院の繰り返し。まさか70キロ近い父の世話をするのは思いもよらず、短時間パートにも勤め出した矢先のことで、何がベストなのか何度も考えました。
      考えても答が見つからず悶々と暮らしていました。
      決断?は、父の一番ではなく私の一番でした。多分。
      この先自分が後悔しないこと。それ優先に進むこと。
      私も毎日のように病院に通いました。老健の方はスタッフさんの対応が面倒?で1日置きに行きました。
      あんずさんのお母さまのように顔を見るたびに「帰りたい」だの言われたら私は今のような素直な気持ちにはなれなかったと思います。
      不思議なもので追い込まれると突き放したくなり、静かに何も言わなければどうしたの?と気にもなるもの。

      自宅で大人しい?父は昔の頑固さも消え素直そのもの。

      だけど…この生活がどれだけ続くの?って。考えた時とても重くなります。

      経済面、自由面、先の見えない看とりへの道。
      どう上手く付き合えるか疑問です。
      長くなりましたが吐き出させてもらえる場所があり幸せです。

      いつもありがとうございます。

    • 2. chichikaigo
    • 2016年08月31日 09:46
    • おはようございます、お疲れ様です。
      文面だけみるとあんずさんとの会話も大丈夫のようですね⁉︎。私の親は、会話もたまに独り言を言うくらい、晩御飯時に仕事帰りに寄って、食事するのを
      食べさせても目を閉じて、食べることが、多くなってきました。嘘のように私は、家に帰って、楽に。
      ゆっくり御飯、風呂、トイレ、夜間も起こされることもなく、、、何故か、以前より以上に疲れているように感じます。燃え尽きぎみなこの頃です。
      朝飯、ずいぶん涼しくなりました。体調には、注意を❗️
    • 3. はるはる
    • 2016年08月31日 11:03
    • あんず様、こんにちは
      お母様、元気を取り戻されたようですね。いつもの会話が聞けて、まだまだ大丈夫と思った次第です。
      ちっとも、あんず様は鬼娘じゃないですよ。
      こうしてほとんど毎日老健に通われているし、お祭りの時は寂しい思いをしないように行ってあげたり、昔の写真を見せてあげたり…自分が後悔しないようにとは言え、よくやってらっしゃるなと思います。
      自宅で介護放棄され、白骨化した遺体が発見される悲しいニュースをたまに耳にします。そうなる前に、安心、安全に過ごせる施設に預けることが出来るだけでも、良かったというか、本人や家族にとってもベストな選択ではないかと思います。

      24時間ずっと家族が付き添い、下の世話もしなければいけない状態は、私も無理です。もちろん、そういう介護をされている方はいっぱいいると思いますが。こちらが倒れてしまう。
      あんず様のように、私もやりたくないです。出来れば、そうなる前に、「ムカエタノム」。
    • 4. ポヨヨン
    • 2016年08月31日 13:50
    • 下ろしてしまった在宅介護やさんのシャッターは、もう開けられません(笑)。
      そう、同じ気持ちです。

      。。。でもね、施設生活も長くなると。。。
      入所の選択が間違いなかったのかどうか、時々不安になります。
      そして、いろいろ考えあぐねた後に、決まって思い直すのです。

      【施設のお蔭で長生きできてるんだ!】ってね(^_^.)
    • 5. はるる♪
    • 2016年09月02日 00:21
    • あんず様、遅いコメントごめんなさい。

      この記事、読んだ瞬間から心にドーンときました。

      みっちゃんママ、しっかりあんず様の痛いところ
      突いてきますね。
      まるで私と母とのやりとりのようで、心が重くなりました。

      私も、もう、介護以前に
      母と暮らしたくない。
      どんどん母の言葉と母の態度に
      自分が消耗しています。

      これで昨年のように全介助状態になったら・・・
      あのときのように出来るのかな?
      と、思います。

      母次第かな。

      結局、親子関係ですよね。
      いくら手助けしてもらっても施設入所しても
      解放されないのは・・・

      ぐるぐっる回って自由になるには
      自分が母の前から物理的に消えるのが
      自分の罪悪感も持たなくて楽チン・・・

      でも、ここまで我慢の人生で
      先に逝くのはどうも情けなく
      どうやったらドロン出来るのか毎日毎日考えています・・・

      でも、あんずさん、ファイト!

      とりあえず物理的にはみっちゃんママは離れてくれました。
      後は、あんずさんの心ですね。

      お母様は忘れてくださるし、
      お年も90を過ぎて、もう充分介護なさってきました。

      時間も距離もおけるいま、なんとか軽やかな関係になって
      あんずさんも軽やかに過ごして欲しいと願っています。
    • 6. あんず
    • 2016年09月02日 21:11
    • はる様、こんばんは。

      在宅介護、お疲れ様でございます。

      今朝、お父様を介護をしている友人から電話がありました。
      在宅介護で何が大変って、おしもの世話よ、と言っていました。
      母親と違い、量が多くて、凄いのよとも。
      もうお手上げで、施設に入所させると言っていました。

      はる様も、こういう経験をされているんですね、
      それでも、ご自分で在宅介護を選択されたこと、頭が下がります。

      母も立位は出来ても、持続できない。
      施設の介護計画でお願いしているのは、せめて、トイレの際の持続。
      自分でやらないで、そんなお願いはないですね。

      >何がベストなのか何度も考えました。
      私も考えました。
      結論は、母の望む生活よりも、私の現実の生活を一番にしました。

      >不思議なもので追い込まれると突き放したくなり、
      静かに何も言わなければどうしたの?と気にもなるもの。
      これには、ハゲドウです!!

      一昨日は、開口一番の不平不満がなく、どうしたの?
      でした。
      言わなくなる=具合が悪い、ので。

      しかし、元気は元気だったので、安心。
      何も言わないうちに帰ろうと、短時間の面会でした。

      在宅介護は、精神的、身体的にしんどいものです。

      愚痴があれば、書いてくださいね。
    • 7. あんず
    • 2016年09月03日 01:36
    • chichikaigo様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。
      母は会話というか、コミュニケーションは同じフロアのなかでも
      しっかり取れるほうです。
      むしろ、もう少し認知症が進んでくれれば、と思うほどです。
      そうなんです。在宅介護の夜間介助もなくなり、楽になったはず。
      でも、疲れる・・・。
      私は不眠症気味です。贅沢な話ですが。
      chichikaigo様も、仕事帰りの面会とお疲れでしょう。
      お互いにファイトです。
    • 8. あんず
    • 2016年09月03日 01:56
    • はるはる様、こんばんは。
      母はとても元気になり、二度の入院をしたとは思えないほどです。
      病院にいる間は、せっせと毎日、通いましたが、
      老健に戻ってからの今は、週に2日ペースにしています。
      それでも、行きたくないと思うときがありますし、
      行ってもそそくさと、じゃあねと言って帰ってしまいます。
      施設入所への後ろめたさ。
      じゃあ、在宅介護すれば?と自問自答すれば、
      答えは、出来ない・・・。
      いくら、費用を払っているとはいえ、世話をしていただいていることには感謝です。
    • 9. あんず
    • 2016年09月03日 02:09
    • はるる♪様、こんばんは。
      時間は気になさらないでください。
      在宅介護をしなくなって、不眠症になっています。

      この人、ほんとに認知症かしら?と思うほど、
      人の気持ちをよく読み取り、ギョッとさせられることが多いです。

      介護をしている友人達に聞くと、
      ジコチューで、娘の人生にはお構いなしなんだそうです。

      でも、はるる♪母様も、うちの母もですが、
      認知症前からのこと。
      それが、いっそうひどくなったと思います。

      重い母親だと小学校のクラスメイトに話したら、
      自分がやりたいと思うことは、お母さんが生きている間にしないと、
      あの世に逝ってからだと、あとあと、後悔ばかりになるよと
      言われてしまいました。

      出来ることなら、さっさやっているんですけどね・・・。
    • 10. あんず
    • 2016年09月03日 02:14
    • ポヨヨン様、こんばんは。

      コメントを投稿したつもりが、クリックしていませんでした。
      ごめんなさい。

      二度目の入院のときは、老健には戻れないかも、
      特養の申込みをしなくてもいいかも、
      なんて、思っていました。

      おっとどっこい。
      しっかり、元通り。
      施設生活が長くなりそうです。

      【施設のお蔭で長生きできてるんだ!】
      そうそう、ハゲドウです!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット