昨日、午後3時過ぎのことでございました。

派遣先で、いきなり携帯が鳴りました。
サイレントにしておいたはずが、設定の際に
決定を押さなかったからなんでしょう。

見れば、母の病院から。
鳴っている最中に取らずに切りました。

急変であれば、病院へ登録してある連絡先に
順次、兄、姪と電話してくれるだろうから。

次の休憩まで、ほったらかしました。


病院へ連絡を入れてみると、

昨夜、環境が変わったためでしょう。
点滴を外してしまわれるので、ご家族様に、
許可なく、ミトンで拘束させて頂きました。

とのこと。

ミトンでも、なんでも、拘束してかまへんよ。
ただただ、強制退院とか、個室で家族24時間
付き添いだけは、勘弁してや。

母は体重が減って、骨皮筋衛門。
たぶん、針が骨に当たり痛いのでしょう。

今日の午後、面会に行った際に、拘束をする
ことの書類にサインをする旨を話しました。

日中は、大人しいのですが、夜間がちょっと。


休憩が終わり、配置に戻ってみると暇な状況
になっていて、どうしても母のことを考えて
しまう。

大きなため息を、知らぬ間についてしまい、
お隣の同僚から、「どうしたの?」と言われ
てしまいました。

その方もお母様を老健に入所させておられる
ので、 斯く斯く然々と話すと、

わかる~、自分が病気で病院に居ることが、
わからないものね。
なんで、痛いんだ?と外してしまうのよね~。


点滴は肺炎を治すための抗生剤。

治療の一つなんですが、これも延命治療と、
思うと、やめてくれはってもええよと鬼娘は
思うのです。

004


昨日の朝、バイト先に出かける前に、悲惨な
殺傷事件をニュースでやっていました。

障害者施設でのこと。
障害者のいる家族の気持ちを考えると悲しく、
また、認知症の母を看るアタクシも、とても
哀しいです。


亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
合掌




スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. とも
    • 2016年07月27日 14:58
    • あんず様
      私は迷いながらもずっと仕事を続けています。長く続けている仕事でも、両親が気になり始めるとミスを連発してしまいます。片道一時間の通い介護。十分なことはできないけれどできることだけしよう、と思っています。イライラ怒鳴りながらになっていますが。
      この数日のブログを拝見して、私はあんず様の覚悟を感じます。私もそうするとおもいます。それからニャンコ様、ご自身の方向を見つけられたのですね。ほっとしました。
      ブログを拝見していたので、勝手に親近感をもってコメントしてしまいました。
      失礼しました。
    • 2. いちろく
    • 2016年07月27日 17:19
    • あんず様m(_ _)m
      今日はm(_ _)m
      母上様は、お辛い状況ですね。
      でも、あんず様はもっともっとお辛い(T_T)。
      お見舞い申し上げますm(_ _)m
      早く退院できますと良いですね。
      母は、よくわからない発熱で、通院で毎日点滴をすることになりました。
      検査では熱中症や脱水ではないらしいです。
      夏休みも始まり、前途多難な夏が待っているようです(>_<)
      私は父のサポート程度の介護しかできませんが、皆様主介護者でいらっしゃいます。
      我が家の主介護者、父がますます疲弊し、苦しんでいるのですが、『そっちは子供が夏休みなんだから。』と、一人で頑張ろうとしています。
      家族として、父のサポートも満足にできず、母へ対してもわだかまりがあり、なんと情けない娘だろうと思います。
      加えて子供たちにも、色々我慢をさせたり、母親としても、妻としても中途半端にしかできず、自分の存在ってなんだろうと落ち込みます。
      梅雨明けと共に、気持ちが晴れると良いのですが(^_^;)
      皆様の奮闘努力を糧にしたいと思います。
      いつも、有難うございます。m(_ _)m
    • 3. くま
    • 2016年07月27日 18:41
    • あんず様
       障害者施設での悲劇  決して容疑者を擁護するつもりは無いけれど ある種の精神障害者ではないのでしょうか 加えて職場でのストレス 介護職場で働いてらっしゃる方のストレス 心労 肉体的疲労 半端ないと思います
       あんず様 お仕事に行かれるようになって ご自分の辛さを 飲み込んで ひとつ吹っ切れたような気がします
       割り切ることや 納得することが苦手なくまは あんず様を見習おうと思います

         あんず様 & チームあんずの皆様
           自分の夢なんてとっくに捨ててるはず    ぎゅぎゅぎゅちゅはぐ
           楽しい時間なんて諦めたはず   ラブリーよしよし!!
            それでもやっぱり 介護は苦しいよ~   なでなで♡♡
        いちろく様 ご自身の体調管理 しっかりしてね     だれだれくま  
    • 4. なごみ
    • 2016年07月28日 21:44
    • 今晩は
      お母様は骨折で入院されてから短期間で
      すっかり弱った感じですね。
      ご高齢だから心配ですが私も延命治療は反対です。
      本人が何も分らず楽しみも無く成って呼吸だけさせられている
      姿は見たくありません。

      あんずさんはここでは鬼娘の様な発言をしているけど
      格闘が感じられますよ。
      仕事との両立大変でしょうがお疲れを出されません様に・・・
      毎日あついです。体調管理も充分にして下さいね。


    • 5. あんず
    • 2016年08月03日 15:49
    • とも様、こんにちは。
      コメントのお返しが遅くなりました。
      お仕事をしつつ、介護をするのは並大抵なことではないですよね。
      仕事がなくても、用事で家をあけているとき、
      とても心配でした。
      デイ、ショートへ行っている間も、気になってました。
      介護をしている皆さん、殆ど、気にしていることですよね。
      片道1時間は大変!!
      今の母の入院先は、片道、車で1時間・・・。
      考えるとウンザリ気味なんですが。
      でも、出来るだけと思ってやっています。

      老健に入所してくれて、やっと、イライラとすることもなく、
      逆に、どうしているんだろうかと気になるだけになりました。

      腹の立つこともありますね。
      完璧にしようと思うからで、なるべく、手抜きを考え、
      ご自身のことを第一に考えてくださいね。
    • 6. あんず
    • 2016年08月03日 15:57
    • いちろく様、こんにちは。

      お見舞いを有難うございます。

      毎日、状態が違い、これは、また退院出来ると思うときと、
      いやー、長くないかもと思うときと・・・。
      本人にはどっちがいいんだろうかと考えてしまいます。

      よくわからない発熱、
      お母様もお辛いでしょう。
      ましてや、今、人の手を拒絶されるようになって、
      どうしてよいか、悩まれておられるでしょう。
      お父様が主に介護をなさっていますが、
      傍でみているだけ、というわけにいきませんでしょう。
      いちろく様のお気持ち、いかばかりと・・・。

      別居で離れて暮らしていれば、介護は介護、
      自分達家族の生活は別と割り切れますが、
      同居されているとそうはいえませんしね。

      ただただ、お父様の好きなようにと思われる
      いちろく様の辛さを感じます。

      お子様方はきっと、自分の親ばかりでなく、
      将来、高齢者を大切にされると思います。

      いちろく様、ファイト!!
    • 7. あんず
    • 2016年08月03日 16:04
    • くま様、こんにちは。
      障害者施設での悲劇で、40代の主婦が、加害者の気持ちもわからないでもない、
      と言う投書をテレビでみたとき、私自身もそう思っていたので、
      安堵感を持ちました。

      障害者を認知症の親に置き換えると、高度な医術で長生きをするのも、
      どうかなと思っている鬼娘がいます。

      亡くなれた被害者の親御さんが、「愛しい娘だった。」という
      コメントをされていました。

      その気持ちもわかる、人を殺めてはいけませんが、
      私は気持ちの上で殺めてしまっていることがあります。

      楽になりたいという気持ち。

      障害者、医療、認知症、介護をされる家族が持つ
      煩悩ですよね。

      くま様、自分の夢、確かに捨ててます。
      楽しい時間も、母達が生きている間はないでしょうね。

      でも、目の前のことは、やっていかないと。

      お互いに、ギュッとハグをして、よしよし&なでなでで、
      なんとか、乗り切りましょう。
    • 8. あんず
    • 2016年08月03日 16:09
    • なごみ様、こんにちは。

      コメントを有難うございます。

      実は、骨折して、退院して在宅介護をしたら、
      こんなに弱らなかったのではないかと後悔の念があります。

      じゃあ、車椅子生活の母を、24時間介護出来るのか?
      出来ない・・・

      でも、肺炎になることはなかったかなと・・・。

      どっちにしても、「私はやりきった」となんか
      思えないでしょうね。

      この頃、母が「生きていて悪いわね。」と言い出しています。
      そんなことを言わせているんだと思うと・・・

      その反面、病院では、点滴を引っこ抜く、お尻に手を入れる
      困ったちゃんなんですけれど・・・。

      気持ちは複雑です。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット