アタシ、あんずちゃんと暮らせて幸せだわ~。

それに対して、「そお?、私も。」なんて、
言うべきなんだろうかと思うだけで、口から
でまかせでも、言えませんでした。

まだ、幼児の頃は、母のそばから離れること
なく、くっついていたのに。

特急「つばめ」に乗り、名古屋駅の停車時間
を利用して、母がホームに降りていた際に、
違うホームの出発ベルが聞こえて、あの頃の
アタクシは大泣きをして、泣きやまず、父を
困らせたようなのです。

そういう母にベッタリだった子が、母が老い、
介護するようになって、疎ましく思うように
なったなんて。


あんずちゃんのこと、大好き!

と母から言われて、ぞっとしている今。

やっぱり、アタクシのどこかに、鬼が住んで
いるのかもしれません。

母から解放されて自由になりたいって。


今朝も、母は申しました。

胸が押されて苦しいの。
ここで、寝ているわ。

いいんや、お迎えが9時に来るから、起きて。

そう、死んじゃえばいいのよね。

死ぬと言われると、はい、どうぞ、大歓迎と
言いたくなるんでございます。

なんで、デイへ行きたくないときに死ぬとか、
自殺するとか、言うんでしょうね。

そう言えば、

じゃあ、お休みしようか。

とでも、答えると思うのでしょうかねえ。

ともかく、ブーたれながらも濱口君似クンに
支えられて、車に乗って出発しました。

004

帰りが30分遅くなりました。
たった30分遅くても、嬉しい・・・・



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. くま
    • 2016年02月03日 19:16
    • あんず様 またまたお借りします  m(__)m

        楽ちゃん  お母様のこと心配だろうけど 病院にお願いして 楽ちゃんは 充電してね
         インフル・・・確かに予防接種しても型が違えばかかるもんね
         でもさ お母様は 楽ちゃんのお母様・・鬼娘を産んだ母 インフルには負けないぞ!

      あんず様  楽ちゃん みなみな様
          くま母リハパンチャレンジ 盛大なる応援をいただき
            かつまた さまざまな手練手管 (これってもうちょっと色っぽい話につかうような気がするのだが・・)をご教示いただきながらも
          いまだ 実現に至らぬ・・・くま母  
           もちろんもちろん 看護師さまからは 毎日毎夜のように やさしーい お声がけ
           これ使ってみてくださいね! とか  これをしてみてはどうでしょう? とかさ・・
            その時は くま母「そうね ありがとうね」・・・・その後スルー
          今日 看護師さんに 言われました
            「ご本人の尊厳もあるので 無理強いはせずに 様子を見ましょう
             今は ちょっと濡れるという程度ですので・・・」
         ちょっと濡れても いっぱい濡れても 洗濯は くまなんだけどねぃ・・・・
           でも 心優しい看護師さんに感謝だね
       ささ 心折れそうでも みんなの声で 生きてるよ
          あんず様は ご自分のこと もっと認めてあげて!!!
            あんず様    &   チームあんずの皆様
           鬼はー 外!  福はー レディース! ぎゅぎゅぎゅちゅはぐ
           もう一回  福は~レディースだよ!   ラブリーよしよし!!
           そそ 福は レディース  迷うなよ!!  なでなで♡♡
                  今日のカンファレンスは 後日・・・ぺしゃんこくま

    • 2. うちわ
    • 2016年02月03日 23:45
    • あんずさま、皆様今晩は〜
      ご近所さんで、要介護5の母親を介護されてるご夫婦がいらっしゃいます。
      家で転んで骨折し車椅子の生活になり、でもまだ1年経ってない、間も無く特養に空きが出来て入所するそうです。
      鬼嫁はとっても羨ましく思います。
      ここのおばあちゃん頑固な93才、嫁の世話になんぞならんとキツく言われたとか。殆ど息子さんがお世話していました。

      今夜は節分、オカーサン今日は節分だから、お寿司にしましたよ。
      イワシも焼きました、後はけんちん汁ね〜
      ふぅーんと返事したけど、分かったかな〜、明日になれば忘れるかな、、
      因みに全て完食、すごい食欲です。

      くま母さま、リハパンには抵抗あるのですね。因みに義母の場合もすったもんだして、ボーッとしてた夜に成功しました。あったかいでしょ、今夜は安心して眠れるよ〜とね。
      それから、様子見ながら調子の良い時は知らんふり、今夜はオカシイと思った時は履くように促して〜
      今では自分で履けなくなり、毎晩履かせています。リハパン大活躍ですよ。
      朝になると自分で脱いでしまいますけどね。
      日中は履いてくれません。何度も失敗するので、勧めてはいるのですが、、
      どうしたものかと思案中です。

    • 3. あんず
    • 2016年02月04日 00:54
    • くま様、こんばんは。
      うーん、リハパンはね、やはり、ご本人が普通のパンツと変わらない、
      ただ、ゴミとして捨てることが出来るんだと理解してくださらないと、
      履きませんよね。
      看護師さんも強制しないんですか?
      母が入院したときは、強制しましたけれど。
      病院によって違うのかもしれません。

      でも、くま様だって、心優しい!!
      看護師さんに感謝されるんだもの。
      私なら、看護師さんに、強引でいいから履かせて下さいって
      頼んじゃいますよ。

      「 そそ 福は レディース  迷うなよ!! 」
      カンファレンスは、思う方向になかったんですね。
      くま様、ファイト!! 

      一度、大洪水を起こすか、ベン君の大応援団という状況になって、
      看護師さんが大変になるというようになれば、じゃあ、履こうか?って
      なりますから、それを気長に待つかですね。

    • 4. あんず
    • 2016年02月04日 01:11
    • うちわ様、こんばんは。
      うちも、恵方巻きとイワシのオリーブオイル焼き。
      恵方巻きは、まるごとというわけにはいかず、
      切って出しました。
      残すかなと思ったら、母も完食。
      オリーブオイルもきれいになくなっていたので、
      ひょっとして、お皿をなめた?!

      食べ終わって、7時のニュースで恵方巻きの話が出てきたのを見て、
      「恵方巻き、食べたかったわー。」
      ですと。ヽ(`Д´#)ノ

      リハパンを夜間だけで、日中、履かないというもの困りものですね。
      リハパンを履く、履かないという攻防戦も、布団に頭を突っ込んで、
      「バカヤロー」と叫びつつ、繰り返したのがウソみたいです。
      今は、パッドも嫌がらなくなりましたし。
      しかし、リハパンは、いつも、ぴったり履かず、だらんと履いているのが、
      悩みです。
      リハパン一つでも、それぞれ、問題が違いますねえ。

      申し込んで1年も経たずに特養入所って、ほんと、羨ましい。
      やはり、息子が介護というのが早いのでしょうか?
      いや、chichikaigo様は、男性だけど、順番はまだまだというお話ですから、
      そうとは言えないですね。
    • 5. 桃
    • 2016年02月04日 01:24
    • ご無沙汰しております。 介護の日々が続いておられるようですね。私もあんず様が気持ちも体も壊してしまいそうで なんか複雑な気持ちでブログを読んでいます。 他人さまのお母さまのことをとやかく言う権利はないのですが、 わがままや 元気すぎる、また 医者に行くことを日課にしているようなお年寄りを見聞きすると いろいろと考えてしまいます。 でもあんず様や ここに来られている方々は お優しいと思い、感心しております。 眠くても 夜中付き添ったり、 掃除に洗濯、 通院も欠かさず、インフルなどでも入院や医師への診察も欠かさず、 体調管理されており、なぜそこまでできるのかとも思っています。ご自身は健康管理をそこまで できていないのでは ないでしょうか?
      老人より ご自身を 大切にしてもらいたいものです。
      私は 今年から兄に母のことを任せ、かかわらなくなり、肩の荷が下りた かんじです。
      お正月も行きそびれ そのまま会っていません。 自分勝手な兄ですから、母も皆さまの親御さんのようには幸せでない、施設暮らしをしていると思います。だけどなんか今は行きたくない、会いたくない、文句いわれたくない、 罵声は聞きたくない・・・・そんな気持ちです、親不孝ですね。。。
      親が最後を迎えたとき、きっと後悔すると思います。あんず様は 胸を張って 送りだせることでしょうね。 ここにくる資格はないかと思いますが、これからも読ませていただきますので どうぞよろしくお願いいたします。 読むと 皆さまの苦労から 教えられることも多く、 また母の施設へも行ってやれると思います。  あんず様、皆さま ご自愛くださいませ。
    • 6. ニャンコ
    • 2016年02月04日 14:09
    • あんず様
      こんにちは
      デイへの送り出しお疲れ様でした。
      濱口君似くんがお迎えで良かったですね。
      ニャン母については17日にケアマネさんの2回目の訪問を受け
      25日には医師の訪問を受ける予定です。
      17日にケアマネさんから近々この地域の高齢者対象で医師が
      訪問し健康相談を受けて回りますと伝えてもらいます。どうせ忘れるでしょうが
      私も日々そのことを聞かせ続けようと思っています。
      私の所ではまずに月2の訪問看護を受け母の体調の愚痴を聞いてもらう
      所からスタートすることになりました。
      最近母は毎日昼近くまで寝ています。その状態はある意味私にとっては楽なのです。
      先日ケアマネさんに「今はその方が楽なんです」と言ったとたんに泣いてしまったわけです。
      ケアマネさんは「それでいいです。手抜きしましょう。それでないと
      長続きしませんよ」と言ってくれました。
      私は今 尿の臭いで悩んでいますが、
      あんずさんやチームあんずの皆さんの中には便くん出動で日々もっと苦労していらっしゃる
      人が何人もおられます。私の苦労なんてまだまだ序の口ですよね。
      認知症になると寒暖の認識力も衰えてくるのですね。
      母が寝る2時間前ぐらいに電気敷き毛布やあんかのスイッチを入れて暖めておくのですが、
      母は布団に入ったときちっとも暖かくない寒いと言います。
      朝 触れてみると両方の暖房器具ともポカポカしているのですよ。
      そのように文句を言いながらたいてい足先は素足のままで
      1日過ごしています。見る度に靴下をはくように言ってもこれで平気と答えます。
      本当に「?」です。
    • 7. あんず
    • 2016年02月05日 00:47
    • 桃様、こんばんは。母は87歳のときに、普通の人だったら、もうこの世にいなかったと医者から言われたくらい重篤な肺炎だったのに、その後、乳癌の切除手術はしたし、今も、私は風邪をひきましたが、母はひかない・・・。ほんと、恨めしい元気さです。ご老人にそんな高度医療技術は必要ないんじゃあないの?延命治療拒否は、普段の通院拒否から始めていいのではないかと思うくらいです。
      お母様の文句や罵声を聞きたくない。そのお気持ち、よくわかります。お兄様にお母様を任せたのだから、桃様が思い煩うこともないから、割り切って考えたほうがいいのでしょう。
      施設は空調管理もいいし、職員もいるし、一人暮らしよりも、ずっといい環境におられるのですから、あまり、心配されないように。それよりも、ほんと、ご自分のことですよ。
      私は胸を張って送り出せるか?うーん、張れませんね。だって、常時、早く死んでくれることを願っている娘ですから。
    • 8. あんず
    • 2016年02月05日 01:17
    • ニャンコ様、こんばんは。
      月2回の訪問看護はいいですね。
      医師に診て頂き、デイへ行くことを、先生から勧められるんでしょうね。
      母達は、医者が言うことなら聞くという人達ですからね。
      一歩前進で嬉しいです。
      今は尿漏れか、シーツにベン君がつく程度でいいのですが、
      認知症が進行して、弄便になるのが恐ろしいです。
      寒暖に関しては、鈍いです。
      母もニャン母様と一緒で、素足です。
      靴下を履くと滑って転びそうになるし、スリッパは尿まみれになって、
      それで、ベットまで戻るので、やめました。
      寒いと言うので、エアコンを強にしています。
      でも、電気毛布は暑いと言って、切ってしまい、夜明け頃、
      寒い!と叫ぶんです。
      だから、毛布のスイッチは切らないで!というのに。
      確かに温度管理も大変ですよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット