もし、あのとき、と後ろを振り返ってしまう
ことがあります。

それは、3年前のこと。
熱はないけれど、風邪を引いたかのように、
母はしょっちゅう、咳き込んでいました。
食欲もございました。

それが、突然、或る時、トイレへ行くたびに
ハァハァと息が荒くなってきました。

当時、月に一度、通っていた病院の医師から、
熱があったら、すぐに連れてくるようにと、
言われておりました。

しかし、次第にトイレまでのほんの2mほどが
歩けなくなくなり、途中に置いた椅子に座り、
息を整え、また歩いて行くという状態でした。

あと数日で、検診の日になるからとそのまま
寝かせておりました。

とうとう、トイレへ行こうとしてベットから
足を下ろしたとたん、床に倒れ込み、自力も
他力も無理な状態で、兄を呼びました。

なんだか、おかしいよ。病院へ連れていこう。

兄が母を背負い、車に乗せて、通院していた
病院の緊急外来へ行きました。

検査をしている間も、母は元気な様子でした。

結果は、即時入院。
どうして、救急車を呼ばなかったんですかと、
叱責を受けました。どうも、微熱状態だった
ようです。

そこから、入院2か月。誤嚥性肺炎でした。


退院するときに、「病院へきたときは、重篤
な状態で、ふつう、そのまま亡くなっていた」
と言われて、兄と、思わず、顔を見合わせて
しまいました。

さすがは、病院。
退院するときは、自力で起き上がり、歩行も
出来る状態でした。

この入院中に乳房のしこりも乳ガンだと診断
され、「この年齢では手術はできない。この
ガンで命を落とすことはない」とそれこそ、
先は短いと言われたんです。


しかし、それから3年。
無理だと言われた乳ガン摘出手術をし、今は
「絶好調ですね」と太鼓判を押されるほどに。

積極的な治療を行って下さり、また母本人の
体力もあったのでしょうね。

思うに、その入院のときに、そんなに積極的
でなかったなら?

鬼娘は、思ってしまうのです。

積極的な治療を行ったせいでピンピンコロリ
になるはずだった人を助けてしまうという、
現代の医療。

そこそこにして、あとは、本人の気力・体力
そして、運命に任せるほうが、今後、将来の
日本のためではないかと・・・・。

001

今朝の母。

ふと、見ると、ザンバラな髪のまま、ボーッ
とテレビに見入っている様子を見て、やはり、
情けなさがこみ上げてきます。

認知症を発症して10年。
仕方ないといえば、仕方ない。
でも、今でも、思いは同じ。

昔はこんな母ではなかったのに。

スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (20)

    • 1. くま
    • 2015年10月27日 17:04
    • あんず様
        どんより・・・・通り越して…ぺしゃんこくま
        なんってことない ま 今日ほぼ一日ババ守・・病院 買い物 薬の整理 等々
          それとね 今考えてもしょうがねえんだけど
          そのうちくる ババのベン君ニョウちゃんの世話 当然想定内なんだけどね
           paku様が その時には施設って言ってたのが 妙に頭に残ってて・・・
         ここんとこの ぜつふちよう!な くまとしては それもあり?いやそりゃ可哀想だ!
             ハムレツト の心境   
         でもさ今日もがんばってるチームあんずのみんながいるもんね ふむ 乗り切るぞ!

        さささ   よいしょっつ
          あんず様 & チームあんずの皆様
           頑張るぜい! 負けないぜい! ウルトラぎゅぎゅぎゅちゅ ハグ と
              がんばってるね! まけてないよ! ラブリーよしよし!! 送るね!
                          ぺしゃんこくま
        
       
    • 2. ポヨヨン
    • 2015年10月27日 17:43
    • タイトルを見て、
      『全くもって、おっしゃる通り!!!』
      と激しく賛同させていただきます(笑)。

      日曜日は、義母の妹達が来て、外出して食事をしました。
      まぁー、よく食べること食べること┐('~`;)┌
      茶碗蒸しの中に、カニ焼売を入れてましたよ。
      茶碗蒸しをタレだと思ったんでしょうかね?

      叔母たちは、弁置換前の義母の姿とは別人のようだと驚いてました。
      マジで東京オリンピックが見られる気がしてきました(~_~;)。
    • 3. 山椒魚
    • 2015年10月27日 21:56
    • こんばんは。

      あんず様、今日は、私が病院に行きました。
      足裏の違和感が何ヶ月も続き、
      他にも気になることがいくつかありグロスで総合病院に行きました。

      足裏の件は、想定外の整形外科に案内され、レントゲン撮影となりびびりまくり。
      結果は、足の指の骨がずれているとのこと。
      昨年、骨折した方の足ではありません。
      足の筋肉が弱くなり骨がずれて神経を圧迫する、
      いわゆる老人にありがちな症状なのだそうです。
      去年の骨折も、結局、同じ背景があったのかもしれません。

      神経を圧迫するという結果として、
      類似の例をあげてくださったのだと思いますが、
      若い方でも外反母趾が進み手術することもあるのだそうです。
      リハビリ方法を教えていただきました。
      足の指で、タオルをつかんで持ち上げるのだそうです。
      私の場合、靴がどうこうというより、何より筋肉が落ちてるんです。

      宣言します。
      タオル体操といわず、これから、出来そうなことなら何でも足でやります。

      足の活用がピンピンコロリに通じることを願いつつ、
      「これ、リハビリですからー」と、ドアを足で開け閉めする、かも。

      秘書だったあんず様。
      きっと、かっこいい靴をはいていらっしゃったことでしょう。
      足も疲労していることでしょう。
      これからは、風呂場の脱衣場で脱いだパンツは、
      足でつまみなげてランドリーボックスにいれましょう。
      ぜひご一緒に。なんて(笑)

      秘書じゃないですよね。
      あんず様は元社長、いえいえ、今もとりあえず(?)社長ですよね。

      だらだら書き込んですみません。
      努力の範囲で対処可能と知り、安堵して少しハイになってます。
    • 4. 楽
    • 2015年10月28日 00:42
    • あんず様☆こんばんは☆ 楽母は週三回のディは順調に続行中です。外面よし子ちゃんでいい感じです。 夜、テレビドラマの内容を何度もエンドレスクエッション…スケバン楽は「ママ!うるさーい!」と言いながら、チッと舌打ちばかり… そしたら楽母も「チッ!チッ!」と言いながら、パジャマに着替えてるから「ママ!あたしにあてつけぇ~?」と聞いたら、 「違うよ!さっさとできない自分に舌打ちしてんの!チッ!」と捨てぜりふ… 隠れスケバンの楽母でした。 くま様のコメントにもありましたが、施設か在宅か…悩むところですよねぇ~。 いつかは施設とは思っていますが、それがいつなのかを考えるだけで、頭の中がグルグルクラクラしてきます。 あんず様☆お母様明日からショートですね~♪ ゆっくり休んで下さいね☆あたしはニャンコ様を見習って、楽母を美容院まで連れてゆきます。 チームあんずの皆様☆手抜き介護でご自愛しましょうね☆
    • 5. あんず
    • 2015年10月28日 01:07
    • くま様、こんばんは。

      結構、野暮用って多いですよね。
      くま様はご自分のご家庭もあるのに、くま母様もみなければならない。
      私より大変ですよ。
      >そのうちくる ババのベン君ニョウちゃんの世話 
      ニョウちゃんだけならいいんですけどね。
      従姉から、「そのうち、ベン君を手で触ったりして、大変なことになるわよ」と
      脅かされました。想定内とは言え、頭によぎります。在宅か施設か。
      明日からショートですが、今月は3回のショート。ショートを増やすとどうなるか?
      なんですが、その都度忘れてしまうので、変わらない(笑
      ショートへ送り出すとき、一瞬、可哀想とは思うのですが・・・
      そうそう、京都のやずや様は、精神科の先生から、
      「貴女のうつは、お父様の介護がなくなれば、治る」と言われたそうです。
      くま様、負けるな!ガッツだぜぃ Do the ド根性♪
      ウルトラぎゅぎゅぎゅちゅ ハグと ラブリーよしよし!!だぜぃ!
    • 6. チコ
    • 2015年10月28日 01:13
    • あんずさん こんばんは☆
      チッ!チコです(^^ゞ

      お母様だぁ~と、会ったこともないのに懐かしいような面影。一昨年94才で他界した叔母に似てます。明日からお泊まりですね♪
      あんずさんのホリデー\(^o^)/バンザイ

      NHKで禁断のテーマ?高齢者が増えて医療が膨大になっていく現実に、今度はやっぱり何とかして死ねる方向へ?破裂と言うドラマやってますね。
      椎名桔平ファンの私は家事をしながら見てみましたが。これは先日から介護の重いテーマの特番と言い、今回はドラマと言えど国策として天寿プロジェクトなるものをたくらむ奴ら、、。
      私は猫みたいにその日が近いなぁと思ったら静かに好きな場所を探しそっと自然に帰れたらいいなぁと思います。猫じゃないから無理だけど。

      あんずさん、明日も順調に送り出し祈ってます☆そして~あんずさんの時間を満喫してくださいね(^-^)v
    • 7. あんず
    • 2015年10月28日 01:15
    • ポヨヨン様、こんばんは。
      3年前の入院の際、言われたのは、「自力歩行で退院するが目標です」
      しっかり、達成して頂き、がっくりでした(笑

      茶碗むしの中に、カニ焼売。
      お腹に入れば一緒ですもんね(笑
      姉妹揃ってのお食事。気分よく召し上がれたのでしょうね。
      そうでしたね、お義母様、手術をされたんですものね。
      東京オリンピックまで、頑張らなくてもいいよと言いたくなりますね。
    • 8. あんず
    • 2015年10月28日 01:51
    • 山椒魚様、こんばんは。

      「老化」が足の裏にも出てくるとは!
      ググってみると、足の骨は細かい骨の集まりなんですね。
      その骨を支えるの筋肉とは。
      太ももや、ふくらはぎを鍛えるだけでいいんだと思ってましたが、
      山椒魚様のコメントを読んで、「老化」と一言で片付くことではないと
      思いました。

      足の指を出来るだけ、使うんですね。
      了解!!入浴の際は、パンツは足の指先を使って持ち上げる。
      足ふきマットもつまむ努力をする。
      足先を使うこと、結構ありますね。屈まないでやってみることにしますが、
      あー、冬は冷え性なもんで、靴下を履いているけど・・・
      靴下を脱ぐのも、足先を使ってみますか・・・。

      今日、マイナンバーより先に、国税庁から、
      法人番号指定通知書が送られてきました。
      ショートを利用して、法務局へ行ってこよう。
      会社があっても、それで食べてはいけませんから・・・。

      先日、義姉の法要があったときに、黒の皮靴を履いたところ、
      履いただけで、足が痛い。
      そこで、いつものスニーカーを履いて、革靴を持って行き、
      近所で履き替えて参列。
      帰りはまた、スニーカーにしました。
      もう、ヒールは無理です(泣

      従姉も若い頃テニスをしていて、転倒。
      腱を伸ばしてしまったことが今になって、痛み出したそうです。
      病院で診てもらったところ、やはり、ストレッチをしながら、
      杖を使うようにと言われたと言ってました。

      運動しないとアカン!!
      山椒魚様、あたしもやりまっせ!!
    • 9. あんず
    • 2015年10月28日 02:01
    • 楽様、こんばんは。楽母様も認知症とは思えぬ、頭の回転の良さが見られますね。妙なところで回りますもんね。◇テレビの内容がどんどんわからなくなってきているようです。そそ、エンドレスクエスチョン、いいところで、声をかけられて、「チッ!うるせぇ!」です。すると、「なんて声の悪い俳優なの!!」ですって。始まりましたぜぃ。人のせいにすること。◇今月はショート3回。どんな反応かと思うのですが、忘れてしまうので、同じ(笑。さて、明日は「アタシ、この間も行った」と言うかどうか!◇週三回のデイへ行かれているとのこと。よかった、他人事ながら、嬉しい!!
    • 10. あんず
    • 2015年10月28日 02:25
    • チコ様、こんばんは。
      来月で91歳になります。
      この頃、痰をガァーと吐いてばかり。往診の先生に言っても、自力で吐けるんだから
      吐かせなさいと言われるだけ。
      痰を吐く音がすごく嫌なんですけど、自力で吐けなかったカメ父様を思うと、
      我慢しようと思うのです。

      NHKのそのドラマ、気になって見たいのですが、死への恐怖感を持っている母には
      見せられない。ショートとの曜日も合わず、ちょっと残念に思っていました。

      >私は猫みたいにその日が近いなぁと思ったら静かに好きな場所を探し
      そっと自然に帰れたらいいなぁと思います。

      うん!!そそ、静かに好きな場所で自然に帰る。
      そういうわけにはいきませんね。
      今回のブログを書きながら、認知症になる前に、
      自分で死を選ぶことができれば、いいなと考えていました。

      明日のショートへの送り出しは、いつもと同じ、嘘っぱちを母に吹き込むこと。
      「疲れたでしょ。アタシ、お泊りするから、ゆっくり寝なさい」って
      言うわけないか・・・
    • 11. レイジ
    • 2015年10月28日 06:26
    • あんず様
      今日もまた余計なおせっかいです。
      ヤッパリテレビは録画出来るタイプのものを購入されて方がよさそうですね。
      気分だけでも、ストレスがたまらないようにされた方がいいのではと思います。
      今のテレビは録画機能がありますが、ハードディスクは別に1万円くらいで購入するとかなりの番組が録画できます、これで自分の予定を変えなくてもテレビは把握できますし、余った時間に見れますから、どうでしょうか?
    • 12. ニャンコ
    • 2015年10月28日 14:38
    • あんず様
      こんにちは
      日本の世界一長寿国は食だけではなく医療の進歩に寄るところが
      大ですね。本当に現在の私もあんずさんの意見に賛同します。
      昨日 自身の老後について
      「私はお母さんみたいに娘(この一人っ子の私)がいなくて
      息子だけだから老後についてはお母さんや夫を見送ったら
      施設に入るわ」
      と話すと
      「あら息子達が見てくれるでしょう」
      と言うので
      「おかあさんは私に気を遣わなくて良いけれど
      娘と息子は違うのよ。息子の場合はどうしたって
      お嫁さんに気を遣ってしまうわ。私は息子達に
      負担かけたくないからがんばって節約して
      お金貯めて老人ホームに行くわ」
      と言うと
      「あんた 今からそんなこと考えているの。
      私なんかそんなこと考えたことないわ、暢気だから」
      と言います。私は心の中で
      「チッ 今すっかり私の世話になっているのに
      全くノー天気なこと」
      と思いました。
      今まさに母は老後にどっぷりと
      浸かっているのに何も気にしていない。
      でも 認知症は年をとって自分で色々な事を
      する能力がなくなる人のために起こる症状なのかな
      と思うようになりました。身の回りの世話をしてもらって
      申し訳ないなあ・・・・と家族に気を遣って生きていくのは
      しんどいから そのような人のために天が「認知症」
      という薬を遣わしたのでしょうか。
      それなら、介護者にも何か遣わして欲しいものです。
      そうですね・・・・・「楽天的」がいいかなあ・・
      「健康」と「強靱な精神」も・・・・・(涙)
    • 13. ひろちゃん
    • 2015年10月28日 17:41
    • あんず様、日々色んなことで大変でヘトヘト(;´д`)になりがんばっている皆様、お疲れさまです。「健康」と「強靱な精神」を持ち合わせている88歳の義母は相変わらずなんやかんやと自己主張の電話してきております。
      妄想老人の主張、スピーチとしてとらえ、感情表現、長文、作文、適切な単語が使われているか、国語教師のようにチエックしている私たち夫婦です。(本心は、またそんなこと言って、苦しいだの痛いだの、お金が一銭もない。食べるもんもなんもないだのウソツケ!呼びつけようとたくらんでるだろうが!です。)
      あんず様のお母様のようにうちもなんやかんや言っては呼びつけようとしています。
      (一人じゃ不安?なのでしょうがそんならデイの日はグズグズせず人の集まるところにさっさとデイに行けよ。ですが・・)   続く

    • 14. ひろちゃん
    • 2015年10月28日 17:50
    • デイケアから帰ってきた夕方はおだやかで会話がなんとか成り立つのですが
      翌朝の早朝から怒りビーム炸裂の電話かけてきます。
      最近は「へぇーそうなん?」と「はぁ??」と初めて聞いた素振りのおとぼけ、この二つの言葉のみで返し、なにがなにやらわからん混乱作戦に持ちこむ私です。
      27日は26日の代替えで行かせました。(私に用事があったので朝の送り出しができなかったので)、いかなるときも病気でやむを得ない場合以外、週4日デイに行かせるパターンを崩さずなんらかで所定の曜日に行けないときは前もって日を代替えし行かせる鬼嫁です。(笑)風邪で3月に休んだ時も他の週で○月○日の休んだ分として行かせました。
      行く日は行くと!遊びに行ってるわけじゃない。人とおしゃべりすることも食事することも体を動かすこともデイですることは全部訓練。人様の税金で訓練受けることができると。といつも言いデイにもし行ってなかったらとっくに寝付いていると思うよ。デイのおかげでこうして自分で歩けるし、誰かにあーんと食べさせてもらわなくても自分で食べれるとよ。自分も行きたくなくてもがんばってるじゃないね。今の自分はがんばったから今の自分でいられるとよ。もっと自信持ち~、大丈夫、今日は死なないって!
      デイの人がそばにいるからなんか異変があったらすぐ病院に連れて行く。だから今日は大丈夫助かるよ。
      行かずに家に一人いたら、なにかあって誰も気がつかず助かるもんも手遅れで助からんときもある。
      といったら、スクっと立ち上がり自分で着替えをはじめた。おぉー今日は心の琴線に触れたか(笑)(もう死んだ方がいいといつも言ってるじゃん。ありゃなんだい?と思いつつ)
      傾向と対策(ここで学んだ皆さんの大変さで予習できることもあり助かります。) 続く
    • 15. ひろちゃん
    • 2015年10月28日 17:59
    • どうも認知症進んでるんだろうな。昨日の朝会ってるのに「アンタは昨日は来んじゃった。いいや、会ってない」と言い張った義母。「昨日はデイに入れ歯せずに行ったので私が持って行ったじゃないね。覚えてないと?昨日食べ物入れていたけど今日またデイなので食べ物は少なめに入れとくねとメモ置いてたじゃないね。」ゴミ箱をみるとサバのぬか味噌煮が捨てられている。魚、葉物野菜、豆腐、納豆類はゴミ箱ポイ。ゆで卵も黄身だけ食べてポイ。最近はカボチャの煮物。ポテトサラダもポイ。切干大根の煮物、ひじきの煮物もポイ。 どうすらええんかい。デイと家での様子を話し、デイで夕食してから送り帰らせる案が出た。
      スタッフとおしゃべりしながら、孤食でなく、食べ残しもしないようにと言う案。
      一人そんなおばあちゃんがいるそうで。そのおばあちゃんと一緒に夕食。
      そうなれば孤食生活22年、大きく変わる義母の生活。

    • 16. ニャンコ
    • 2015年10月28日 20:27
    • あんず様
      再びお邪魔します。
      明日から週末にかけて寒くなるそうですね。

      さてひろちゃんさんのこのコメント悪いけれど笑ってしまいました。
      >「健康」と「強靱な精神」を持ち合わせている88歳の義母は相変わらずなんやかんやと自己主張の電話してきております。

      せっかく用意した食事が捨てられているなんてショックですね。私達介護者達も負けてはいられませんね。

      昨日母があんまり押し入れの中がグチャグチャで服が見つからないと言うので
      「じゃあ 一緒に整理しよう」
      と強引に押し入れの中に埋まっている衣類を全部出しました。
      出るわ出るわ。服、肌着、にパンツ、ズロース 夏用も冬用もです。
      どうして同じような肌着、ズロース類がこんなにあるの、確かタンスの引き出しにも
      レジ袋にもいっぱい入っていたのに・・・・とびっくりです。
      中にはどうも洗っていないようなのもあり
      あまりにも汚れている服や下着はそっとゴミ袋に入れ
      あとは 全部洗濯しました。
      「たぶん綺麗だと思うけれど長い間押し入れに入ったままだし
      湿気ていてもいけないから洗っておくね」
      と言って。
      取り入れて畳んでいたら
      母は後は自分ですると言うので
      半分は母に任せました。
      また 押し入れに放り込まないようにしてよと思いますが。
      きっと
      「あんたが入れた」
      と私の性にして
      再び押し入れに入るかもしれません。
      そう思っておきます。
      気温の変化激しい日々です。
      あんず様、チームあんずの皆様 風邪を引かないように
      気をつけましょうね。

    • 17. あんず
    • 2015年10月29日 01:11
    • ペコ課長レイジ様、こんばんは。

      録画機能なしにしたのは、どうせ、操作がわからない(母ではなく、私が)
      テレビを見るのは、母であり、私でない。
      実は、母と一緒にテレビを見ているとき、殆ど寝てます・・・。
      むしろ、もう一台あったほうがいいかな。録画が出来るように。
      でも、そんな、時間もないし・・・。
      考えて下さって、有難うございます!
    • 18. あんず
    • 2015年10月29日 01:41
    • ニャンコ様、こんばんは。

      母が認知症になって、一番に感じることは、
      「生きる」ことに貪欲なこと。
      以前は、よく、「早く、お迎えがくるといいわ」と言ってました。
      でも、今は、その逆。
      ひたすら、死にたくない。
      だから、テレビの健康番組を食い入るように見ています。

      私も、母には、「アータが死んだら、すべてを片付けて施設に入る」と
      言っていますが、何故、施設入ると言っているかの本筋はわかっていませんね。
      >「あら息子達が見てくれるでしょう」
      そそ、わたしには子供がいないので、甥や姪の世話になるようなことを
      母は言います。
      とんでもないです。子供がいたとしても、意識のあるうちに施設へ行きます。
      でも、そのためには、貯金しなきゃ・・・
      認知症は相手を思いやることが出来ませんから、悲しいです。
    • 19. あんず
    • 2015年10月29日 02:19
    • ひろちゃん様、こんばんは。
      お疲れ様でございます。今日、姪のところで、お義母様の駐車場でご飯を蒔く話をしてきました。姪の車は駐車場に置いてあるので、どう?と聞いてみました。認知症の人がやっているわかったら、ご飯を踏んだとしても、仕方ないと思うけど、認知症を知らない人にとっては、腹立たしく思うんだろうねと言ってました。
      私も母をデイへ出すときは、看護師さんがいて、苦しいとなると、すぐに手当してくれるから家にいるよりいいよと言います。胸が苦しいと毎朝言いますが、ほんとに心臓が悪ければ90歳まで生きていないですよね。
      食事は全部捨てちゃうんですか?確かに気に入らないことが起きると、母も途中で食べるのをやめて、お腹がいっぱいだから、明日食べるといいます。そんなら、食べなくてもいいという私の意志を、残ったものの上に全部食器を重ねて、母の前から嫌味ったらしく下げてます。
      >デイで夕食してから送り帰らせる案が出た。
      これで、ご飯を蒔くという行為もなくなるかもしれませんよ!!
    • 20. あんず
    • 2015年10月29日 03:40
    • ニャンコ様、再びこんばんは。
      今日の関東はとても暑かった!
      これからは、どんどん寒くなるそうですね。
      皆様、体調には気を付けましょう。

      ニャンコ様、ひろちゃん様の用意した食事と一緒。
      せっかく、きれいにしたタンスのなか、また元の木阿弥でしょうね。
      そして、一緒に片付けたことを忘れて、ニャンコ様のせいだ!とおっしゃることでしょう。
      ムカッ腹になると思われます。それが、認知症ですから。悲しいですよね。
      ズロース、母のタンスの引き出しの中に、三分丈から七分丈まで、20枚ずつくらい入っています。それも、新品。誰も履かないのに・・・それこそ、モッタイナイ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット