「叔母様へのご機嫌伺い」と従姉が来宅。

従姉が来る前にリハパンを取っ換えてと母に
トイレへ行くことを促したところ、シーツに
くっつきベンちゃんが・・・。

あわてて、シーツも取り換え、バタバタ。

すると、母が申しました。

R子(従姉の名前)が来るのをなんで断って
くれなかったの!、アタシ、胸が押されて、
苦しいのに。

今まで、なんだかんだと言って数回にわたり
断ってるんよ。
ママが、具合が悪いから、って言えば、納得
しはるよ。

わかったわ。アタシ、R子に来なくてもいいと
言うわ。


ところがでございます。
従姉が来た途端に、外面ヨシコちゃんぶり。

そうなると、シャッキリとし、会話も、ん?
とズレ感があるところも、上手に、言葉の
綾を駆使して、傍で聞いているアタクシも、
舌を巻いてしまうほど。

これじゃあ、認知症ですとは言えまへん。

たまに来る従姉には、母が認知症だとは思え
ないらしゅうございます。

従姉の母、つまり、母の姉ですが70歳のとき、
乳癌で亡くなりました。義理の両親も介護を
させることなく、あっさり他界。

叔母様、しっかりしているじゃあない!
って、それは、この従姉は介護の経験があり
ませんからね。

あの、微妙なスレ感を察知・理解することは
ないのです。
むしろ、認知症だと愚痴るアタクシが、オカ
シイと思っている節があります。

その点、仙台にいる従姉は、母親が認知症で
したから、アタクシの言う母の状態を、よく
わかってくれます。

さて、午後4時、夕食の支度もあるからと、
腰を浮かしかけた従姉。

この次は、叔母様に阿部の叔父様のことを、
伺いたいわ。

ちょっと、最後に母にかけた一言が命取り。

母のエンドレストークショーが始まりました。

「阿部の叔父」とは母方の祖母の弟のこと。

すると、父方や母方の実家の状態から始まり、
祖母と祖父との結婚の馴れ初め、祖母の弟に
当たる、その「阿部の叔父」の卒業した大学
のこと、戦後の会社で偉くなったことを延々
と話しはじめました。

あるところまでくると、また、振り出しに。
そして、その都度内容が少しずつズレて違う。

従姉は辛抱強く話が途切れるのを待っている
ので、いつも鬼娘のアタクシに何度同じこと
を言うてるねんとぶった切られている母は、
聞き手がいると嬉しくて絶好調。

3~4回続いたところで、従姉がようやっと、
母を制止しました。

叔母様、お疲れになりましたでしょう。
帰りますね。また、おしゃべりに伺います。

結局、母の口からは、「来ないで」とは出る
ことはありませんでした。

003

玄関先の小さな秋。南天の葉。

「エンドレストークショー」という言葉は、
介護友の楽様のコメントから。

「エンドレストーク」という表現ですべてを
表していると存じます。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. 楽
    • 2015年09月26日 23:28
    • あんず様☆こんばんは☆ お母様のエンドレストークショー♪絶好調だったようで、あんず様☆お疲れ様でした。 あんず様のお母様同様で、楽母も筋金入りの外面ヅラよし子なので、久し振りに会うあたしの友達は「楽ママしっかりしてるし、ちゃんと話せるじゃん。ホントに認知症?」と言われますが…何度も会っている友人は、エンドレスクエスチョンが多いので、「楽もたいへんだねぇ~。」と理解しつつ、楽母のエンドレスクエスチョンに、笑顔で対応をしてくれて、かまってちゃん介護のあたしには、ありがたい限りです。 もしかして他人様のほうが、自分の母親よりイライラしないのかもしれませんね… あんず様☆小さい秋☆いーですね~札幌は急に寒くなり、早すぎる秋になりそうです。 楽母は今日はディだったので、あたしは昼寝して、シマムラで普段着買って呑気に過ごしました。 楽母はディに行った日はイビキが酷くて、あたしはイライラ… あんず様も夜勤中ですか? お母様もうすぐショートですよね?それを楽しみに頑張って下さい! チームあんずの皆様☆エンドレストークショー☆にめげずに手抜きとご自愛で行きましょう☆
    • 2. レイジ
    • 2015年09月26日 23:40
    • あんず様
      今日はちょっと早めのコメントです。
      25日の新聞に大手の保険会社が認知症対応の特約保険を開始するとありました。
      インターネットで調べてみると、去年同じような新聞記事があったようでした。
      私も記憶の巡回現象が起こり始めたのかと不安になりました。
      あんず様認知症の本を本当に出されてみてはどうでしょうかね?
      どうも今は、ブログと同じ感覚のインターネット出版があるようですので、インタネット本屋さんに出されてみては?
      題名はこんなのはどうでしょうか?
      小説風な題名だと「つぎはぎだらけの脳みそ」エッセイ風だと「母の認知症と戦わないといけないの?」などはどうでしょうか?
      なぜか、人のへのおせっかいはどんどん進むのに自分のことは全く進まない変な状況です。
      私も認知症?コメントを読み直したら、モザイクコメントになっていますね。
      まだ、幻聴や幻覚がないので少しは安心していますが、でも、本当は忘れている?
      病気になる恐怖とともに認知症の恐怖も加わる近頃です、年代的にがんの恐怖が!
      ペコロス課長スランプでお休み中です。
    • 3. チコ
    • 2015年09月26日 23:50
    • あんずさん こんばんは☆
      お疲れさまです。
      季節を感じる写真いいですね。自然の発する色合い。昔の色の呼び方はあらためてみると日本の四季にあってますね。

      お母様は絶好調でしたね!
      生き生きとした表情でトークショー♪
      従姉さんも上手に切り上げましたね。
      タイミングはむずかしいですね(-.-)
      先程、NHKで認知症なんとかでユマニチュード?について?優しく、驚かさないこつとかやっていました。毎日ぜーんぶをそんなふうにできないと思いますよ~と見てました。
      目の前に起きてることがマグニチュードいくつだ?!ですよね。

      あんずさん、明日からお母様ショートさんへでしたよね。お鼻ちゃん診てもらってくださいね。私もこの秋は鼻がズ~時々つまってピーです。頭痛がしますね。

      そうそう、あんずさん。髪型を変える楽しみが待ってる~♪と思うとイメージしたり楽しくなりませんか?!わたし~待つわぁ~♪いつまでも~???!!←ここは歌詞とばしましょ(^^ゞ
      では、あんずさん!のびのびして下さいね。


    • 4. あんず
    • 2015年09月27日 01:40
    • 楽様、こんばんは。ただいま、夜勤中です。まだ、1回目はまだです。エンドレストークショーは、ほんと疲れましたよ。話がどんどん、ズレるし、絶好調になると、どういうわけか、創作が入ってくる。きっと、自分で話していることに酔うんでしょうね。この従姉には、母をおっつけて外出するわけにもいかないし。また言ってらあーと私は聞いていませんでした。戦前の話の中に私が登場してたりして、そういうのを、滅多に会わない人には理解できるのでしょうかね。他人様の話は、それこそ、他人事で聞くから、いいのでしょうけど。ほんと、どうして自分の母親にはイラつくんでしょう?楽母様は素直にデイにお出かけになったようですね。明日のショートの送り出しは、女優で頑張ります。今回は無料健康診断と耳鼻科と逆流性食道炎の検査と病院三昧の予定になってしまいました。3日間、家でのんびりは無理そうですが、夜勤がないのが助かります。しっかりご自愛します。
    • 5. あんず
    • 2015年09月27日 01:50
    • ペコ課長レイジ様、こんばんは。
      たまには、早めにお休みください。
      生命保険の認知症対応の特約は難しいようですね。
      本のことは、一度、友人のライターに相談してみました。
      NPOで出版を希望する人の手助けをするサイトを紹介されました。
      そのほか、出版を持ちかけるプレゼンの指導をする人も見つけています。
      タイトルも、ちょっと考えてはいるのですが。

      年を取ると、細胞が衰えたり、なくなったりします。
      それは、仕方ないこと。
      予防することを心がけようようと思っています。
      認知症も怖いですが、ガンですね。
      60代は特にです。
    • 6. ファーマーK
    • 2015年09月27日 01:52
    • あんず様こんばんは。毎度のくっつきべんちゃんお疲れ様でございます。頭下がります。私が介護し始めたのはおおよそ3年前で、それまでは私の家からスープの冷めない距離におり、8年前父がなくなってから毎日母の家に通い母の出来ない世話をしていました。母はリウマチで身体障害1級で、手足が不自由ですがトイレには行けていました。けどよく家でこけて不自由なので起き上がれない体で毎日心配なので通っておりました。毎朝母のところへ行き夜は夕食を一緒に家族で取り自宅へ帰ると言う毎日でした。認知症状はなかったです。
      娘が高校入学の為に母の家にいくのがお昼過ぎの3時位だったでしょうか、家につくと血だらけで床に倒れ息はありました。急いで救急車を呼び病院に着き、おでこの横を3針縫うケガで頭の中身は異常なしでしたがここからが介護の始まりです。
    • 7. あんず
    • 2015年09月27日 02:29
    • チコ様、こんばんは。
      日本の伝統色の呼び方は、素敵ですよね。
      「城ケ島の雨」の歌詞に、「利休鼠の雨」とあります。
      利休鼠ってググると、緑ががった灰色なんです。
      微妙な色合いの表現にはぴったりしていますね。

      私は、母の話をいつも途中で、
      はさみを入れるような感じで切ってしまいます。
      それをされないので、嬉しくて何回もエンドレステープになったのでしょう。

      ユマニチュード、見つめて、触れて、語りかける。
      バリデーションという認知症の高齢者とコミュニケーションを
      行うための方法もあるんですよ。
      共通するのは、「優しく」ですね。
      >目の前に起きてることがマグニチュードいくつ
      そそ、その通りです。
      逆に驚かされることの方が多いですよね。
      介護って、実体験の積み重ねだと思います。

      月曜に耳鼻科に行ってきます。
      気温が低くなると、鼻詰まりになり、ほんと、頭痛に歯痛もあります。

      髪型なんですけど、髪を染めずに白髪まじりにしたいので、
      ショートにするつもりです。
      もちろん、母があの世に旅立ったらすぐに!!
      今は、美容院へ行く時間はありませんので、ゴムでひっつめ頭です。

      明日のショートの送り出し、女優登場で頑張ります。
    • 8. ひろちゃん
    • 2015年09月27日 13:27
    • あんず様、昨日も、今日も、そして明日も介護奮闘中の皆様、お疲れ様です!
      季節の移り変わりを感じながらも変わらぬ介護から逃れられないのが、秋の気配とともにもの悲しくもありませが、「くよくよしてもイライラしてもしょうがないし、目の前に迫ったことをとにかくやっつけがんばろうー!」ですねぇー。くまさんのエールを頭の中で復唱しながらがんばれてます。くまさん、いつもありがとぉー。
      あんず様、真夜中のトイレ掃除、べんちゃん、にょうちゃんとの闘いお疲れ様です。
      うちの義母は、リハバンなしの生活できてますが、時々アローゼン(便秘薬)飲んで、時々ショーツ汚しているんですよね。飲まないで済む時は飲まなきゃいいのに、長年の飲む習慣が変えられない。
      余分に家の中には1包たりとも薬類は置かないようにしてますが、便通がいいときも飲むから汚しちゃうのです。毎日のようにイモ類、豆類、ヨーグルト(R-1)食べさせ、それに油をオリーブオイルに換えてから便通良くなって自然な便通で自分でアローゼンを飲み忘れていることも月に半分はあるんですが「薬がないと苦しいので飲まなきゃならない」と思い込んで騒ぐんですよねぇ。・・つづく
    • 9. ひろちゃん
    • 2015年09月27日 13:40
    • 不必要にアローゼン飲んだ日、ベンちゃんパンツ処理係りの私が出動しやっつけます。本人はビニール袋に入れていたり、バケツに投げ込んでおり、自分であとで洗濯しようと思っているようですがポイしたあとそのまま忘れています。
      言えばプライドが傷ついたり、隠したりするとやっかいなので私は黙って洗濯してますけど。
      洗濯乾燥終えてタンスの引き出しに畳まれ収納されているのでそういうことがあることも脱いでポイした時点で本人は忘れているようです。
      デイに出かけた後、だからシーツやズボンなどもべんちゃんの形跡はなくとも汚染物質と疑い定期的に一斉洗濯(笑)洗濯後、ビニール袋に突っ込み近所のコインランドリーで乾燥してくるので本人は嫁が汚染物質疑惑で洗濯していることすら気が付いていません。
      洗濯物はたまったことはない、いつも自分で洗濯している。自分はきれいにしていると言っています。
      人によっては汚れた洗濯物をタンスの引き出しに大量に入れ込んでいて家族が見つけ「オエ~!」と仰天することもあるらしいから、ビニールやバケツにつっこみ区別していてくれてありがとう!助かるわ。と内心思うことにして黙っていることにしています。(隠されたら困りますもんね。)月に4回程度のことですので。(苦笑)
      この二年の間に睡眠導入剤をやめさせ、パキシルをやめさせ、風邪薬を常時飲みたがることをやめさせ、お酒を遠ざけ、じわじわと今度はアローゼンから遠ざけることをもくろんでいる嫁です。。。つづく
    • 10. ひろちゃん
    • 2015年09月27日 13:44
    • 本人老化を受け入れられず、病気、重病と思い、倒れそう、死にそうとよく言いますが、自転車こぎ、昇降台の上り下り、デイではムードに乗せられこなしています。(苦笑)まったくもって元気、元気。ありゃ・・90、100も乗り越えるかもなぁ。複雑複雑。命尽きずともお金尽きそう。
      高血圧の薬も医者によっては飲まなくていいんじゃない?って範囲でたまに上の血圧97など下がりすぎのこともあるし。
      この間、デイを愚図ったときも施設長さんが「今日死ぬような人は怒って文句言うこともできず笑顔を出すこともできずおとなしく虫の息ですよ。今日、死にはしませんよ。大丈夫ですよ。私が太鼓判押します。あんだけ怒ったら無駄にエネルギー消耗して疲れますよ。」と。「あはは。そのとおり!仮病だからあれだけ怒ることができるんやわ。」とりまく皆に仮病と見破られており、しゃーないね。と、しばしのわがままのおつきあいして皆に子守してもらっているのに。みなさん、目には目を。歯には歯を、じゃないけど演技には演技を!(笑)デイやショートの送り出しがんばりましょぉー。
    • 11. くま
    • 2015年09月27日 16:35
    • あんず様
        明日から ご自分の病院巡り・・ メンテナンスは大切ですよ
          早め早めにしないとね  あんず様の代わりはいないんだものねえ

        そそ・・チームあんずの皆様も ほぼ 交代要員無しでの 介護 
          たとえ 施設 デイ ショートに行っても  何かあれば連絡してくるんだから
             かくれんぼ出来ないものね   しっぽを掴まれてるね

        エンドレストーク  お母さまも聞いてくれる方がいて 嬉しかったのでしょうね
        介護レディースのエンドレス愚痴は ここで吐き出しましょうね

         さささ   いつものように・・・
           あんず様 & チームあんずの皆様
             今宵は15夜・・・
           まあるくでっかい ぎゅぎゅぎゅ ちゅっ &  ススキのようなヨシヨシ!!
                       送るからね~!!     へたれくま
    • 12. 山椒魚
    • 2015年09月27日 17:08
    • こんにちは。

      親せきの人がきて、どうでもいい世間話を楽しそうにして、親せきの人が「心配したけど、ボケてないじゃない」などというと、気持ちが少し疲れます。親を老人ホームに入れているので「ボケてない」の言葉に、こんなところに閉じ込めて、という非難を感じます。

      その親せきの人の名前も思い出せないし、今日の日付ももちろんダメだし、お昼ご飯の内容どころか、食べたか食べてないかも覚えてないのに。私がものごとを悪く考えているだけで、親せきの人の「ボケてない」という言葉は、私を励ましているつもりなのでしょうか。

      介護度の調査員の人で、◯◯はできますか? みたいな質問をして、本人への聞き取り調査が終わったあと、ご家族から他に言うことはありますか? と聞いてきたので、小声で「本人がいま言ったことは、もちろんほとんど嘘です」と補足説明したら、目を丸くした人がいました。プロだと思ってたので、こっちがびっくりしました。
    • 13. あんず
    • 2015年09月28日 01:04
    • ファーマーK様、こんばんは。母が誤嚥性肺炎で入院していたとき、夕食後、リウマチの奥様を洗面台まで連れて行き、丁寧に歯磨きをされているご主人をみて、歩けないけれど、手は自由に動く母とどっちが大変だろうかと思っていました。スープの冷めない距離は理想的な住まい方ですね。スタートは医療介護からだったのですね。
    • 14. あんず
    • 2015年09月29日 01:03
    • ひろちゃん様、こんばんは。お疲れ様でございます。
      昨夜は、母をショートに出したためか、眠気が襲ってきました。
      途中で起きなくてもいいという安心感で朝まで寝ました。
      そして、母がショートへ行ったあと、すぐにトイレを掃除しました。
      いやいや、毎日こぼされると、臭いが鼻について、掃除してもしても、臭いが取れない気がして。これも、仕方ないことで、私も年を取ったらそうなるでしょうね。
      アローゼン、昔、処方されて飲んでいました。アローゼンは軟便を越えて下痢をしますよね。お義母様はリハパンなしですか?いいですね。でも、失敗すると大変なことになりますよね。それこそ、ご苦労様です。
      母はベンちゃんが出動したあとでも、どうして、出ないの?ときばるんですよ。
      そこも忘れてしまうから。R-1は便秘にいいみたいですね。
      汚れたものをタンスや押し入れに隠すことなく、別にするとは、ほんと、それだけでも素晴らしい。その習慣だけは忘れないで欲しいですよね。

      ひろちゃん様はお酒や睡眠導入剤を止めさせたとは、すごい。
      私はその逆ですもん。睡眠導入剤を飲ませ続けて2年!!たぶん、このままずっとだろうな。薬、薬と騒ぐけれど、ほんと飲まなくてもどうってことないと思います。
      確かに苦しいだろうし、痛いだろうけど、それが老化ですもんね。それを受け入れると少し気持ちが楽になると思うんですけどね。
      デイやショートの前に必ず、死にそうと言うんですが、「15年間毎日言ってるけど、死んでないよ。」というと黙ってしまいます。「そうね、苦しいよね」なんて、優しい言葉をかけたことはありません。
    • 15. あんず
    • 2015年09月29日 01:04
    • くま様、こんばんは。
      何かあると、「どうしますか?」だもんね。
      どうします?って、毎回予定を組んでいるんですから、そのくらい、わかれよと、
      スケバン鬼娘は思います。
      そそ、私は「またぁ、この間も聞いた!」とテープを千切ってしまうからね。
      最後まで、何度でも聞いてくれたとうれしかったんでしょうね。
      たまに、だから、聞いてられるんですよね。

      くま様、「月が綺麗ですね」です。
      今夜はスーパームーン級のハグと月光のようなヨシヨシをお返しに
    • 16. あんず
    • 2015年09月29日 01:04
    • 山椒魚様、こんばんは。
      >どうでもいい世間話を楽しそうにして、
      親せきの人が「心配したけど、ボケてないじゃない」などという

      私、来るたびにムカつくんです。
      毎日一緒に暮らしていないのに、ほんとの姿を知らない、
      外面ヨシコちゃんであることなんか、全くわかってない。
      自分の子供の兄ですら、兄が、また来るよと玄関を出て行ってしまうと、
      そのときには、来たことを忘れてしまうんですから。

      介護度の調査員が認知症の人の話を本気にするとは、
      その人、経験度が足りないのでは?

      まあね、他人様が聞くとほんとの話に聞こえますがね。
      だから、これは、「ウソだ」と言ったほうがいい人には、
      後で「あの話は違う」と話すことがあります。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット