ショートから帰ってくると、いつものように、
膝が痛いと言うのですが、割とシャンとして
ポジショニングバーにぶら下がるような感じ
で歩くのです。

やはり、施設の他人様の中で3泊すると甘えが
消えて、自立歩行が出来ています。

だから、外部でのリハビリが必要なんですね。

って、母に説いたところで理解しませんし、
ましてや、実行するのを嫌がります。


内田樹先生の『修業論』(光文社新書)に、
よると、って、先生の本は哲学者だけに難解
です。

他の方が引用されている箇所を再引用します。

加齢とともに、誰もが経験する老いや疾病、
精神的ストレスなどを「敵」に見たてアンチ
エイジングに励むのではなく、それらを受け
入れることによって「敵」を作らない「無敵
状態」の心的態度を持つのが良い。


これを読んで、アタクシは母に嫌味のごとく、
(正直なところ、嫌味です)言っているのが、
結構、正解だったとわかりました。

90年も細胞や組織を使ってきてるんやから、
ガタがきて当たりまえや。それを老化という
んや。若返ることはないんよ。
だから、素直に老化を受け入れて生活する、
これが生き易くなるんよ。


引用された方が、書かれています。

老いていく過程の中で、経験する多くのスト
レスを「敵」と思わないようにする人生修業
とはいったいどんなものでしょうか、想像も
つきません。

アタクシは、老いていく母を看て、経験する
多くのストレスを、「敵」と思わないように
する人生修業がいかなるものか、が容易に、
想像出来ます。

たとえば、膝の痛みは、積極的に、きんさん
ぎんさんを見習って、簡単な体操をし筋力を
つける努力をする。
それには、膝の軟骨は再生しないことを素直
に受け入れることなんです。


「敵」を作らない「無敵状態」の心的態度は、
素直になることで生まれると存じます。

そんなこと、大口叩いて申しますが、意外に
素直になるって難しゅうございます。




winc

アタクシの老後の目標の一つは、

可愛い婆さんになること、ですかね。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. レイジ
    • 2015年08月28日 20:50
    • あんず様
      今日は哲学ですか、でも中身は、みんなにわかる言葉で代用する?とゆうか、表現することかも。とまた哲学みたいな表現でした。
      でも、相手の心はどうしても判らないですよ、てゆうか、相手にはなれませんからね、でも、相手を投影して見ることはできると思います、なんて、ことが哲学表現になっていますか?
      あんず様の苦しさは最後まで分からないかもしれません、でも、気分は一緒ですよ。

      ペコロス課長奮戦記 見守り介護の助手を見つけた?
      オムロンで今度発売する、「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線(HVC-C2W)」が意外といいかも、ネットワーク(ワイハイ)があれば簡単に設置出来て、スマートホンに、配信できるようです。これがあれば近いところの用事はちょっと済ませることが出来そうです。
      でも、メーカーによっていろいろバージョンがあるので、できるだけ紹介していきます。
      オムロンは、ブログで紹介OKでました。また、問い合わせに入れて回答がありました!!
    • 2. あんず
    • 2015年08月29日 00:43
    • ペコロス課長様、こんばんは。
      オムロンって、できた企業ですね。ちゃんと問い合わせに回答するなんて。
      HP、見ました。室内の音も拾えるのでしょうか。
      どちらにせよ、スマホがないと出来ないんですね。ガラケーの私です。

      母に「老化を受け入れるほうがいい」と言い続けていたのですが、
      老化、とばかり言うのもと気が引けていました。
      内田先生の本で、老化の不調を敵にしないで、受け入れることとあり、
      自信を持って母に言うことにしました。
    • 3. 楽
    • 2015年08月29日 01:11
    • あんず様、こんばんは☆ 楽母無事退院しました。外面ヨシ子大賞に輝きそうな楽母娘は、かわいいお婆ちゃんと孝行娘を演じきりましたよ!(ちっみんな騙されたなっ)と思いつつ、3ヶ月通院をやりきった喜びもあるスケバン楽です。 楽母は、退院祝いのお寿司で上機嫌でしたが、スパルタ鬼楽は着替えも見守りだけで、手は貸しません。 退院直後でも、家では鬼娘なのは、変わりません。 退院後、母の従姉妹が二週間滞在してくれているのであたしは、ちょっとゆっくりできそうです。が、従姉妹にも外面ヨシ子さんの楽母!従姉妹が帰った後は、ワガママおおかみバァサンに、変身する楽母にゲッソリしそうです。 老いを受け入れるどころか、骨折も忘れてしまうのではないか…と思われる楽母です。 あんず様、あたしはカッケー女子というより、仕事大好き!ちょっと変わったバブル女子でした。今でも、仕事してーよ!と思う時があります。チコ様、自転車の二人乗り、練習しておきますね。あんず様、チームあんずの皆様、 内面も外面もかわいいお婆ちゃん目指して、日々精進しましょうね☆ あんず様、ハグとヨシヨシありがとうございました☆
    • 4. はるる♪
    • 2015年08月29日 11:31
    • あんずさま、アンチエイジングって言葉
      確かに戦闘的ですよね

      老いを受け入れるって、確かに難しいと思いますが
      だったら対抗できるように
      やっぱり励めよ
      って思います

      うちの鬼母(鬼は私でなく母だと気づきました)は、
      老いを受け入れず
      いつもいつになったら治るんやろ
      もう少ししたら元気になるかな
      といいながら
      不調を不満たらたらオーラで
      ぶつけてきます

      受け入れて諦めるのか
      抗って努力するのか
      寝て待ってても解決しないよと
      もう言いくたびれました

      「素直」ね

      鬼母には一番ほど遠い言葉です
    • 5. あんず
    • 2015年08月29日 16:39
    • 楽様、こんにちは。3か月の皆勤の通院、努力賞どころか、金メダルものです。お疲れ様でした。あ、お祝いを言うのを忘れた!退院おめでとうございます。お従姉妹さんがいて下さるのはいいですね。楽様も、楽してくださいね。9月から早速デイですよね?お従姉妹さんには外面よし子さんだったら、素直にお出かけになるかな?どうでるかが、気になります。骨折をしたことを憶えてくれているのなら、リハビリで動かしていかないと自覚があるでしょうが。たぶん、忘れてしまうんですよね。仕事、大好き!、私もです。でも、いつになったら出来るのか・・・・やっと出来るようになっても、今度はどこも雇ってくれない・・・。そうなりそうで、悲しいです。そうだ、私、自転車に乗れない。どうしよう~。北海道の冷たい風が関東にも吹いています。涼しいというより、寒いです。介護レディースの皆様、頑張りまっしょ!!
    • 6. あんず
    • 2015年08月29日 16:44
    • はるる♪様、こんにちは。
      母も、痛い→筋力を鍛えて、歩けるようにしておく、という構図には
      理解を示しません。
      むしろ、「アタシは60歳だから歩けて当然!」という気でいますから、
      運動なんかやりません。

      そのくせ、なんで、痛いの?と質問攻め。
      膝の軟骨がないからで、それは老化だと言うと、
      「親に向かって言う言葉か!」と怒るんですが、
      素直に受け入れて、リハビリや筋トレをしないと
      どんどん歩けなくなるのに。

      ほんと、知るかぁー!と言いたくなります。

      せめて、将来、私はなりたい。素直に。
    • 7. レイジ
    • 2015年08月29日 17:23
    • ペコロス課長奮戦記  これで見守りも楽になる??
      あんず様やりました見つけましたよ、ガラケーも行けそうです。
      音声も行けます、動いたときにメールも来ます。
      http://atexjp.jp/SHOP/starcamhome.htmlです。
      ブログ紹介の許可も出ました。まずは連絡です。
    • 8. あんず
    • 2015年08月31日 01:17
    • ペコロス課長様、こんばんは。
      調べて下さって、有難うございます。
      ガラケーOKが嬉しいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット