午後3時15分、あれれ?、今日は、バーバらの
共有スペースでのお集まりがない!

ショートのお迎えに行くと、母がバーバらの
仕切り屋になって、騒いでいるのに。

母はどこにいるんや?

すると、端の方の部屋から、怒った母の声が
響いてきました。

スタッフさんになにやら、文句を言っている
ようでした。

アタクシが顔を出すと、母はベットに座って
おりました。

何よっ、こんなに遅く!!

娘さんは予定通りにお迎えにいらしてますよ。

しゃーないやん。あたしも病院から2時に家に
戻って、そのまま、車でここに来たんよ。
(これはウソぴょん)

ああ、病院なら仕方ないわね。
でも、Y郎は何をしているのっ!!

母は自分の太腿を叩いて怒っていました。

Y郎ちゃんは、まだ会社に勤めてるねんで。
KUちゃん(上の兄嫁)が末期がんで治療中や。
それに費用もかかるでしょーが。

母は自分の面倒を子供達が誰もみないと不満
タラタラで、スタッフさんに言い続けていま
した。


今日は金曜日。
今まで居たのショートのメンバーがごっそり、
帰宅したらしく、母が独り、取り残されたと
いうことらしゅうございます。

つまり、保育園のお迎えと同じではないかと
存じます。

経験がないので、推測ですが、周りが次々と
お迎えが来て、帰ってしまう。
一人、二人、といなくなり、ひょっとして、
自分にはお迎えが来ないのではないかという
不安を持ったのでしょうね。

前回は、バーバらがまだステイ中のところ、
アタクシが迎えに来て、母としては、どんな
もんよ的優越感を持ったので、ご機嫌だった
と存じます。

幼い子が、お迎えがなかなか来ないと愚図る
のは可愛らしゅうございます。
が、90歳の老婆が、半狂乱になりスタッフに
喰ってかかっているのをみると、アタクシは
ウンザリでございます。


今回は、帰りの車のなかで、

YUちゃん(下の兄嫁の名前)は死んじゃった
やん。それに、Kちゃん(下の兄)は3年前に
くも膜下で死んでるんよ。

アータの兄弟も誰もいないし、実家には誰も
おらへんねん。

そして、上の兄嫁のことは、昨年亡くなった
という事実を伏せて、末期がんで治療中だと
いつも言っておきます。

母は、アタクシに何かがあって自分の面倒を
みることが出来なくなったら兄嫁に看て貰う
つもりなんですね。

どこまでもジコチューになってしまった母。

ショートの前には、それぞれの家庭に問題が
あるんだから、ママも自分のことは自分で、
ちゃんとしていく他ないんよ
と懇々と言って
聞かせるんですが、すぐに忘れてしまう。


家に到着する頃には、地団太踏んで愚図った
ことは忘れてしまっていました。

006


お腹が空いたというとき、飴玉かラムネを口に入れて
います。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (16)

    • 1. 桃
    • 2015年06月27日 04:02
    • こんばんは
      お久しぶりです、でもいつも読んでいますよ。 日々お母様のことを考え、3度の食事におやつまで用意され、あんず様はお優しいですね。
      ほかのみな様もおしものお世話や吸引など本当にすごいことを毎日やっておられるのですね。

      あんず様もお母様の言葉で苦しんでおられるのが良く解ります。嘘でも「ありがとう」とか
      お礼は言わなくていいから 何も言わないでほしいですよね。

      いつも落ち込んだ時ばかりコメしてすみません。じつは 今日母に面会に行ったのですが
      もう精神的にくたくたです。施設に入れた私が悪いですが、それしか仕方なかったし、すべて私が走り回ったのに、批難のことばばかりで辛いです。毎月来ている私より、倒れた時もこなかった、そしてもう何年も来ない兄のほうがいいのならあっちへ行けば!!!と喧嘩してしまいました。もう悔しくて悔しくて、涙が出ました。私自身、身体的にも経済的にも余裕があればいいのですが、そうではないので、自分にも余裕がなく、優しくできません。安いお菓子とおこずかいを持っていくだけで精一杯なんですが解ってもらえません。毎日お世話をしている方にはお恥ずかしい話ですが、面会に行くたびに、「不細工な恰好だ」、「安いものばかり買ってきて、恥ずかしい」・・とか、「こんなところにいれて!!!!」と言われ情けないやら、悔しいやら・・・
      以前「介護もいろいろ」と言ってもらえてうれしかったのですが、施設はやはり監獄のように思えるようです。同じ立場の人でないと愚痴も言えないのであんず様や皆様に聞いてもらえば
      本当にありがたいと思っています。いつも甘えてすみません。家族も友人もいないので、すみません。…離婚後、自分を見失って自分から友人とも縁を切ってしまいました。母の面会が義務の今、自分はなんで生きているのか時々虚しくなってしまいます。

      あんず様、皆様今後も、よろしくお願いします。
    • 2. チョコ
    • 2015年06月27日 13:02
    • 初めまして(^-^)アルツを発症した母を東京へ連れて来て3年目です。結構最近、煮詰まってきていました。それで、誰かそんな日記を書いていないかしらと探したところ、あんずさんの日記を見つけました。心が軽くなりました。有難うございます♪
    • 3. 楽
    • 2015年06月27日 13:42
    • あんず様、こんにちは。 お母様の地団駄にはうんざり…ですよね~。楽母は病院のスタッフさんにはニコニコと、かわいい婆さんを装いつつも、あたしには目を三角にして「毛布をかけてよ!」などと命令口調です。あたしは「ママ!あたしはお見舞いに来てるだけで、ママの付き人じゃないんだよ。」と応戦してます。今日は病院後に飲み会なので、高齢者チームにパワーを吸いとられないようにしなくては…と決死の覚悟で病院へと向かいます。(ちょっと大袈裟ですね☆) 桃様、あたしも10年前(介護が始まる以前)鬱になって友達とも疎遠になり、生きていてもしょうがないな…なんで生きてるんだろ…という時期がありました桃様の辛い気持ちわかります。 あたしは母親の介護の為に、離職しましたが、母親の介護の為に生きてるとは思ってませんよ。 色々ごちゃごちゃ考えてもなるようにしかならない!生きてるから生きてるんだ!と思っています。 桃様は、仕事をしながらお母様を施設に面会に行く事はとてもたいへんだと思います。 あまり自分を追い詰めずにいて下さいね。 (あんず様、長々とすいません。) あんず様、チームあんずの皆様、今日も高齢者チームのパワーに負けずご自愛しましょうね☆
    • 4. レイジ
    • 2015年06月27日 17:48
    • あんず様
      いつも大変ですね
      お母様が100センチ位の小さな体だと怒っても忘れますがね。
      お母様だとそうはいきません、自分を育ててくれた母親ですららね。
      本当は、子供帰りであんず様の子供の役割をしているのかも?
      すみません、いつも、庶務課の課長みたいな発言ばかりで。
      でも、自分の嫌な発言も聞きながら頑張ってください。
      ヨットの事務処理も、あんず様の天命です、気分転換になると思います.
      神様は個々の人生の帳尻を合わせています、いいことばかりは続きませんが
      悪いことばかりも続きませんよ!
      やっぱり、庶務課長、みたいですみませんでした。
      やっぱりパソコンは一本指打法かも?
    • 5. チコ
    • 2015年06月27日 17:50
    • (*μ_μ)♪た・ん 散散とぉ~ 管におちてぇ
      かなりのでかさの運の悪さを恨んでみたり~ 介護はムカつくぅ~ムカつくぅーものですねぇ~♪

      あんずさん。こんにちは。
      つかの間のholiday♪リフレッシュよかったです!
      おとなしくしてると思いきやまた歌でm(__)m
      父が軽い誤嚥肺炎をおこしてもうて~。落ち着きました。
      バタバタしてるなか母の口答えに逆上して、父の誤嚥肺炎のことで疲れすぎてた私は~つい、心不全なったとき在宅で助けなければよかったよ!と言ってしまいました。自己嫌悪ですが我慢できませんでした。はぁーため息です。
      あんずさん、チームあんずの皆様の声を読みながら元気にならなきゃ!と読んでました。
      でも、泣けてくる夜もありました(T_T)

      あ、あんずさん。やま吉のあの写真は大旦那さんが右の方。母も似たような写真もってますよ。
      日本橋の話喜んでました。


      さて、夜の部、、ファイトかな。ファイトですね。トホホ。

      桃さん コメントあってよかった(*^^*)なんだかほっとしました。



    • 6. ココ
    • 2015年06月27日 21:57
    • あんずさん、こんばんは(^-^)
      お迎えから大変でしたね。認知症は悲しく残酷な病気だと最近つくづく思います。
      楽さんが、お母様のために生きてるんじゃないとおっしゃっていましたが、夫もよくそう言います。
      長男だからと言われ続けて育った夫は、反抗しながらも言われる通りに生きてしまった気持ちを、今母親にぶつけています。
      認知症だとわかっていても、わがまま、自分中心が許せない時が多々あるようです。
      義母は、昔は優しい息子だったのに、嫁に言い含められて変わってしまったと思っています。
      なので、私達は信用されていません。
      何かというと、娘(義妹)を呼んでという感じです。
      そんなこんなで、夫は仕事を辞めて介護しているのに、辛く悲しく、悔しい気持ちなのだと思います。夫にもう少し優しくして、と言うのですが、一緒に暮らしているとイライラやストレスがたまり爆発してしまうんでしょうね\(>_<)/
      本当の親子のほうが、立場が逆転してしまったような介護の中では、関係がむずかしいのかもしれませんね。
      桃さん、あまり自分をせめないて下さいね。
      施設を見つけて、面倒な手続きもして、しっかりやってるじゃないですか!
      そして、お仕事もしているのにちやんと面会にも行ってらして。偉いと思います。
      あんずさんがいつも、時がくると穏やかになるとおっしゃっています。きっと桃さんの気持ちも伝わっていると思います。
      夫にも同じ事を話しました。 ココ
    • 7. 山椒魚
    • 2015年06月27日 22:37
    • こんばんは。

      お母様のショートでの夜中のおしっこ具合、どうだったのでしょう。
      お家にいるときの変化がもしもあるなら、何かの解決の糸口では。
      と、思わずにいられません。
    • 8. ひろちゃん
    • 2015年06月27日 23:09
    • あんず様、皆様こんばんは。
      あんず様、日々介護に格闘する皆様のコメントを読み。つくづく気づかされます。
      介護は長距離ランナ-のようなものだと・・・。
      自分が全力疾走して息切れし途中リタイアすると共倒れの恐れあり・・・・。
      体力、精神力、経済力・・自分の人生、親の人生いろんなことを背負いながらもともかくゴールまでゴールまでとつぶやきながら前を向き走る。完走しなければならない。と
      ここ1~2年でゴールを迎えるような短距離でもなく先が見えない、走り続けるランナーのようなものだと。
      数年前に後戻りできたらいいけどできないランナー。
      100%の全力疾走だと息切れしへばってしまう。ヘトヘトになりながらもなんとか完走するには自分にも余力がなければならないと。今の自分は今の自分の生活圏で自分なり、できるだけのことやっている。明日も向き合い走らなくっちゃならないんだもの。と割り切ることにしています。
      桃さん、相手と向き合っていること。一言で言えないいろいろな大変なことです。
      私の義母もそう遠くない将来、どこか施設に入ってもらう日が来ることと思います。
      桃さんの状況、苦悩、口惜しさ、まるで再現するかのように私にも降りかかってくることだわー。と思っています。
      こうしたほうが良かったのかなぁ・・という迷いにはどのみちも多少ぶつかるだろうけれど
      そのときそのときの自分が懸命に向き合い、こうすることが一番いいだろうと親のことを思いやりセレクトした結果の今と思って割り切ることかなぁ・・
      私自身はこう思うことにしています。今の状況、今、他の誰よりも向き合っているのは自分自身。向き合った経過の中で自分がこうすることが一番いいだろうと思うことはやってよし。とね・・。
    • 9. あんず
    • 2015年06月28日 00:30
    • 桃様、こんばんは。

      落ち込んだとき、愚痴を言いたいとき、
      どうぞ、ここを使って吐きだして下さい。
      いつも読んで下さって有難うございます。
      母は現在、餓鬼状態ですから、「食べること」しかありません。
      しっかり、食べさせないと、うるさいからなんですよ。
      そそ、無用のお気遣いはなくと言いたいです。
      むしろ、黙って任せて欲しいだけです。

      桃様、辛いですね。
      もし、お会いすることが出来るなら、
      思いっきり、泣かせてあげたい。
      そして、貴女の選択は決して悪くない、
      それでよかったんだとギュッとハグしてあげたい。

      お母様は、面会に来ないお兄様への八つ当たりもあって、
      桃様に暴言を吐くのでしょう。
      無理に優しくしないでもいいのではありませんか。
      出来ないときは、出来ないんですから、ケツをまくってください。

      上から目線の母親(うちの母もそのタイプ)は、相手が困った顔を見せることで、
      優越感に浸るのです。
      お母様の前で、泣いてはダメですが、困った顔を作ってみせてはどうでしょう。
      「困ったわぁ、今は安いお菓子しか、買えないのよ。ごめんなさい。」
      とわざと、オウム返しに返事をすると、母の場合は黙ります。

      面会に行きたくないお気持ちはわかりますし、
      地獄にいるような想いはしたくないのもわかります。
      いつと明確には言えませんが、
      悪魔のような母親が、いずれは、好々爺になってきます。
      介護の経験者の先輩から、辛くて泣いたときに、
      そうい言われ、そんな時は永遠に来ないと思いました。
      現在、以前に比べれば、暴言はなくなりましたから、言われた通りでした。

      だから、辛いでしょうが、月に一度だけ、面会に行って差し上げて下さい。
      その時の嫌な想いは、ここに、ぶちまけて、甘えてください。

      施設に入所しているから、介護していないということではないと思います。
      そういう想いを面会の度にすることも、介護ですから。

      ファイトですよ。桃様!
    • 10. あんず
    • 2015年06月28日 00:34
    • チョコ様、こんばんは。
      こちらこそ、初めまして。

      チョコさまは、介護に帰郷したのではなく、お母様を引き取ったんですね。
      それも、大変なことだったでしょう。
      認知症の症状には振り回されますからね。
      チョコ様の悩みはみんなの悩みです。
      お互いに頑張りましょう。
    • 11. あんず
    • 2015年06月28日 00:46
    • 楽様、こんばんは。今夜はSaturday Night Feverでしたね。日頃のウサは晴れたでしょうか。「毎日、お見舞いに行く」大変さ、楽母様にはわからないでしょうね。楽様の鬱は、
      今はよくなったのでしょうか。夕方、鬱の友人から連絡があって、お父様が万引きをしてと泣いていました。認知症ってほんまに厄介な病気ですね。そそ、楽様の言うとおり、自分を追い詰めないことですよね。出来るだけ、ケセラセラでいくことですよね。はい、高齢者のパワーには負けたくないです!!
    • 12. あんず
    • 2015年06月28日 00:53
    • レイジ様、こんばんは。
      私には子供がいないので、子育ての経験がありませんが、
      保育園の送り迎えってこんな感じなんだろうなと思います。
      子供の愚図りは可愛いですけど、老婆のは、やめてくれ!です。

      レイジ様のおっしゃる通りですよ。
      まったく、神様はよくしたもので、ちゃんと、子育ての疑似体験をさせる・・・・。

      先日、本屋さんで、「ペコロスの母~」をパラパラと見ました。
      温かい漫画で介護に悩んでいる人にはお薦めしたいですね。

      庶務課長様、有難うございました(笑
    • 13. あんず
    • 2015年06月28日 01:12
    • チコ様、こんばんは。

      コメントが途切れていたので、
      お父様の具合が悪くなられたのかと思っていました。
      やはり、誤嚥性肺炎を起こされたんですね。
      でも、軽くてよかったです。
      なりやすい肺炎ですし、ある意味、防ぎようもないですからね。
      お父様がつらかったことでしょう。

      疲れると言わなくてもいいことをついつい、言っちゃって、
      そして、自己嫌悪に陥り、孤独感に苛まれる・・・・
      その繰り返しですね。

      チコ様の頑張りようは、替え歌に現れています。
      クスッと笑えるんですが、その切なさ、辛さが滲んでいます。
      応援しています!

      夜の部、早速、始まりました。
      第1回目、介助終了。次は1時間後かな。

      チコ様、chichikaigo様、ふぁいとぉー、いっぱつぅーです。
    • 14. あんず
    • 2015年06月28日 01:32
    • ココ様、こんばんは。

      きっと、兄もご主人様と同じ気持ちだろうなと思います。
      「長男だから」、我が家もなにをさておき、長男が一番でした。
      たまたま、私が出戻り、母と二人暮らしをしてきたので、
      介護するようになっただけですけれど。

      認知症を発症して、さらにワガママになり、ジコチューの母は、
      兄に向って、「あんずがいるから幸せ」的な発言をします。
      その上で、母の気持ちの奥底には、兄に対しても、「私の面倒を
      看るのは当たり前」があんですよね。

      ココ義母様も、息子に面倒を看て貰って当たりまえ、更に、
      娘にもワガママを言いたいという状況なんでしょうね。

      >昔は優しい息子だったのに、嫁に言い含められて変わってしまった
      これは、母にもありました。
      認知症になってからは、自分の面倒を看ないで、嫁の母親の面倒を看てると
      思い込んでいました。(嫁の母親は施設に入所していました)

      「仕事を辞めて、介護をしている」ということをココ義母様には、ピンと
      きていないのでは?
      10年前に、仕事を辞めて介護をし始めたとき、母には私が介護のために
      仕事を辞めたことの自覚はありませんでした。

      私も、再度、母のために生きているわけではない!と考えたいと思います。
    • 15. あんず
    • 2015年06月28日 01:37
    • 山椒魚様、こんばんは。

      ショートの夜間も、頻繁にトイレへ起きるようで、
      ベット下のセンサーで部屋へ行き、介助をしているとのことでした。
      やはり、「トイレへ起きる」という強い気持ちがあるようです。
      来週の往診の際に、尿検査をやって貰おうと思っています。
      今夜は、10時半に睡眠導入剤を飲んで就寝。
      午前1時に起きてトイレ。
      次は、2時半頃かな。
      それから、3時、4時、6時って感じです。
    • 16. あんず
    • 2015年06月28日 01:51
    • ひろちゃん様、こんばんは。

      共倒れというか、私は私が先にあの世に行くのではないかと思っています。完走するのもいいけれど、ひろちゃん様がおっしゃるように、余力を残しておかないと今度は自分の人生を送れなくなってしまいますもんね。
      施設に実母やお姑さんを入所させて、皆さん、それぞれ、悩みを抱えていますね。
      預けたから、平和な暮らし、なんて言っている人、いませんよね。
      施設に慣れてきたとは言え、一緒に帰ると言われたり、それはそれで辛いようです。
      楽様が言われるように、皆さま、自分自身で、ご自愛に努めましょう!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット