遺影はにっこりとカメラ目線の写真でした。


聞けば、5年前に施設でプロのカメラマンに、
撮って貰ったとのことでございました。


今日は亡き義姉のお母様の告別式でした。


お母様は母とは同級生。

さいざんす。
同い年でしたが、認知症は母より進んでおり
ました。


昨年の10月に義姉は亡くなりました。
そのときには、すでにお母様は義姉の認識も
なくなっていました。


「娘はどうして、この頃来ないの?」
そんな質問もなく、施設で穏やかに暮らして
いることを私達は逆によかったと言っており
ました。


そのお母様が急に食べられなくなってしまい、
延命治療はしないという家族の意向で、老衰
ということで、天に召されました。


義姉の兄弟達は、「これは姉が、お母さん、
こっちのほうが楽しいからいらっしゃい。」
と連れて行ったのではないかとのことでした。


勿論、母には何も申しません。


お元気なのかしら?


思い出したように母はときどき、申します。


うん、お元気やそうや。


と言っていましたので、これからも継続する
つもりでございます。


さて、お母様の遺影を見ながら、母の写真に
こんなにこやかな写真があっただろうかと、
思いました。


そりゃあ、笑った写真はございますが、ま、
大口をあけて笑っているとか、ひまご達を、
目を細めてみているとか、遺影向きではない
ものばかり。


兄とどないする?という話を致しました。


一度、写真室へ連れて行くか?


75歳のときに、自ら撮っておきたいと申した
ので、よそゆきの写真はあります。


しかし、15年の年輪の差は顕著でございます。
それを使うわけには参りませんでしょう。


遺影を撮りに写真室へ行こうだなんて、今の
死への恐怖を持っている母には言えません。


春のお彼岸にはお墓参りに行くから、その時
にでも撮ってみるわ。


そうだね、うちも何があるかわからないからね。




スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (12)

    • 1. チコ
    • 2015年01月29日 00:26
    • 5 あんずさん はじめまして。
      私は父の在宅介護半年目のものです。脳梗塞→リハビリ→胃ろう&バルーンがもれなく付いてきて~ファイトちゅうです。よだれ対策ないかなぁ~と検索してたら何だか?あんずさんのblogにたどり着きまして、なぜだか今日のあんずさんは?と読者になってます。胃ろうの介護生活もね~ここでは省きますネ。
      このようにコメントも初めてですけど、いつかあんずさんに声を届けたいなって思って書いてみました。
      一日一生→一日一笑(*^O^*)と介護ぐったりイライラ時々かなりブルーな私ですけどなんとかやってます。人生いろ胃ろう~♪(*_*)
      では、あんずさんおじゃましました。体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。
    • 2. まる
    • 2015年01月29日 07:59
    • 毎日の介護、お疲れ様です。
      遺影は特にいつごろのものという決まりが無く、
      若いころの写真でもいいようです。
      でも、私の母が亡くなった時は急でしたので
      写りのよくないスナップ写真ばかりで困りました。
      過去の写真の中から選ぶのも大変な作業なので
      遺影用に写真を撮っておくのはいいことだと思います。
    • 3. 山椒魚
    • 2015年01月29日 13:00
    • うちの親も遺影になりそうな写真がありません。
      ここ1〜2年で顔が歪んできて、顔まで別の人格になりつつあるような気がします。100歳を超えて亡くなった祖母(といっても後妻さんとしてやってきた)も最後の1年は、けっこう美人だった頃の面影は消え、施設に行く都度どのばあちゃんが、うちのばあちゃんか戸惑いました。もう一方の祖母も最後の数年、急激に顔が変わったような気がします。
      うちの親についていえば、遺影になりそうな高齢者の写真を撮るなら今が最後の時期かもしれないですね。でも、若いころの写真でいいなら、いざとなったら、若くて楽しかったであろう時代の写真を使おうか、と、ヘタレな娘は思ったりしてます。
    • 4. レイジ
    • 2015年01月29日 21:10
    • 遺影ですか、でも、生前中にお墓を作るなどは、長生きをするとゆうジンクスがあるようですので遺影も、長生きにつながるのかもしれませんね!写真ばかりでなく、絵もあるようですので探してみてはどうでしょうか?写真館もご家族で一緒にとりに行ってはどうですか?入学の記念、卒業の記念、誕生日などご家族のイベントで写真を撮られてはどうでしょうか?
    • 5. paku
    • 2015年01月29日 23:12
    • 妹のは私といったスキー旅行のスナップ、
      母のは私の高校入学記念の写真館の撮影。
      父はまだ顔がボケ顔ではない5月に撮ったスナップにします。
      自分のはどうしよう。できたら何も残さず消えていきたいです
    • 6. あんず
    • 2015年01月30日 01:45
    • チコ様。
      こんばんは。
      読んで下さって有難うございます。
      人生いろいろ、介護もいろ胃ろう~なんですね(笑
      胃ろうがもれなく付いてきたことは大変ですね。
      伯母が胃ろうで従姉が苦労していました。

      ここに書いて下さる方々のコメントや、ブログのある方のところへいき
      読んでみると、様々な介護があり、其々にとても苦労し、悩んでいると
      いうことに気が付きました。
      ブログをお持ちなら教えてください。
      また、胃ろう付の介護のご苦労や愚痴も書いて頂ければ嬉しいです。

      一日一生→一日一笑
      いい言葉です。日記に是非、使わせてくださいね。

      健康に気を付けること、頑張ること、お互い様ですね!!
    • 7. あんず
    • 2015年01月30日 01:49
    • まる様
      こんばんは。
      亡き義姉のお母様の遺影がとても素敵だったんです。
      姪に聞くと、施設にお化粧も撮影もプロの方がきて撮ってくれたそうです。
      周りから、女優さんみたいと言われてご本人もまんざらではなかったとか。
      春になったら、甥家族と出かけて、写真を撮ろうと姪と話しています。
    • 8. あんず
    • 2015年01月30日 01:54
    • 山椒魚様
      こんばんは。
      母は70歳後半まで、髪を染めていました。
      今は白髪なので、第一に髪の毛の色が違う。
      確かに、年々、顔が変化していますね。
      90歳、母も今が撮り頃かもです。
    • 9. あんず
    • 2015年01月30日 01:56
    • レイジ様、
      こんばんは。
      絵の遺影もいいですね。
      年齢に関係ないし。
      今は寒くて外出を極力控えているので、
      暖かくなったら、一度、姪や甥家族と一緒に出掛けて
      写真を撮ろうという話をしています。
      スタジオアリスでもいいかも!
    • 10. あんず
    • 2015年01月30日 02:03
    • paku様
      こんばんは。
      私もありません。デジカメで自撮りをするかです。
      ま、後片付けをしてくれるだろう甥に任せます。
      写真はあまり好きではないので。
    • 11. なごみ
    • 2015年01月31日 20:06
    • こんばんは
      認知が酷くて助けられる事も在るんですよね。
      義姉さんのお母さんは娘の死を知らずに
      穏やかに最後を迎えられたのだから・・・

      遺影ってどうしても必要なのでしょうか?
      私も写真を撮るのが嫌いですし
      主人は脳梗塞の麻痺で人相が変わってしまいました
      そんな自分の顔を見たく無いようです。
      私も今の主人の写真は遺影として飾りたくありません。
      だからと言って若い時の物は既に20年以上前のもの
      考えますね。
    • 12. あんず
    • 2015年02月01日 01:56
    • なごみ様、
      こんばんは。
      義姉も母親が自分を認識しなくなったことで、
      生きようという力がなくなったとも言えます・・・。

      遺影は、ここのコメントにもあるように、
      絵でもいいなと思いました。
      ご主人様のお元気な頃の写真から
      想像した現在のお顔の絵でもどうでしょう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット