鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2019年03月

今日、いつものように母の施設(特別養護老人ホーム)の介護犬、文福の散歩を済ませ、母の部屋へ。まあ!、アナタ、来てくれたのね!これもまた、いつもの母の第一声。母にミルミルを渡して飲んでもらう。アタクシはその間に、洗濯してきた衣類を引き出しに入れ、籠にある衣 ...

♪さくら、さくら 今 咲き誇る刹那に散りゆく 運命と知って♪毎年、桜の頃になると母のことを思います。なーんて、表現すると、母の上に何かあった?と思われるかもしれません。相変わらず、元気印の母ですのでご安心下さい。桜が咲く、咲いたと騒ぎ、ニュースの話題にな ...

この頃の母がよく言うことは、アタシは何をしたらいいか、わからないし、考えられない。考えなくてもええねん。何もしなくてもね。すると、じゃあ、ここで寝ているだけでいいのね。そうや、横になっていれば、スタッフさんが教えてくれるから、言う通りに動けばええの。わか ...

アタシ、もう、お金をいじりたくないのよ。アナタに任せたからね。何の話から、母がそう言ったのかは忘れてしまいましたが・・・。そのとき、アタクシは母が認知症初期の頃のことを思い出しておりました。変形性膝関節炎で、歩けなくなっていた母は、買い物とか銀行へ行くこ ...

老後を如何に暮らすか?先日、介護の終わった友人とランチをしながらそんな話しになりました。まだ、嫁に行かない娘がいるからねえ。ただ、子供達には迷惑をかけないようにしようと主人と話しているの。彼女には、娘のほかに息子さんがいます。息子さんは、関西の某都市にあ ...

このページのトップヘ