鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2018年12月

晦日とは、月の最後の日。大晦日とは、一年の最後の月の最終日。アタクシには、大晦日も晦日もないんですけど。昨日の衣笠商店街は、いつもの人出より多く、ここへ引っ越してきて、こんな混雑ぶりがあるとは思いませんでした。あっというまの一年。昨年も1ヶ月間熱が下がらず ...

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットに着き、母の部屋に行こうとしたら、はす向かいのミック君のお母さんの部屋の扉が開きました。挨拶をすると、言われました。今日、お母さん、どうしたの?食事のとき、いなかったわよ。えーっ、また、なんか、駄々をこねたのかいな ...

一昨日と昨日、2日間続けて母の施設(特別養護老人ホーム)へ行ったので、今日は、お休み。ここ、横須賀は朝からいいお天気でした。布団や毛布、洗った夏のタオルケット等々、じっくりと干すことが出来ました。年末寒波で、北海道、東北、北陸の雪国の地方どころか、近畿、中 ...
| 鬼娘

まぁ、アナタ、いいところに来たわ。アタシ、何をすればいいんだか、わからないの。いつものように、施設(特別養護老人ホーム)のワンコの散歩を済ませて、母の部屋へ。お昼寝から、目が覚めていて、アタクシをみて第一声がこれ。アタシ、家で自由にしたいわ。と、言ったか ...

25日の真夜中に、ショーウィンドウのディスプレイがクリスマスから正月用に変わる日本。海外では、お正月よりクリスマス重視。母が認知症を発症し、季節感がわからなくなりだした頃から、アタクシは特別なことをしなくなりました。それでも、一応、お節をデパートに頼んだり ...

このページのトップヘ