鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2018年06月

86歳の母は今では、体を自分で起こすこともできなくなり、自分で食べることもできなくなり・・・・。誤嚥性肺炎の危険性ありと介護施設の提案で先日胃瘻手術を受けました。頭は今もしっかりしています。食事は液体を流し込まれるだけだけど、苦しいと、辛そうに話す母を見て ...

昨日、また、“アタシ、退院して帰ります。”とおっしゃって、荷物をまとめて帰り支度をされたんですよ。引き出しから、いつもと違うメガネをかけておられました。アタクシが、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会で、ユニットに入ってスタッフさんに挨拶すると、開口 ...

今日の午後4時からの集団リハビリは塗り絵を止めて、ゴミ箱作りをすることに。母にとって、塗り絵は単純な絵柄でないと、出来なくなってしまいました。と言って、折り紙が無理なのは以前から。新聞紙や広告紙で折るゴミ箱は、簡単であるのと、アタクシが手伝えばなんとか出来 ...

この頃、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の口から、帰りたいコールを聞いていませんでした。しかし、昨日はアタクシの顔を見た瞬間に、アタシ、帰りたい!!こりゃ、アカンわ・・・。午後4時からの集団リハビリ。いやいや、これは、集中力は続かないかも。用意してきた、 ...

昨日、母お昼寝タイムを利用して、面会に行く前に、猫の佑介君のお母さんの部屋に遊びに寄りました。人慣れ、写真慣れしている佑介君。アタクシをチラリと見て、お母さんのベットの上で自分の枕に寄りかかり寝ていました。ときどき、寝返りを打って、前足をピトッとお母さん ...

このページのトップヘ