鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2017年02月

アタシ、喉が渇いたわ。何か飲みたい。210円で買って持ち込んだサイネリアについての婆らのエンドレストークは、午後2時から階下のホールで開催されるイベント参加で強制中断になりました。そして、Kさんも定時のトイレに。イベントは、ホールを喫茶店に見立て、それぞれが、 ...

バス通りへと向かう坂の上から、富士山が、青い空にくっきりと見えました。この頃、母の施設へ行くのに、電車を使って行っています。車で行くと、高速料金\3,000+ガソリン代。電車で行っても約\2,000ですが。施設の最寄のバス停から結構歩くので、運動不足気味のアタクシに ...

母は目を一瞬大きく見開き、嬉しそうな顔をしました。まあ、Y郎(兄の名前)!、どうしたの!来てくれたのね。昨日は、兄と一緒に母に会ってきました。日頃、母はアタクシによく言うのです。アタシは、アナタが来てくれるだけでいいの。アタクシと母の会話は、母の言葉に対し ...

女優の藤真利子さんが、テレビ番組で11年間在宅介護をしていた生活を語っていました。お母様が脳梗塞で倒れ、話すことも出来ず、日常生活も24時間介助なしでは、無理な状態だったそうです。最初は、女優業との両立をと、入院は個室を頼んだところ、1ヶ月70万という請求になり ...

母の面会に行くと、まずは母に声をかけて、歓迎してくれる文福ちゃんを可愛がり、次に、ダックスのジローちゃんを撫でています。母の第一声は、お隣に座るKさんにアタクシを毎回、紹介すること。娘なの。Kさんも、「初めまして。」とおっしゃるので、母がお世話になってます ...

このページのトップヘ