鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2017年02月

お名前を教えて下さい。○○道子、みちこのみち、は道路の道です。はい、詳しく説明頂き、有難うございます。では、お誕生日は何年何月何日ですか?大正13年11月××日です。と、言うと今、おいくつになられましたか?えーっと、確か、80、あっ、82歳です。プッと、吹きだし ...

Facebookだと思うのですが、介護ロボットの開発が進み、次第に現場での使用が可能に、なってきたという記事がありました。そこに、現役の介護職の方がコメントされていました。「介護ロボット導入されたら、介護職を辞める」それは、介護は人と人とのふれあいのなかにあり、 ...

基本、母には自由がない。母の施設は、午後1時過ぎに着くように行っています。何故なら、3時前におやつを出しにして、帰ることを口に出来るからです。そろそろ、おやつだからね。食堂に戻りましょ。で、アタシは帰るから。おやつという食べることに、気がそそられて、一緒に ...

同じことを繰り返し尋ねる。その理由は?記憶力の低下である。確かに、記憶力の低下があるのかもしれないけれども、それが本当の原因、あるいは原因の大部分なのでしょうか。逆に、記憶力の低下があっても、同じことを繰り返し尋ねる、ことをしない人が大勢います。つまり、 ...

施設の一階ホールを喫茶店に見立てて、自分の食べたいもの、好きなものを買って、メニューにある飲み物を注文する。母はパン類の中からドーナッツを選びました。あたくしは、まだお昼をたべていなかったので、チーズの入ったクルミパンを買いました。お金を払ってお買い物を ...

このページのトップヘ