鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年12月

お正月飾りの一夜飾りはよくない、さらに、29日は“九”が苦しみに通じるという理由で、本来は、28日までに飾り終えるのがベスト。母は認知症になる前は、こういうことには、うるさい人でした。で、特養(特別養護老人ホーム)の母の部屋のテーブルクロス等々、入所以来使って ...

僕は、100歳まで元気で生きていて欲しい、と思っています。アタクシの本音、「早う、死んじまえ~」と大違いでございますわ。友人宅での忘年会にお招きを頂き、そこで、同じ区内に住む男性とお話をしました。母が90歳で乳がんを摘出した病院のご近所とわかりました。そこの乳 ...

昼食を済ませた母を、車椅子で居室に連れて行くと、ご飯、美味しかったわ。薄味なんだけれど、塩分も感じるのよ。今日は、なんだかご機嫌がよござんす。でも、会話の内容は、いつもと同じ、ここは、窓から緑が見えていいわね。そうやね。窓の向こうが、ビルだとかマンション ...

天皇誕生日とクリスマス・イヴは、母の特養(特別養護老人ホーム)ではイベントがあり、アタクシは、あえて行くのをやめました。クリスマスである今日、行ってきました。昼間は、ユニットの食堂というかリビングに母は居ます。しばらく、アタクシもそこにいて、皆さんと、と言 ...

いきなり、ヒステリックに怒り出されて・・・。母の特養のユニットリーダーさんから、事の顛末を伺い、ああ、やっぱり、と思いました。その日は、カラオケ大会の日だったそうな。そういえば、施設の事務室の入り口で面会票を書いているときに、ホールからカラオケで演歌を歌 ...

このページのトップヘ