鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年08月

アナタ、いいところに来たわ。面会に行くと毎回この言葉から始まります。昨日の水曜日は、アタシ、とても孤独感に苛まれていたのよ。さあ、帰りましょ。いやいや、おっかさん、帰るってことはないんよ。ずっとね・・・。ズバリ言うわけにもいかず、モゴモゴと口を濁してしま ...

肺炎による二度の入院から、I'll be back、しっかり元気を取り戻した母。アタシは、生きていていいのかしら。と、具合の悪いときは、殊勝なことも言っていたのに。回復した現在では、アタクシが面会に行く度、アナタ、いいところに来たわ。と開口一番、言い出すのは、なんだ ...

まあ、アナタ!、いいところに来たわ!ここは、ひどいのよ!。まさか、また、「悪の巣窟」って言い出すかと、一瞬、ビクッとしてしまいました。トイレへ行きたいというのに、30分以上も、待たされたのよっ!なんだ、そんなこと、胸を撫で下ろしました。昨日は日曜日。兄も行 ...

アナタ、いいところに来たわ。膝が痛いのよ。家で、ゆっくり足を伸ばしたいわ。面会に行くと、眉間に皺を寄せて、訴え始めました。わかった。後で看護師さんにちゃんと伝えて診て下さるように頼んでおくから。すると、母はヒステリックに申しました。そうじゃあないのよ。今 ...

この頃、同級生の訃報を耳にすることが多くなりました。還暦も過ぎましたし、そういう年齢になってきたということでございます。この秋に同窓会をすることに。で、アタクシは幹事のお手伝いをすることにしました。いつ、何があるかもしれない。会える機会があれば、会ってみ ...

このページのトップヘ