鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年08月

介護老人保健施設(老健)のケアマネジャーに聞いてみました。面会にやってくる回数が多いと、スタッフとしては、鬱陶しいものですか?毎日、お見えになる方もいます。全くお見えにならず、こちらから連絡を入れ、定期的に、ご状態を報告する場合もあります。施設側としては ...

ひとりで、のんびり暮らしているわけね。今日も家に帰りたいという母。切々と、ここ、介護老人保健施設(老健)で過ごすことを、アタクシは、母に訴えました。車椅子に座っての移動しか出来へんのよ。一人でトイレへ行かれるん?それに、あたしは、あたし自身の老後のため、 ...

昨日、母の居る介護老人保健施設(老健)での納涼祭で、相談員の方から、言われました。昨日(納涼祭の前日)、面会に来られた方は、お孫さんですか?みっちゃんさん、満面の笑顔で、とても嬉しそうにしておられましたね。27日(土曜日)に、下の兄の長女が婚約者と一緒に面会 ...

アタシはね、あんずと喧嘩したままで、死にたくないのよ。喧嘩じゃあなくて、アータのイケズやんか!今日は母の居る介護老人保健施設(老健)の納涼祭でした。開始時間は、午後5時。嫌や、この時間は大禍時。夕暮れ症候群。午後4時半過ぎ頃から、「家に帰る!」と、騒ぎ出す ...

老健(介護老人保健施設)に居る母に、時々、昔の写真や、先日、面会に来てくれた甥家族、従姉達との集合写真を見せて、話をします。すると、母は必ず、アタクシを指差し、申します。可愛いわよね。60歳を過ぎた婆さんを可愛いとは、ほんま、嫌やや。ひ孫の方がずっと可愛い ...

このページのトップヘ