鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年07月

派遣先の仕事の都合上、携帯をサイレントにしておかないといけません。以前、母が介護老人保健施設(老健)で具合が悪く、入院したとき、携帯をけたたましく鳴らしてしまいました。今日から、後半のバイトが始まりました。交代で取るお昼休みに、携帯の画面をみると老健から ...

おやつは食べるものの、食事は食べない母。現在、母の血圧は上が70ととても低い。肺炎から心不全となり、その治療薬として、利尿剤を服用しているためのこと。施設では、昼間は殆ど、ベットで横になっていることが多くなっているようでございます。アタクシの計画では、7月中 ...

母の退院時の体重は44K。施設の医師は、これでは体重が少な過ぎると言われました。しかし、病院の主治医は、体重維持をという指示書だったそうな。再入所した際、医師と栄養士が長時間に亘り、水分量と食事の量を検討されていました。3日ぶりに施設に行くと、看護師さんから ...

あの家は、アタシのお金で買ったのよ。だから、アタシの物なのに、Yちゃんは一言の断りもなく、住んでいるのよ。認知症初期に、財布や現金、貯金通帳、印鑑、宝石類などの高価なものを「盗まれた」と、訴える「物盗られ妄想」が症状が出てきます。「財布を盗んだ」とは言いま ...

アタシも一緒に帰るぅー!!やっぱり、母は「帰りたい」と言いました。でもさ、アータは今、車椅子生活なんよ。それも、入院で、車椅子に移乗するだけで、精一杯やんか。それで、あの家で、どうやって暮らすん?だって、アタシ、寝ているだけいいんでしょ。じゃあ、トイレは ...

このページのトップヘ