鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年04月

朝、お部屋に行ってみたら、息をしていない、そんな方も、年にお一人はいるんですよ。えっ?!・・・・・今まで、老健を巡って参りましたが、そんなことを言われたの初めてで、面食らいました。昨日は、川崎市宮前区で1軒、横浜市青葉区で2軒、老健を見学しました。3施設は、 ...

高齢者が高齢者を介護する「老老介護」。アタクシも還暦を過ぎて、準高齢者。Facebookのタイムラインにあった記事をみて、ギョッとしました。【特集】超高齢社会の「今」がわかる第137回 介護殺人やネグレクト、無理心中がたびたび起こるのも無理はない!?追い詰められた在宅 ...

何故、老健にこだわるんですか?その、ソーシャルワーカーさんからの言葉にアタクシは絶句致しました。えっ、お母様は「老健」がいいでしょうと、言ったのは、そっちじゃん!先週の金曜日の夕方、大田区のユニット型の老健で決めるという発言まで出ました。その施設の相談員 ...

平成28年3月25日にあなたが行った要介護認定・要支援認定等の申請について、次の理由により認定を延期しますので、通知します。届いた手紙には、延期という文字が・・・。ギョッとするではございませんの。その理由とは、「医師からの意見書未着」のため、ですって。医師の紹 ...
| 病気

正式に申し込みをした世田谷区の老健からは、認知症フロアの空きがないとの返事でした。「老健探し」は振り出しに戻りました。医師の紹介状の日付がありますからね。あまり、日が経つと書類としのて効力がなくなりますから。ソーシャルワーカーさんから、言われ、アタクシは ...

このページのトップヘ