鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2016年03月

認知症の初期のころ、母の通院の付添いで、出かける際、おしゃれ着ではないのですが、外出着を着ていました。車の横に乗った母が、繁々とアタクシを見て申しました。アナタばっかり、新しいいい物を着て。すでにその頃、無職だったので、新しいものは一切買わずにいましたの ...
| 病気

先日のこと、病室に入って、びっくりポン。いつもならば、寝ているのに、ベットの背が起こされて、母が女性週刊誌をメガネなしで、パラパラと見ておりました。座位保持の訓練でしょうか。週刊誌のほかに、漫画本がありました。看護師さんによっては、テレビを見ることを勧め ...

アタクシも年を取るにつれ、気が短くなってきているのを感じます。昨日のことでございます。ショートでお世話になっていた施設の社福。ここの老健は、高級リゾートホテルのような建物の8階と9階にあります。ショートのケアマネさんに、老健の担当へ、連絡を頼んだのに、なし ...

エレベーターを降りると、入所の皆さんが、ズラーッと並んでおられますからね。びっくりなさらないで下さいね。テレビがエレベーターホールにあるもので。いや、ほんまに、びっくりと言うかギョッと致しました。今日は、午前10時に家から歩いて行かれる、老健を見学しました ...

久々に訪れた地域包括センター。10年前を思い出しました。認知症らしきの症状がを出て、悩んでいた頃、先に、母の昔の同僚であるお母様を介護していた親戚のE子さんより、介護認定をともかく、受けることをアドバイスして貰いました。今でも、あのときの途方にくれた気持ちが ...

このページのトップヘ