鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2015年07月

まあね、100歳になっていたから。最期は24時間体制で看ていたけれどちょっと目を離した隙にみまかりました。でも、老衰で大往生でしたよ。先日の「日本語の書き方教室」の同窓会でのことでございます。で、先生、老衰と言っても大変でしたでしょ。ひっきりなしに食べ物を欲し ...

なんだか、シュンとしている母。お隣の、ちょっとお品のよいお婆様が懸命に母に話しかけていました。ママ、どうしたん?あら、アナタ、どうしよう、アタシね、失敗しちゃったの。なーんだ、そんなことか。いつものことで、初めての失敗ではあるまいし。施設のスタッフさんに ...

母の辞書には老衰はないと言っても過言ではないくらい元気と、昨夜、母方の従姉から、「叔母様、お元気?」と電話を貰い、返事をしました。あたしのほうが、この暑い夏を越えられるかと思うくらいで、母は相変わらず。このクソ暑いなかでも、母の食欲は旺盛で、衰えるという ...
| 鬼娘

駅より徒歩4分の好立地に誕生!こんなキャッチフレーズは、マンションだと思いませんか?○enesseの介護付有料老人ホームのチラシ。手厚い介護サービス*2とご自宅のような温かさに包まれながら、認知症の方も介護の必要な方も、ご自分らしい心穏やかな毎日を。とも書いてあり ...

なんで。もっと早く来ないとだめですよ。母がショートに行かないとこちらに伺えないもので。そうじゃあなくて、今日の話!診察終了間際に来ても、治療する時間がないのは困るんですよ。これでも、母をショートへ出し、それから、あの、その・・・。まさか、寝具一式を洗い、 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ