鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2015年05月

この時期の日の出は、午前4時半頃。母は朝方のトイレへ起きて行くとアタクシが遅くまで起きていたことや、夜中に度々覚醒していることはスッカラカンに忘れていますから、配慮もなしに声をかけます。アタシね、胸が押されるように苦しいの。アタクシは、眠いなかを無理やり起 ...

あれれ、足の裏に違和感が・・・。このねっとり感・・・。アーッ!!踏んでしまったやないですの!我が家のフローリングの色は、見分けがつかない同じような色なんですの。それも、夕食の支度の最中。アタシね、お汚ししちゃった。母は、いつものように、さっさとリハパンを ...

月2回の3泊4日の母のショートも今日でお終い。また、来月中旬のショートを楽しみに母との生活をしていきます。このブログへ頂いたコメントの通り、お母様が帰っていらっしゃる前にしなければならない仕事ばかりでなく、ご自分が楽しいと感じられる時間を持つことができて本当 ...

うれしはずかし朝帰り。なーんて、ことは出来ませんでしたが、人生初の終電放送を聞きました。JR神田駅で、発車のベルの鳴る山手線に前を行く男性とともに駆け込み乗車。この電車に乗っていなければ、乗り換え駅で最終の都営地下鉄浅草線には間に合いませんでした。この電車 ...
| 鬼娘

関東は暑うございます。午前中の涼しいうちに、隣地のマンションの方へ伸びている植木の枝を切ってしまおうとやってました。その間に、毛布を3枚洗い、お天気のおかげ。我が家の南側のマンションは、土地が一階分下になっているので枝を切り落とすと拾いに行かなくてはなりま ...

このページのトップヘ