鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2015年04月

「タケノコに興味を示さなくなった」というだけで、こんなに寂寥感を覚えるのでしょう。昔からタケノコの季節になると、「はしり」から始まり、「旬」となり「名残」まで、ほぼ毎日食べていました。母が認知症を発症し、アタクシが料理をするようになってからも、アタシは毎 ...

母がショートステイなので、アタクシは免許更新へ行って参りました。本日も洗濯日和のいいお天気。昨日に洗濯した大物をもう少し乾かしたい、布団やマットも干したい。家に居たかったのですが、週末だともっと、時間がないので、午後から出かけました。我が家の猫の額程の庭 ...

アタシ、何か悪いことをやったかしら?罰を受けるようなことした?情けないったらありゃしない。膝が痛くて歩けないとトイレへ行く度に申します。膝の軟骨が2年前のレントゲンと比べると相当減ってきていますから、当たり前なんですが。この痛みは治るの?鬼娘のアタクシは、 ...

直近の記憶は一切覚えておりません。これが、アタクシのストレスの軽減になったとは思いもよりませんでした。デイでも通院でも前日に言わないと、おへそが曲がった母。言えば言ったで、そんなにアタシが邪魔なのね。そうや、邪魔や!!実際に邪魔でしたけれど、言いたくない ...

認知症のご老人の徘徊問題。母は変形性膝関節症で、立ち上がると痛みを感じるようで、徘徊の心配はありません。これは幸いなことでした。痛みがなければ、鬼娘にイジメられたから、家に帰ると徘徊したことでしょう。昨日の朝早く、出勤前のFBお友達の自宅で、実際におきた出 ...

このページのトップヘ