鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2015年02月

どっか変じゃない?アタクシ自身が、アタクシに感じた出来事がございました。母のショートステイの最終日。銀行で送金が1件。バブル期には、各銀行が支店を出店しまくり、便利でございましたっけ。我が家の最寄の駅は、銀行はなく、ATMがあるだけ。今のお若い方々は、送金手 ...
| 鬼娘

デパス錠を飲ませてみました。はい、痰きりやで。ショートステイから帰宅し、お茶を飲んで、しばらくすると始まりました。施設にお迎えに行ってみると、5~6人の婆様達が、談笑していました。はい、また、母が取り仕切っておりました。ホイホイとかしづくと、ご機嫌になるの ...
| 鬼娘

母が、歩けなくなったきっかけは、しりもちでした。いつも、コメントを下さる山椒魚様の言葉にギクリとしたアタクシでございます。更に同級生のお母様がしりもちから不自由な身体になったそうなんです。母も、しりもちをついてから膝が痛いと急に言いだすようになりました。 ...

使えるものは何でも使えと亡くなった義姉も総動員。誰かに面倒をみて貰って、家に居たいという母へ願いは叶わない、諦めが肝心と、ついに下の義姉も、生きているけど、闘病中にして懇々とショートステイ行きを説明しました。うちのお嫁さん達は、抗がん剤治療で必死で頑張っ ...
| 鬼娘

今度のショートステイでは、何をしようか?ショートステイに行く母が何をしようと言うのではなく、アタクシが、なんざんす。すぐに忘れてしまう認知症特有の症状になりデイにしても、ショートにしても、嫌だとは言うものの、わけがわからず、言われた通り動けはいいと思って ...

このページのトップヘ