鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2015年01月

あんなにお風呂が好きな人が、どうして入るのを嫌がるようになったのか。「認知症と入浴」というワードでで検索してみると、約673,000件もヒットします。在宅介護ですと、何度も「お風呂に入ろう」と無理やり勧めてしまいます。施設では、無理やりともいかず、四苦八苦で入浴 ...

なんなの!アタシを騙したわねっ!!ヘッ!手術で入院するからショートステイをしてと頼んだのがばれたか?お迎えの時間が少々遅くなったから、おへそが曲がった?!ショートステイのドアが開くと母の甲高く、大きな声が耳に入ってきました。鬼娘のアタクシは小心者でござい ...

アタシね、死にたいんだけど、死ねないし、死ぬのが怖いのよ。その言葉の言外には、だから、アナタも一緒に来て。なんでございます。実際に口に出し言っていた時期がありました。いやいや、お一人で行ってや。大丈夫、みんながお迎えに来てくれるから、安心しぃや。アタクシ ...

暖房が効き過ぎですこと。お向かいさんはすっかり船を漕いでおられる。久々の夜11時過ぎの地下鉄電車内。アタクシの降りる最寄駅は、終点ですから、車内は空いていました。新宿で、ゲッソリと痩せてしまった介護友の悩みを聞きました。そう言えば、アタクシも介護の初めの頃 ...

今日から母は3泊4日のショートステイへ。直前の記憶を留めない母に、前日に言ってもアタクシが嫌な思いを再度するだけ。ギリギリの時点で、切り出し、アタフタと、支度をして迎えの車に乗せてしまう。長生きしているのは、アナタのおかげよ。言ってくれるのは、とても有り難 ...

このページのトップヘ