鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2014年10月

今日の母の通院は、午前部と午後の部。午前中は横浜市鶴見にある歯科へ。先週、抜歯した跡を診て頂くだけ。大丈夫ですと言いたいところ、まだ、自分の歯がある母ですから、これからも抜歯で通うこともございますから。午後は、11月予定の乳癌摘出手術のための、検査が2項目。 ...

10月1日に東京の目黒駅付近で、携帯の時刻を見ようと手に持ち歩いて数歩のところ。そこで、転倒し、右手首を骨折しました。亡くなった義姉のお見舞いにそのまま、片手運転で行き、その帰りに寄った病院で、即刻手術かギブスかと選択を迫られ、母の介護もあるとギブスを選んで ...

以前はデイの前夜に、行くことを話していました。この頃は、言っても忘れてしまうので、一度だけ、予定を言い、あとは何もないと答えています。昨夜は寝る前に、つい、明日は運動の日と、言ってしまい、行く行かないが始まりました。何故、明日は一日お出かけするのかの理由 ...

「悪性腫瘍特異物質治療管理料」と診療明細書にはありました。今日は地域提携医の紹介で、母の乳癌が摘出出来るか診察して頂きました。車椅子で診察室に入って、二言三言、話した程度でしたが、お元気ですね。条件が揃えば手術は出来ます。との診断でした。このままにしてお ...
| 病気

湯船につかりながら、母がつぶやきました。アタシ、悪いことをいっぱいやったんだわ。ありゃりゃ。お風呂に入りたくないと申しますので、明日乳癌の検査で病院へいくから、入ったほうがいいと勧めました。母が既往症でもっとも嫌がるのが、認知症。乳癌だと言っても、あら、 ...

このページのトップヘ