鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2014年08月

凶と出るか、吉と出るか。ウーン・・・・・。前日に「明日はデイケアへ行く日や」と言う必要もないとわかったことで、「吉」と言えますかしら?何度か聞かれる「アタシ、どこかへ行く?」質問に1回は本当のことを言って、あとは、出掛けないと言ってしまう。母には直近の言葉 ...

時が過ぎていくのがとても早うございます。つい先日、デイケアへどうやって行かせるかなど、書いておりましたのに、もう前日です。いつもと相変わらず、夜7時のNHKニュースの前の天気予報を見ながら、母が申しました。明日、アタシ、どこかへ行くかしら?今回は、デイケアへ ...

アタシ、死んじゃいそう。今朝はこんな一言を。毎朝、胸が押されて苦しいと訴える母。はいはい、顔色はいいし、唇の色も赤いし。心臓の持病があるから、仕方ないねんよ。こんなことを日記に書いたところ、同じ症状のお母様を介護している方から対処法を伺いました。起床後、 ...

今日は月曜日。明日は火曜日で、翌日はデイケアの水曜日。当たり前のことを何を言うとんねん!とお思いでしょうね。水曜日に向かってアタクシは臨戦態勢に入るのでございます。夜7時のNHKニュース前の天気予報。ここで、母は必ず、申します。明日はどこへも行かないわよね。 ...

「介護で虐待した」この経験がある人は、8人に1人。「介護ストレスを感じる」調査に応じた人の約80%。朝日新聞8月23日夕刊に載っていました。この調査は日本労働組合総連合会が、自宅で介護する人の意識を調べた結果です。記事の内容は、調査2月~4月、自宅で介護する人、51 ...

このページのトップヘ