「悪性腫瘍特異物質治療管理料」と診療明細
書にはありました。


今日は地域提携医の紹介で、母の乳癌が摘出
出来るか診察して頂きました。


車椅子で診察室に入って、二言三言、話した
程度でしたが、


お元気ですね。
条件が揃えば手術は出来ます。


との診断でした。


このままにしておけば、「はながさく」のは
時間の問題であること。


その病状を発症させるリスクと認知症の進行
のリスクや痛みを比べても摘出したほうが、
よいとのことでした。


いやー、これはかなり大きいですね。
これでは、ご本人も辛いはずです。


これはアタクシにも責任があります。

母がしきりと、しこりがあることを気にして
いたのに、まさか、80歳を過ぎて乳癌はある
まいとほったらかしにしてしまったこと。


癌の手術は、たとえ、90歳であろうと100歳で
あろうとしますよ。


11月中の手術ということで、早速、今日から
検査をしました。


マンモグラフィに超音波検査、針による生体
検査は、東大病院ではやったんですけど。

他病院の検査結果は使わないんですね。

その他に血液検査・尿検査・心電図・肺気量
測定・レントゲン。


待たずにどんどん検査は出来たものの、母は
疲れ果てていました。


今週中に心臓超音波、CTスキャンの検査予約
さらに、11月に入り、心房細動外来、麻酔科
外来を受けて、全部の検査結果で最終判断を
するということになりました。


車で5分の病院とはいえ、母にとっては大変な
ことだとは思います。


「何もしないこと」を放棄し、「事を起こす
こと」を選択したアタクシ。


母の将来をも決めることになったんですね。

これもまた、鬼娘の仕業か・・・。


アタクシは、自分で自分の最期を決めたいと
つくづく思います。

スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. はるる♪
    • 2014年10月29日 00:47
    • あんずさん、手術に踏み切られるのですね。

      知人のお母様は85歳を過ぎて大腸癌の手術を受けられましたが、
      認知症のため傷を見ても何かわからず
      痛いでしょう?
      と言っても
      ちっとも痛くないのだそうです。

      自分が大腸癌だったのも手術したのも
      痛みさえもわからないってある意味幸せですよね

      あんずさんも手術のおかげでお母様が
      より長生きされると言うよりは
      お二人にとって、少しでも楽な時間が持てるように
      お祈りします

      うちも来月心臓の弁膜症の診察です
      今後のこと、よく相談してこようと思っています
    • 2. 京都のやずや
    • 2014年10月29日 01:45
    • あんず様

      転院する、または、セカンドオピニオンを得る際は
      一から検査します。
      最初?元の病院の診療情報提供書があっても
      それは、あくまでもそこの病院の所見であって
      鵜呑みにすることは絶対にないです。
      何かあった時の診断責任の所在が不明になることも
      ありますし、自院に来た患者は全て調べなおしです。

      でも、「条件が揃えば」摘出できるということで
      他院を受診して良かったではないでしょうか。

      心臓の状態や肺活量の色々な数値が良ければ
      97歳でも、人工心肺に切り替えて心臓手術を
      執刀し、治癒する時代ですから。

      暫くは、あんずさんもまた新たな通院介助と
      判断などで心身ともに疲労困憊の日々が
      続くでしょうが、小さな光が見えてきたと思って
      その光に向かってください。

    • 3. 村田佳子
    • 2014年10月29日 07:46
    • 動き出してよかったね。
      入院中と術後の協力態勢、上手く整うといいのだけど。全摘手術だと、2週間くらいかかるのかな。私は先月温存療法で、左手4分の1をとったけど、ほぼ1ヶ月痛み止めのお世話になっております。案外全摘のほうがシンプルで予後がいいのかもしれません。
      リスクはあっても、今の状態のままでは先行きが大変すぎる。もちろん母上にとっても家族にとっても。自分なら、と考えても、ここまで来たら手術を選ぶだろうな。
      年に不足はない。リスクが的中しても。病を得て寿命がつきるのも、人にとって自然なことなんだから。
    • 4. paku
    • 2014年10月29日 22:25
    • そうですか。よかったですね。
      先生の言葉がとても誠実に感じられますね。
      元の病院って、何なのって感じですよ。

      手術後のことは、あんずさんの選択に限らず、お母さんの人生。
      どうぞ、悔いなく、無理なく、進んでください。

    • 5. あんず
    • 2014年10月30日 01:53
    • はるる♪様。

      手術に踏み切る理由のひとつに、しこりを四六時中気にしているからです。
      何を説明しても、これは何?から始まり、エンドレス。
      手術をして、しこりがなくなれば、何も言わなくなると、私の都合からなんですよ。

      はっきり言って、長生きして欲しくない。
      そこそこでいいのではと思ってるんです。
      だから、鬼娘なんですけど。

    • 6. あんず
    • 2014年10月30日 01:57
    • 京都のやずや様。

      アドバイスに従い、色々書いて、先生に渡しました。
      読んでないような感じだなあ。

      条件がそろわなくても、心臓とか、肺とかを診て
      貰えるだけでもいいです。

      この2年間なんの検査もなく、母の現状がわからなかったので。
      それに、11月に入り、心房細動の専門医の診察もあるので、それが有り難いです。

      ほんと、貴女のおかげです。
      有難うございます。
    • 7. あんず
    • 2014年10月30日 02:04
    • Keikoどの。

      温存法で手術をしたこと、知らなかった。
      痛みがあるのは辛いね。
      いくら、痛み止めがあるにしても。

      たぶん、母は手術をしたことも、いずれ忘れてしまうと思う。
      ただ、「痛い」に関しては経験済みだから、
      術後がだいへんだけど。

      こうなったら、やってみて、どう変化していくかで
      体制も変えていくことだと思う。
      何があろうと、寿命は寿命。
      と、覚悟もするし。

      とにかく、その時をどうするか、考えていくことにする。

      ちょっと、遅すぎるけど、お大事にね。
    • 8. あんず
    • 2014年10月30日 02:06
    • paku様。

      一大決心です。
      何回も同じ質問をされて、くたびれ果てる。
      これが、決心へと導いたことです。

      手術をしたらしたで、また、問題勃発だろうけど。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット