ねえ、ママ、聞いてよ。

これ以上、もう抗がん剤治療の効果がないと
宣告されたら悲しいよね。


認知症の母にこのように話しかけたところで
アタクシが期待するような内容の返事はない
ことでしょう。


逆にトンチンカンなことを言われてガックリ
するだけ。

だから、母には話しが出来ませんでした。


そんなときは、お風呂のなかで泣きます。


今夜は、お湯をザァーザァーとかけながら、
泣いてしまいました。



2年前に次兄がくも膜下出血で突然に亡くなり
ました。
まだ62歳だったんです。

60代で逝ってしまうなんて、若過ぎますよね。


だけど、人間はいつか命が尽きるときがくる、
わかっているけれども悲しい。


わかった上で、「素晴らしい人生だった」と
思える最期を迎えられるように、命を最期の
瞬間まで輝かせることをお手伝いできれば。


この世で縁あって、家族になったのだから。


ほんとは、頑張って体力をつけて、抗がん剤
治療を受けて、ガンと闘ってよと言いたい。


治ったら、女同士でハワイへ行こう!
約束しているんだから。



わけのわからないことを、ごめんあそばせ。

丑三つ時の、鬼娘の独り言でございます。

スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. chichikaigo
    • 2014年09月30日 04:34
    • おはようございます。
      私も私なりにあんずさんと同じ気持ちです。
      その想いが、日々のしんどさに負けたら、、、
      介護は、続けられないと、、、
    • 2. しろまめ
    • 2014年09月30日 13:28
    • anzuさん。。。
      しんどいですね。
    • 3. なごみ
    • 2014年09月30日 14:50
    • あんずさん 御無沙汰しています。
      チョィチョィ訪問はしてるのだけど・・・

      ヤッパリお母さんの状態良くない様で
      心配ですね、それでも寿命は分かりませんから・・・

      2年前には悲しい事があったんですね。
      本当62歳は早すぎますね。

      主人は47歳の時でしたがあれから21年
      元の主人では無い可愛そうな人生を送っています。

      オシャレでプライドも高い人だったので
      まともな頭だったら情けなくて辛くて生きて来れなかったと
      思います。




    • 4. paku
    • 2014年09月30日 22:37
    • あんずさん、せめて一緒に泣かせてください。
    • 5. あんず
    • 2014年10月01日 01:47
    • chichikaigo様
      こんばんは。
      いやー、chichikaigo様のおっしゃる通りです。
      しんどさに負けたら・・・・
    • 6. あんず
    • 2014年10月01日 01:48
    • しろまめ様
      こんばんは。

      認知症の母と、手を取り合って
      なーんてこともなく、お風呂場でシャワーを浴びつつ
      ワンワン泣くことがあります。
    • 7. あんず
    • 2014年10月01日 01:53
    • なごみ様
      こんばんは。

      次兄は、会社を退職するまで関西に住んでいました。
      次の勤め先が神奈川県だったので、ときどき、
      遊びにきていました。

      母は、次兄が死んだことを忘れてしまいます。
      でも、それがいいんですよね。

      オシャレでプライドが高い。
      そんな方が今の生活には耐えられないことでしょうね。おっしゃる通りですね!

      わからなくなって幸せ、それが人間には一番いいかもしれません。
    • 8. あんず
    • 2014年10月01日 01:54
    • paku様

      有難うございます!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット