母にとっても、アタクシにとっても初めての
ショートステイ。


家にお迎えの車が来て、ホイッと乗せて行く
よりも、最初だけ一緒に行ったほうが心象的
にもいいだろうと思いました。


そこで、発見!


意外にお迎えの車に乗ると、混乱気味の母が
いきなり、シャンとしていました。



あの日の午後から、大変やったんです。


母は、目の前に置いた大きな荷物を見て、


アタシの荷物なの?なんなの?


今日と明日、お泊りするねん。


そんな話、初めて聞いたわ。


そこで、予定表を見せて、何故お泊りをする
のかを確認して貰いました。



なんで、アタシが家に一人でいることがダメ
なのよ!!


はいはい、そこに戻りますか・・・・。

もうアタクシは検査入院をする患者の気分。


検査入院で1泊するのに、アータ一人を家に、
置いておけないやないの!
ご飯はどうすんの?
お薬は何を飲むかわかってんの?
夜は一人やねんで!


土曜日のような、パニック障害を起こして、
“お父さん!お母さん!苦しい!助けて!!”
と叫んでも、誰もいないんよ。
どないすんねん!!


アタシ、そんな騒ぎした覚えないもの。


だから、それを認知症って言うんや!


やれやれ、早く連れ出したくなりました。



お迎えの車に乗り、しばらくすると、


いつもの景色と違っていいわね。


お迎えの車は、デイケアと違って、養護老人
ホームの小型のバス。
車高もあって、見下ろす感じ。
トラックが車の隣りを走っていても、威圧感
もなく、乗用車とは違いました。


そういうことをアタクシが言ったところ、


そうじゃあないわよ。運転手さんの運転が、
お上手なのよ!!


はぁ? へっ!!
あらま、お世辞を言うんだ。


施設で2泊の簡単な説明をスタッフさんから、
受けたあとに、その方が「明日の夜は、私が
当直ですから、よろしくお願いします。」と
言われて、母は、


まあ、あなたが夜のお当番なの?
嬉しいわ。


なるほど、母は母なりに、精いっぱいの人間
構築を図っているんですね。


いやいや、この反動が怖い!!



検査入院と大ウソをついているので、母に

じゃあ、あたしはこれから病院へ行くからね


と言うと、すんなり


気をつけてね、行ってらっしゃい。


と申しました。



それではと施設を出て、帰りのバスの中で、
あくびが止まらず、疲れがドワッと出ました。


それに、冷房に当たり過ぎで、喉の奥が痛い。
同じ部屋にいた母は、全くへっちゃら。


どうも、母の方が丈夫なようで。



帰宅するには、大森駅でバスを乗り換えねば
なりません。


そうか、早く帰らなくてもいいんだわ!


久々にスタバに寄り、コーヒーを飲みんがら
ボーッと外を眺めていました。


いつもは、早く帰らなければとコーヒーを、
テイクアウトして、車の中で飲んでました。


バスを降りて家に向かうのも、のんびりと、
チンタラ歩く。
これも、久々です。



こういう自由時間があるときに、喉は痛いし
クシャミに鼻水が出るわけ?!


これも、母のタタリかな。

ということで、昨夜は何もせずに、風邪薬を
飲んで寝てしまいました。


楽天市場ランキング総合第3位
女性Top20の中でも、第2位

安価で手軽な酵素






楽天総合1位受賞☆2013楽天年間/2014上半期ランキング受賞
☆おかげ様でレビュー40000件突破☆



柑橘系で美味しい!

スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (5)

    • 1. はるる♪
    • 2014年07月31日 23:19
    • あんずさん、その後体調はいかがですか?
      今日1日は有意義に過ごされたでしょうか・・・

      私も、何年か前、母を親戚のものが温泉に連れ出してくれたりすると熱を出して寝込んでおりました。

      母がいると、寝込めないほど緊張しているんです。

      もったいないなぁ〜と、思いながら
      それでも心おきなく眠れたのを思い出しました。
    • 2. あんず
    • 2014年08月02日 00:32
    • こんばんは。

      私は冷房がダメみたいです。
      母のいない間、全くエアコンをつけないで
      自然の風だけにしました。
      それで、やっと、喉の痛みが引きました。

      有意義な一日、というより、自分の健康の為、
      病院へ行ってきました。
      でも、東京の表参道にある病院なので、
      おもいっきり、都会を楽しめました!

      はるる様のブログを読むと、お母様と母はよく似ています。

      お金を払うということも同じです。
      好意でやってくれることに対して、その分を払うといいます。
      そうでなくて、感謝だけでいい場合があるのに。

      うーん・・・
      どうも、こういう母親からは解放されないようです。

      従姉が言ってましたよ。
      「お母さんがあの世に逝ってしまったから
      自由になると思ったけど、自由になってない。
      がんじがらめになっている自分がいる」って。

      えっ、そーなの!!
      でした・・・・

    • 3. あんず
    • 2014年08月02日 00:34
    • はるる様

      続きです。

      >母がいると、寝込めないほど緊張しているんです。

      私もだと思います。

      お母様の夜中の行動は、認知症の初期の症状では?
    • 4. はるる♪
    • 2014年08月02日 10:56
    • あんずさん、
      このところ早朝覚醒が激しいです。
      自分で何とかしなきゃと思ってない風なのも、怪しいです。

      でも、まだまだしっかりしていて(特に他人さんには)、
      昨日ケアマネさんにも相談しましたが、
      なかなか受診まで持って行くのは大変そうです。

      さすがにまだ激しくは無いのですが、あんずさんのお母様と
      うちの母、受け答えがよく似ています。

      それに対して、あんずさんは本当によくやってられると思います。

      うちも骨折退院後のデイリハも絶対受け付けず、
      訪問リハで何とか保っていますが、
      私が頑張る以外刺激の無い生活を送っています。

      コメント欄でお尋ねして申し訳ないのですが、教えて下さい。
      もし、あんずさんがおひとりで
      お母様を見られているのでは無く、
      ご主人がおられたらどうされていますか?

      私なりにはやっているつもりなんですが、
      母が満足するにはほど遠いです。

      主人は今までは子供もいたので我慢してくれていたのですが、
      要支援1の母を置いて出かけづらそうな私に
      少し呆れて(業を煮やして)、母との関係も難しくなってきました。

      どうせもっと手がかかるようになったら
      私が母を放っておけないから、
      今のうちなら・・・との気持ちがあるようですし、
      私もそうは思っているのですが・・・
      あんずさんなら、どうされるかな?と、
      いつも読みながら考えています。

      あんずさんのコメント欄でごめんなさい。
    • 5. あんず
    • 2014年08月04日 01:59
    • はるる様
      こんばんは。

      はるる様のお母様は母とウリ二つですね。
      母は認知症ながら、対他人様には、妙にしっかり
      しています。
      センターでも、「どこまでが正気で、どこからが認知症かわからない」と言われてます。
      受診までは難しい・・・
      そのお気持ちよくわかります。

      デイケア、ショートなど、無理やり行かせればよいと
      よく言われます。
      はるる様にはおわかりでしょうけど、あの母の性格では、無理に行かせること自体が難しいんです。
      認知症とは言え、母の絶大な力の元では、私には太刀打ちできません。
      っていうか、太刀打ちできないように育てられましたから。母に反抗できないんです。

      はるる様の「母をほっておけない」こと、
      よーーーーくわかります。
      もし、私が結婚していたら、主人より母を取っていることでしょう。
      お母様を置いて出かけられない。
      それもわかります。私もいまだにそうですから。

      はるる様も私と同じ、母親の影響が大というか、顔色を見て育って来た、そのように育てられてきたと思います。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット