鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

大型連休中の今、テレビを付ければ、渡航する人数がどうとか、連休後半で、高速道路の上りの渋滞がどのくらいとか、アタクシには関係ないのにと思うのでございます。いつものように、一日置きに母の施設(特別養護老人ホーム)へと面会に行くだけ。連休ともなると、さすがに ...

先日、ホームで父が亡くなりました。クラスメイトからラインで連絡がありました。前立腺がんの末期で、もう、長くはないのよ、と彼女から話には聞いていました。お父様は末期ガンでもクリアな方。しかし、お母様の認知症が急激に進行して、徘徊が始まった上に、お住まいのマ ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母に生活の張りにと思い、参加させている集団リハビリ。リハビリと言っても、6~7人が集まって、其々、好きなことをやっているだけなんですが。母は結婚前、幼稚園の教諭だったので、折り紙なら得意だろうと勧めてみたら、全く出来ず。刺繍 ...

先週土曜日に、横浜に用事で来た知人と会い、その帰りに横浜そごうに寄りました。久々の横浜駅での下車。じゃあ、今夜は、地下の食料品売り場にあったすし萬の小鯛寿司でも買ってと思いました。ときは、21日。笹屋伊織の売り場では、毎月3日間だけ売る、どら焼きがありました ...

母のユニットに居る6匹のワンコ達。ユニットの入り口を開けると盛大なお出迎えをしてくれるます。6匹のうち、とてもシャイなキャバリエのナナちゃんまで、この頃、やっと、頭を撫でさせてくれるようになりました。或る日の面会のときのことでございます。その日は、白内障の ...

このページのトップヘ