鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

今日は珍しく昼食前に、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行ってきました。いつもは、昼食後、おやつまでの母のお昼寝に併せて午後3時頃に着くようにしています。お昼寝は午後からだから、起きているよねとユニットを訪ねてみると、母は寝てました。寝ていると言っても、リビン ...

先日、施設の調理リハビリでのことでございます。お向かいに座った、猫の佑介君のお母さんの着ておられたブラウスについてでした。いきなり、母はアタクシに、申しました。あの方のブラウス、お姉さんから貰ったのと同じだわ。アタシより、あの方のほうがよく似合ってる。そ ...

みっちゃん様は、在宅介護中は失禁があったのですか?ユニットリーダーさんと話をする機会がありました。ここ(特別養護老人ホーム)に来られてから、失禁されることが一度もありません。日中は、ちゃんと、尿意を訴えられるます。夜間も、センサーが鳴るから行ってみると、す ...

今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)では月に一度の調理活動がありました。音楽療法など、一階ホールに集まる行事も、どうも、行きたくないと言うらしいのです。そう言う場合、スタッフさんは無理強いすることはありません。だもんで、最近は殆どユニットから出ることがな ...

特養(特別養護老人ホーム)に入所している母の面会に行くと、何でこんなに疲れるのかと思うほどです。いやいや、母の面会だけでなく、外出しても、くたびれ切ることが多くなりました。体力もですが、気力も乏しくなったような。母のところから帰って夕飯を済ませ、テレビの前 ...

このページのトップヘ