鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

そう言う場合は、お母様の視野から外れてみて下さい。昨日、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行ったとき、ユニットリーダーさんと話をしました。またまた、帰る!と言って、罵詈雑言でしたと愚痴りました。家に帰るって、もう、家はあらへんねん!!と、禁句を口にしてしま ...

まだ、アタクシが在宅介護中だったときに、比較的しっかりしたお母様を施設に入所させたという方からコメントを頂きました。面会に行く度に、施設に入れたとなじられ、罵倒され、お母様の顔を見るのも嫌だという内容でした。そのときは、施設に入れたくても入れる理由もなく ...

今日の母の顔は、いつもと少し違い、険がありました。アタシ、胸が苦しいから寝たいのよ。それじゃあ、お部屋へ行って横になる?違うっ!、家に帰って寝たいのよ。始まりました。家に帰ると言い出し、アタクシが言えば言うほどに、だんだんと激高してくるパターン。まずいこ ...

昨日の元旦は、途中の京急ストアでお弁当を買って、お昼を母と一緒に食べました。アタクシが母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットに入ったときには、すでに配膳が終り母の大きな声が鳴り響いていました。美味しいわ。こんな美味しい物、食べたことないわ。アタクシの顔 ...

紅白歌合戦?、知ってますよっ!ユニットのリビングに居る母の大きな声が、母の部屋で片付けものをしているアタクシに聞こえました。あら、今日が大晦日だなんて、知らなかった!リビングのテレビ番組が「年忘れ歌謡曲」を放映していたようで、他に替えて欲しいと母が要望し ...

このページのトップヘ