鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

そろそろ、母の爪を切らなければ・・・。3週間だと爪は伸びすぎる、2週間を少し出たところで。母の爪切りで、切る際の長さに気を遣うのは、在宅介護中の経験によります。認知症を発症して、しばらくすると爪を自ら切らなくなりました。放っておくわけにはいかず、アタクシが ...

施設(特別養護老人ホーム)の母の部屋からアカメガシの生垣が見えます。アカメガシ、日本産のカナメモチとオオカナメモチがアメリカで掛け合わされてできた植物だそうです。春先に、赤い新芽が出るので、レッドロビンとも言われています。母にとっては、赤い葉は紅葉であり ...

今日は火曜日。いつもの喫茶ボランティア。母の施設(特別養護老人ホーム)では、地域交流室で入所者さんにコーヒーマシンで淹れたコーヒーをお出しています。帰り際に、4月30日は祝日になるので、喫茶はお休みとしますと相談員さんから言われました。そう言えば、ゴールデン ...

エーザイに売り注文がかさんでストップ安気配なんだそうで。21日に米国の大手製薬会社と開発中のアルツハイマー病型認知症の治療薬候補の臨床試験(治験)を中止すると発表したからです。アルツハイマー型認知症では、記憶障害などの症状が現れるよりもはるか前から、「ベー ...

今日、いつものように母の施設(特別養護老人ホーム)の介護犬、文福の散歩を済ませ、母の部屋へ。まあ!、アナタ、来てくれたのね!これもまた、いつもの母の第一声。母にミルミルを渡して飲んでもらう。アタクシはその間に、洗濯してきた衣類を引き出しに入れ、籠にある衣 ...

このページのトップヘ