鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

お暑うございます。この金曜日と土曜日、2日間はどこにも行かず、エアコンをつけて部屋におりました。さて、今日はこれから面会に行きます。が、午後3時過ぎに出て、4時頃に施設(特別養護老人ホーム)に着くようにと考えています。しかし、問題が・・・。午後4時頃は、母か ...

右膝に溜まった水を抜いて、一晩、全く立ち上がれなくなった母。しかし、翌日からは、さほど痛くない左側に本能的に重心をおくことが出来るようになりました。施設(特別養護老人ホーム)では、スタッフさんの介助が、より必要になったようでした。すっかり、いつも通り。リ ...

ひょっとして、寝たきりになってる?その場合、どんな顔をすればいいんやろ。ヒヤヒヤしながら母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットの入り口でスリッパに履き替えていました。すると、ユニット全体に響き渡る大きな母の声がしました。まあ!、鯛焼きだわ。美味しそう! ...

昨日の午後ことでございました。東京で、用事を済ませて、カフェで休もうとスマホを見たところ、母の施設(特別養護老人ホーム)の電話番号が画面にありました。あちゃー、また知恵熱で出したかぁー?!転んだかぁー、と頭に過りました。そして、鬼娘の考える、その先、おっ ...

この頃の母は、視野からアタクシが消えると面会に来たことを忘れるようになりました。今まで施設(特別養護老人ホーム)のユニットを出るときは、母に言っていました。じゃあね、また、明日来るからね。しかし、現在は「面会に来たことを忘れる」を利用して、リハビリへ連れ ...

このページのトップヘ