鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2月25日放送の「たけしの皆の家庭の医学」(テレビ朝日)によると、「ある匂いを嗅ぐと脳の若返りが期待できる!」とのこと。ほんまかいな?! ...

母が独りでお留守番が出来る限界は、約1時間半。そして、重要なポイントが、晴れていること。遅くとも午後4時には帰宅していること。今日の関東は、朝から曇りでした。母の寝具類をコインランンドリーへ持って行き、乾燥させ、その間に御夕飯の材料を買う。こうすれば、2 ...

ニュースを見ていた母が、突然、申しました。 アタシがマスクを買ってこようか?さいざます。「PM2.5」で、街を行きかう人々がマスクをしているという映像が流れておりました。マスクなら、去年からのがあるねん。それに、アータさ、外出と言っても週に一回やろ。それとも、 ...

火曜日の夜の恒例は、睡眠導入剤のマイスリーを飲ませて、寝かせてしまうこと。水曜日はデイケアセンターにお出かけの日。前夜になると、ねえ、アタシ、明日、どこへ行くの?の質問攻めになるので、寝て貰います。ところが、で、ございます。 ...

今回は、鬼娘こと、あたくしのお話でございます。昨年暮れに、胸焼けがして、鳩尾がシクシクと痛みました。それも、夜中に痛くなりました。下を向くと呑酸(酸っぱいもの)がこみ上げてきました。逆流性食道炎だろうということで、タケプロンを処方して頂きました。そんな頃 ...

このページのトップヘ