鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

火曜日の夜の恒例は、睡眠導入剤のマイスリーを飲ませて、寝かせてしまうこと。水曜日はデイケアセンターにお出かけの日。前夜になると、ねえ、アタシ、明日、どこへ行くの?の質問攻めになるので、寝て貰います。ところが、で、ございます。 ...

今回は、鬼娘こと、あたくしのお話でございます。昨年暮れに、胸焼けがして、鳩尾がシクシクと痛みました。それも、夜中に痛くなりました。下を向くと呑酸(酸っぱいもの)がこみ上げてきました。逆流性食道炎だろうということで、タケプロンを処方して頂きました。そんな頃 ...

今日の三時のおやつ、今日のおみや、と、書いてくれば、今日の夕食、でしょ。ま、あたくしが勝手にシリーズ化したものでございますが、本日のフィナーレとしてお付き合いくださいませ。母と二人でございますから、お料理を作ると同じメニューがしばらく続くということが多ご ...

日々のお買い物ではなく、1時間を過ぎる場合は、行く場所と帰宅時間をメモして、母に渡しておきます。帰宅時間を大幅に過ぎると、さっき、アナタが帰る前に、玄関のドアをガタガタとする音がしたのよ。と申しますので、前後、10分の誤差で帰るようにします。さて、午後3時半 ...

母は、お天気がよくて、1時間半ほどだと独りでお留守番は出来ます。但し、これでもかというおやつを置いていかねばなりません。現在、午後2時。これから、車で15分ほどのところにある銀行へ行く予定です。そのあたりで、お夕食のお買い物をして帰るとギリギリ大丈夫かな? ...

このページのトップヘ