鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

まだ、会話が出来る母。施設(特別養護老人ホーム)の午後4時からの集団リハビリに、母を連れ出しています。はぁ?!、アタシは耳が遠くて何を言ってるかわからないのよっ。アタクシと猫の佑介くんママとの会話が聞こえないと焦れる母。佑介くんママは、年齢とともに声が低く ...

アナタの言ってること、聞こえない!!だいたい、マスクをして言うんだから。ますます、わからないわよっ!母の施設(特別養護老人ホーム)では、面会前、マスク着用とアルコールで手を消毒することを強く言われています。聞こえないからとマスクを取るわけにいかず、外部か ...

雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう・・・と、予報されたにもかかわらず、ずっと、雨だった昨日の横須賀。久々に母の施設(特別養護老人ホーム)での、集団リハビリにお付き合いをしました。相変わらず、母は申しました。アタシ、何もしないからね。そこで、見てるだけええよ。 ...

先日、99歳で亡くなった、上の義姉の伯母様。母の保育専門学校時代の友人の姉にあたり、幼稚園の教諭時代の上司でもある方。カトリック信者のアタクシには、代母となって下さった方。代母とは洗礼の立会人であり、洗礼後も信仰生活における親のことでございます。ということ ...

掛布団を風に飛ばされた日の夜は、3ヶ月に一度の女子会でした。この顛末を聞いた友人に、ガハハと笑われて、言われました。あんずさん、何かを期待したでしょ。山の上というか、崖の上の部屋を選んだのは、見晴らしがいいこと。まさか、強風の日々が多く洗濯物を干せないなん ...

このページのトップヘ