鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

母が居る施設(特別養護老人ホーム)へ面会に行ったときは、わざと部屋の入り口を開けておきます。すると、入れ替わり立ち替わりにワンコ達が部屋に入ってくるので、賑やかになります。※ 文福リビングから、ずっと聞こえてくる鳴き声に母が反応しました。あんなに吠えてい ...

この母のポロシャツにアイロンをかけていて思い出しました。施設(特別養護老人ホーム)の居室から出るときに、ボタンを全部外していたので、母に言ったのです。ママ、シャツのボタン、かけた方がええよ。すると、母が、思いがけずに答えました。指先が痛いから、出来ないの ...

今日は近々始まる一週間の出稼ぎ(バイト)の研修があり、東京へ。そのバイトで知り合った大田区の元家のご近所さんとCAFE de CRIEでのランチ。アタクシは研修済みで、彼女は夕方の回への参加で、久々におしゃべりをしましょうと。彼女は、三姉妹の一番上のお姉様とともに、 ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会前、ワンコ、文福の散歩に参ります。今日、文福の散歩から戻ってみると母の居室に行くには少々早うございました。そこで、高齢犬になり散歩を一日一回となった大喜とおもちゃで遊び、時間調整を。ユニットいる6匹のワンコ達の中で、 ...

今日の母は、開口一番、こんなところにいたくないの。なんでいるのよ。いつもの、フレーズとは違う。母には、「施設」という言葉は使いません。あくまでも、病院だと言うのです。ここはね、病院なんよ。アタシ、どこが悪いの?、元気よ!はいはい、いつものようにご説明を。 ...

このページのトップヘ