鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

もともと、変形性膝関節炎がある母でした。先日、膝に水が溜まり抜きました。抜いた2日間は痛みがあり、自力で立つことが出来ず、オシメという有様で、ああ、このまま寝たきりかと思いました。しかし、その後は、また、以前のように掴まり立ちが出来るようになりました。そ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、毎週、火曜日に喫茶店と称して、1階のホールを使い、入所者さんに紅茶、コーヒーをお出しています。ヤクルト、パン、お菓子、業者の方々が来て売ってもいます。そこで、ボランティアの空きがあると聞き、どうせ、午後3時半には、母の面 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、午後4時から1時間、リハビリがあります。クリスマス、ひな祭り、などの季節に合わせて作品を作りますが、何もないときは、本人がやりたいことをやっています。母は今まで、1年半塗り絵をやっていました。若い頃は、絵画教室に通っていた ...

頭のこのあたりに、ポコッとしたものが・・・。この発言は、母ではなくミック君のお母さん。昨夜、部屋で転倒したのだそうです。ドンッ!と大きな音が聞こえ、夜間スタッフが駆けつけたときには、血だらけだったそうな。たんこぶと切り傷だけで、骨折はなかったとか。よかっ ...

その日は日曜日。面会に訪れた施設(特別養護老人ホーム)は休日だけに、エントランスはひっそりとして静かでした。母のユニットに到着したのは、午後4時近く。夕暮れ症候群の母になっても仕方ない、それよりも、この猛暑を越えた酷暑の中を行くにはなるべく夕方の方がよござ ...

このページのトップヘ