鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

「こんなに遠く」って、母はどこを基準として感じているのだろうか・・・。アナタ、忙しいのに、こんなに遠くまで来て貰って申し訳ないわ。この頃、母がいる施設(特別養護老人ホーム)に行き、部屋で二人きりになると言い出すようになりました。毎度、面会の第一声は、まあ、 ...

5日間のご無沙汰でございました。実は・・・、なんて申し上げたいところですが、母は相変わらず、元気で過ごしております。いやいや、年々、体力の衰えを感じた一週間でもありました。久々の通勤ラッシュを経験し、よくもまあ、こんな中を毎日通っていたものだと、自分で自分 ...

アタシ、クレヨンを使って色を塗るなんて、初めてよ。はいはい、先週はアタクシのスケジュールが合わず、やってなかったもんね。もう、何枚か、塗ってんねんでー。平日、水曜を除く日に午後4時から、行われている集団リハビリにぬり絵で参加している母。若い頃、幼稚園の教諭 ...

年配者が多い、短期バイト先。ほぼ、同年代の方々で、必ず話題になるのは、親の介護の有無。すでに見送ったという介護の先輩、子育てと共に介護中という方、アタクシのように施設に入所させているなと、介護の模様も様々。ある意味、ここで介護について色々な情報を得られる ...

ココ君のお母さんが、入所してからというもの、ユニットのリビングは、テレビよりも歌謡曲のDVDが流れていることが多くなりました。歌謡曲、要は、いまどきのお若い方から言えば懐メロ。ココ君のお母さんは、終戦の年に生まれているから、おのずど、流れる曲は昭和歌謡。そし ...

このページのトップヘ