鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

忙しいのに、毎日、来てくれて悪いわね。いやいや、おっかさん、毎日は来てへんで。一日おきや。忙しいって、無職やからね。どちらかというとヒマかもしれへんね。うちからここまで、どのくらいかかるの?うーん、そうやね、40分くらいかな。バス停まで歩いて15分に、バスに ...

苛立ってはいけない、優しくと思いつつも、また、言うのかと語気がだんだん強くなっていくのを感じました。膝がねえ、痛いのよ。痛いよね、偽痛風という病気やから。なんで、こんなに痛いの?なんでって、さっきも言うたやんか。アタシ、なんで、こんな思いをしなきゃなんな ...

偽痛風で、1ヶ月近くベットに寝たきりだった母でした。その間、認知症が進むのではないかと危惧しておりました。以前の大腿骨骨折の際の入院時のような被害妄想の症状は出ましたが、だんだんと痛みが収まってくると、それがなくなりました。なくなったと思うと、今度は自虐的 ...

ここは、何なの?面会に行き、やれやれと、母のベットの横に座るや否や、母が申しました。何なの?と聞かれ、アタクシは答える前に、考えを巡らしました。はっきりと、施設と言えば、姨捨山に居ると思うだろうし、病院と言えば、「アタシは病気」と刷り込まれ、ベット上の生 ...

約1ヶ月、夜間の転倒で右膝を強打し、診断が偽痛風とつきました。膝の痛みで立ち上がることが出来ないのと、安静もまた、治療の一つで、部屋のベットで寝たきりでした。慌てて、テレビを購入し、ベットに居ながら見ることが出来るようにしました。最初は、付けっぱなしをしな ...

このページのトップヘ